読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくも、い〜れ〜て!

今日は、また30度の暑さになるらしい! 昨日は朝まで雨が降っていたし、今朝も子ども達が来るまでは小雨も降っていたし、30度になったらかなわんわと思って、体を湿らせておこうと思ってさ、ちょっと油断して幼稚園のお庭に出てみたんだよな。

そしたら、もうっ!! 追っかけられるわ、追っかけられるわ。「たすけて〜〜!」と幼稚園の中にいる同じ色をした仲間に叫んでみたんだけれど、聞こえなかったみたいで、すばしいこい朋子先生と緑組の男の子に捕まえられてしまったんだな。素早くカゴに入れられたかと思ったら、「園長先生〜〜。」と事務所にいる園長先生に見せに行くと、「ひや〜、えらい大きくなったんやな。アブラムシばっかり独り占めしてたんやろか!」と。「ちがうねん ちがうねん。お庭で捕まえたんやねん。」と説明をしてたけど、「なあ、わかる?! 僕苦しいねん。早よ何とかして!!」と思ってかごの中で伸びたり、縮んだり、座ったり、体を動かしていると「◯◯君大変や。背中濡らしてあげへんかったら、えらいこっちゃ。」と園長先生が叫んでくれたから、すぐに僕の入れ物の中にお水と石をおいてくれたんや。「ああ助かった! おおきに。命拾いしたわ」それを見に来た園長先生が、「10匹になったんやね。2匹もろて帰ろうかしら。庭に放してあげよっかな」っていうのが聞こえてきたんやな。18日には、故郷の田んぼに帰るんやけど、同じ仲間とはいえ、岡崎で捕まったのは、岡崎で住むのが良いのかもしれんな?? と思ったりもして。まあちょっと、まだ数日あるし、考えてみることにしよっと。で、「ぼくも、い〜れ〜て」と仲間と一緒のマンションに入ったんやけど、まだ馴染めないよなあ。こんな小さな箱に入れられるなんて。僕が立候補しよっかな、とも考えているんやけどな。と一人で考え事をしていたら、なんと空は青空になってるやん。♩きのお、茶色のカエルがね、お天気続きじゃ か〜な〜わんと、空にお祈りしたんだよ。だから今日は雨降り、だから今日は雨降り。茶色でも緑でも、カエルはみんな雨が好きなんだな。雨降れ、雨降れ!

お祈りといえば、子ども達もたなばた様につけるお飾り作りが始まっているよな。今日は、この葉っぱに実るものなんだって。へえ〜〜、僕は食べられへんけど、みんなのお祈りが届くって素敵だよな。みんなの夢が叶えられるように。ガンバレ。

     f:id:encho-sensei:20160614134159p:plain              f:id:encho-sensei:20160614134207p:plain

 

    f:id:encho-sensei:20160614134228j:plain       f:id:encho-sensei:20160614134234j:plain        f:id:encho-sensei:20160614134240j:plain