読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緑組・新しい経験。頑張ったよ!

なかなか涼しくならないねえ。今日はとっても忙しい一日だった緑組さん。まずは、汗ばむ中、お庭に出て、新しい「ひつじたちのおにわ」で、チューリップの球根を植えるために、新しいプランターにまずは土入れ。古い土を半分、その上に新しい栄養の入った土をかぶせて準備OK! 一人2球ずつの球根をもらって、植え方を教わり、幹事さんのお母さんと一緒に書くプランターの前に集合。どんどん植えていきました。また珍しく聖書のお話に出てくる「いなごまめ」の種を蒔いてくださったら、芽が出て苗になり、持ってきてくださったので、それも植え、「ひつじのお庭」に並べました。幹事さんのお母さん方には、昨年度の球根も」たのプランターに植えたり、南橋のブロック塀の前に、「ひつじのおにわ」から掘り出された球根たちを、綺麗に植えていただきました。お手伝頂きありがとうございました。新しいお庭が綺麗になりました。  

f:id:encho-sensei:20161020160511j:plain  f:id:encho-sensei:20161020160520j:plain f:id:encho-sensei:20161020160529j:plain f:id:encho-sensei:20161020160533j:plain f:id:encho-sensei:20161020160541j:plain f:id:encho-sensei:20161020160544j:plain f:id:encho-sensei:20161020160555j:plain f:id:encho-sensei:20161020160559j:plain f:id:encho-sensei:20161020160612j:plain  f:id:encho-sensei:20161020160614j:plain      

               f:id:encho-sensei:20161020160624j:plain f:id:encho-sensei:20161020160628j:plain  f:id:encho-sensei:20161020160640j:plain

           f:id:encho-sensei:20161020160702j:plain f:id:encho-sensei:20161020160649j:plain f:id:encho-sensei:20161020160652j:plain f:id:encho-sensei:20161020160712j:plain

さて、その次は、カワイ造形から堂園先生をお迎えしました。今回は物作りではなく、しっかり見つめて、注視して、観察して、しっかり描く、そして色を塗る。という描画の基本を教えてもらいました。絵を描く教材はなに? それは、キャベツ・かぼちゃ・

ピーマン・みかんの4種類です。断面に切り、中身がどうなっているのか調べてみました。面白いですね。こんな絵本もありますが、お家でもお野菜やデザートの時には、子供の目の前で切ってみてください。様々な角度から。こどもたちには360度からのものの見方によって見え方が、異なるという事を知らせて欲しいと思います。そして、その見え方が異なるように、人の考え方にも様々な角度からの表現もあるという事、それに対してどのように対応していくのかは、年齢とともにおいおい経験していけるといいですね。まずは、何を描こうか。と先生の見本を見て考えました。どちらの方向から? 大きさは? いくつ描く? 色は?自分で野菜or果物を選び、集中して、しっかり描き上げる事ができました。またご披露いたしましょう。お楽しみに。

f:id:encho-sensei:20161020160726j:plain f:id:encho-sensei:20161020160722j:plain f:id:encho-sensei:20161020160736j:plain f:id:encho-sensei:20161020160741j:plain f:id:encho-sensei:20161020160757j:plain f:id:encho-sensei:20161020160804j:plain f:id:encho-sensei:20161020160813j:plain f:id:encho-sensei:20161020160816j:plain f:id:encho-sensei:20161020160825j:plain

それから、緑組さんはピクニックと称して、屋上でのランチタイム。キャベツとピーマンのサラダにSちゃんが自分で焼いてきてくれた卵焼きを19等分して、サラダの横にそしておみかんを半分ずつ添えて、副菜にして食べました。

緊張した でも楽しい嬉しい時間を過ごした緑組の時間の流れでした。おしまい。