読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なコンサート・楽しかったね

今日は朝から、台風の影響が出始めているのか、久々にちょっと蒸し暑い日になりました。「お家のところで見つけた!」と三角の顔のカマキリを持ってきてくれたお友だち。鎌を振り上げ、もがいていたカマちゃん。「ちょっと貸して』と私に首を持たれたカマちゃん。「う~~ん 動けへんやんか!」「ちょっとまって、みんなに三角の顔と大きな丸い目とお祈りできるカマを見せてあげたいんやから!」とお玄関に集まった子どもたちにお披露目をした後、虫かごに…。あるお友だちは「このカマキリは朝鮮カマキリって言うにゃで」としっかり図鑑で調べていてくれました。         f:id:encho-sensei:20160902200235j:plain        f:id:encho-sensei:20160902200300j:plain

そんなふうに子どもたちとお話ししている間も、大切な今日のお客様がたは、礼拝堂でリハーサル。そうなんです。今日はメリーちゃんサークル「秋の会」のコンサート。

今年度は、玲子先生にアレンジをお願いして、バイオリン・チェロ・ヴァイオリン・オーボエ・そして歌のお姉さんメグポンと音響担当のおじさま。

f:id:encho-sensei:20160902200517j:plain  f:id:encho-sensei:20160902200538j:plain   f:id:encho-sensei:20160902200941j:plain

今年は21組の未就園の親子の皆さんに、そして在園のお母様方もたくさん来ていただきました。お礼拝堂がとても賑々しく、いろいろ演奏してくださる曲目に合わせて、手を叩いたり、歌を歌ったり、ゆっくりテンポに速いテンポ、大きな音に小さな音…。子どもたちの耳に届く素敵な音(たくさんの動物さんの鳴き声も聴こえてきましたね)は、きっと身体中にビビッ!と感動の電波が流れたことでしょう。音楽は胎教に良いとよく言われますが、本当にそのように思います。だって気持ちが癒され、その時だけ?でもゆったりした気持ちにさせてもらえますものね。そのゆったりした気持ちが子育てにはなくてはならない、欠けてはならない大切なお母様の気持ちなのです。そして幼児期には「ホンモノ!」に触れ合わせてあげてください。歌ってあげてください。一緒に手を叩いてあげてください。何か奏でられるならご一緒にどうぞ。一緒に絵を描いてあげてください。…。たくさんのホンモノに出会って、五感を研ぎすまさせてあげてください。大切な時期に大切なものを。聖マリア幼稚園が大切にしている事の一つでもあります。保護者の方々も、お帰り際には「とても良かったです」とたくさんの方がお声掛けくださいました。小さなお友だちはその後、お庭でも遊んでくださり、満足してお帰りいただけたのではないでしょうか。こどもたちのキラキラの目、音楽とともに首を縦に振りながら、体を横に揺らしながらの集中力とその楽しさがよ〜〜く伝わってきた、とても素敵なコンサートでした。

お越しくださった方々ありがとうございました。

演奏をしてくださった方々本当にありがとうございました。

とても嬉しい、幸せなひと時でした。感謝。

f:id:encho-sensei:20160902202153j:plain f:id:encho-sensei:20160902202207j:plain f:id:encho-sensei:20160902202224j:plain

 

f:id:encho-sensei:20160902202245j:plain f:id:encho-sensei:20160902202306j:plain f:id:encho-sensei:20160902202340j:plain        f:id:encho-sensei:20160902202317j:plain   f:id:encho-sensei:20160902202402j:plain

 

ところで、コンサートの間ホールで耳を傾けていたカマちゃんは、おかえりの時に逃がしてもらっていましたよ。 きっと美味しいご飯にありつく事でしょう。良かった!!