読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月の生活表より・・・。

 緑組さん、あと少しですね。嬉しいね。寂しいね。赤組さん、緑組になる準備は大丈夫? 花組さん、下のお部屋にも少しずつなれてきたかな? 小花ちゃん、花組リーダーのトリオを楽しみにしているよ。
 聖マリア幼稚園で新たな一年を過ごした子どもたち。保護者の皆様、それぞれにご卒園ご進級おめでとうございます。少し早いですが・・・。子供達は前を見据えて、少々ドキドキの子供達もいれば、前のみを見つめて「頑張るぞ」とばかりに張り切っている子供たちも見受けられますが、私たちは、子どもたちが神様からいたっだいた数々のお恵みに感謝の祈りを捧げたいと思います。そして、この一年間のご理解とご協力に感謝申し上げます。
 わすれない ~これからも~  そうですね。卒園していく緑組の子供達。この聖マリア幼稚園を忘れないで下さいね。赤組さんも花組さんもこの一年間の先生との毎日を忘れないで下さいね。それぞれに、新しい生活が待っています。新しいメンバーでの毎日が待っています。その新しい場に上手く臨むために、それぞれの足で歩んできたこの一年をしっかりと振り返って欲しいのです。そして、一人一人の周りには、多くの方が助けてくださったことを、まだ幼いあなた達でもわかるように、この幼稚園で教わってきました。そして、ありがとうをすることを。そこには、お友達や、お家の方々、先生だけっでない目に見えない方がおられるということも教わりましたね。神様がいつも私たちを守り導いてくださっていることを。私たちが迷った時、いつも見つけ出して労り、見えない不思議な温かい手を差し伸べてくださる神様。この幼稚園のひつじちゃんは、いつも神様に守られ、導かれ、ドキドキして後ずさりしていてもしっかり大きな手で支えていて下さるのです。こんな嬉しいことはありません。どこにおられるのか見えないのに、「どうしよう!」と思った時、「ありがとう!」と感じた時、「おいのりしましょ」と手をあわすと必ず、どこからともなく見ていてくだあり、限りない愛を私たちに注いでくださるのです。そんなにして守られて成長してきた子供達。わすれないでね。幼稚園をずっと ~これからも~
 先日、卒園以来初めての45歳になる私の教え子が二人、東京と京都から会いに来てくれました。幼稚園の中を案内。「こんなに小さかったんやね。」「ここ覚えてる」と感嘆。そして「マリア幼稚園に通えて良かったね」と顔を見合わせた二人。忘れていませんでした。幼稚園を。感謝!