読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月の生活表より。

 ご入園・ご進級おめでとうございます。いよいよ新年度が始まりました。今年度は『平和をともに』の年主題をもって各月の月主題へと下ろしていきます。そして、各々の主題に沿って目標を定めています。昨年度の「平和」に続くものとして、その言葉の内容にどのように添っていくのかを考えながら進めていくのが今年度の大きな目標となります。先ずもって「安心」ですね。

 子ども達にとっても、保護者の皆様にとっても何が安心につながるのでしょうか。当園の教育方針・保育内容をご理解いただき私共にお預け下さっているこの園(その)での安心は、とりもなおさず、神様に守られていることを知り、私たち教職員が子ども達を守り心から受け入れようと思うこと。その時に教職員と保護者の皆様との信頼関係が結ばれるのでしょう。そして、登降園の道々での安全は言うまでもありませんが、園内における怪我、病気に対しての予防を含めて表出する体の有り様。また目に見えにくい心の様。それら全てを教職員が、また保護者の皆さまにご協力頂き、子ども達が「幼稚園って楽しい!」「行きたい!」と感じる楽しさや嬉しさとして在る場で、子ども達を受け入れる。発せられるその言葉こそが「安全」へ繋がるのでしょう。

 幼稚園では子ども達の年齢が低い為、子ども達の成長過程には大きな個人差があります。その子、その時、その状態を私たちが確り見極められる為にも、ご家庭との連携は欠かせません。そして当園が小さな幼稚園だからというのではなく、教職員みんなが、クラスを越えて全員の子ども達の名前は勿論、環境・心身の状態・成長等を把握させて頂けるようにと、今年度も各々の情報を交換して参ります。いつも神様の御守りと導きがあることを忘れず、始園式の日には「あ」りがとう。と「お」いのりしましょう。が言えるようにと子ども達と約束しました。皆様、それぞれの繋がりの中にいつも神様との出会いとお守りのあることをお覚えください。神様はみえないけれど、何だか「すごい!」と心の支えとして、安心した毎日を送れるようにと願います。そして、何かお気付きの時には、いつでも何でもお話頂けると大変嬉しく、大人双方の安心に繋がることと思います。今年度も保護者の皆さまからのご協力を賜ります様よろしくお願い申し上げます。