読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月最後の日

9月最後の日。ようやく青空が見え、涼やかな風が金木犀の「秋」の香りを運んできてくれていました。お洗濯も今日はすっきり乾いたのではないでしょうか。雲がどんどん上って行きました。西の空から綺麗な青空が顔を出していたのです。でも、朝出勤するなりT先生は「70%の確率が出ていたら、諦めもつきそう」と明日のお天気をスマホでチョチョっと。幼稚園の誰もが気にしながら、気にして過ごしている毎時。子ども達の話題も、「明日は雨やで」とか、「明日の運動会楽しみ」とか、「外でできひんのかもしれへんなあ」なんて、それぞれがやはり気にしている。仲良しのお友達と、お玄関で出くわし、手をつなぎ、ハッグして今日の再会を喜びあいつつも…。そうなんです。

午後3時頃から次第に曇ってきましたね。7時半頃から、雨音が聞こえ始めました。 「あああ〜〜、やっぱり」致し方ありません。でも、明日の朝まで、待ちましょう。

みなさんにメール配信するのは。少しでも望みがあるのなら、校庭でしたよね。朝7時前後まで待ってみましょう。どんなお天気でも皆さまどうぞお越しくださいませね。

f:id:encho-sensei:20160930203819j:plain  f:id:encho-sensei:20160930203824j:plain  f:id:encho-sensei:20160930203836j:plain

f:id:encho-sensei:20160930203856j:plain  f:id:encho-sensei:20160930203912j:plain f:id:encho-sensei:20160930203901j:plain