読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝉さん お誕生おめでとう!

この週末からは、次第に梅雨の晴れ間が訪れてきました。「今日、入らねばまた明日から雨だからね!」と先生たちで話しながらプールの準備を始め、その横では、子ども達が、「タイヘン たいへん!」とお礼拝堂前で子ども達を迎えていた朋子先生と私のところへ!!  緑組の子どもたちとともにお世話をしていたお野菜が見事な出来栄えになってきた所なのに、「それはえらいこっちゃ!」 どこから見つけて飛び降り、大切な作物をかっさらっていくのでしょう。頭の黒い鳥は!  チャプレン先生曰く「土曜日から枝豆は狙われていたよ」と。そうなんです。ナス・パプリカ・枝豆・きゅうり・トマト…。朋子先生は地団駄を踏んで悔しがっていたのです。そして、ネットでぐるっと巻かれた野菜の枝。はてさて、同じ頭の黒いものの勝負です。負けるな!!   と

そんな、気の毒なことがある一方で、これまた「大変 たいへん、鳴いてるよ」と。

「何が?」「蝉 せみ セミ」おお急ぎで一緒にお庭へ飛んで行った園長先生。カメラを携えて。でも、子ども達だけなら「大丈夫!」と思って鳴いていたのでしょうか?

私が、静かに、、ですよ! 近くに行ったら…。 ピタッと鳴き声が止まってしまい、「あ〜〜あ 違う木で鳴いているわ! と、飛んで行かれたのでした。私は何も怖くないのに。Happy Birthday と言ってあげようと思い、ニイニイゼミの可愛い姿を写してあげようと思ったのに、残念。セミを探したり、穴ゼミが這い出た穴を探したりしていたけれど見つからず、これも残念! と上を見上げたらなんと、お日様から姿を隠すように、桜の木の葉陰に大きなデンデンムシがしっかりくっついているではありませんか。セミではないけれど、あなたもいっぱい子ども達を楽しませ、時には犠牲にもなってくれている可愛いい虫さんだものね。ありがと、とカシャっと一枚写してあげたのです。雨が降ってきて、セミさんはどこで雨宿りしているのかな?

f:id:encho-sensei:20160627213506j:plain   f:id:encho-sensei:20160627213523j:plain