読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねえ、見てみて!ほら!

f:id:encho-sensei:20170215191852j:plain ねえ、綺麗な青空でしょ!昨日より、すこし暖かい感じ。寒いけれど、なんだか気持ちがワクワクしてきそう。お庭に行って、Fm先生と一緒に子どもたちが来る前のご準備をしようと。そしたら、「園長先生! ねえ、見てみて!」と。「どこ ドコ?」と近ずいていくと、「ひつじたちのおにわ」からの声。「えええっ!! ひゃ〜 可愛い頭を出しているんやね。おおきくなってきたやんか」すこし伸び始めたチューリップ。「それもそうなんだけど、そのと・な・り」ふと見ると「いやあ〜 わっ! ホント!! 寒い雪の中もちゃあんと頑張っていたんやね。かわいい、ちっちゃなピンク色してるやんか。」「お庭のM先生とA先生も呼んで!」「ハイ ハイ わかった。M先生  A先生ちょっとちょっと、見てみて! ほら、わかる!? すごいやろ。」「わかる わかる、可愛いい」「植えてくれはった小川さんにもメールしておいてね。私たち、頑張っているって」「ちゃんと、根付いたんやね。よかったわ!! ちょっとずつ暖こうなってくるし、アーモンドのお花、頑張って咲かしてよ!」「頑張るね。子どもたちにも わたしたちを取らないように教えておいてね。」「そうやね。可愛いからって摘んでしまうと花が咲かないものね。わかった わかった。お約束するね」「私たちの隣の ときわまんさくも みてよね。ここで仲良く過ごしているんだからね。ほら! いっぱい付いているでしょ」「ほんと、ほんとこれはワクワクだね。たのしみ!」「それに、イエス様のお誕生をお祝いしたtreeにも新しい芽がいっぱい付いているんだからね」「Xmas treeね。ことしもまた一緒にお祝いできるように大切にするわね」「はあ〜い。よろしく 園長先生、子どもたちがやってくるよ、お玄関に行かなくっちゃダメでしょ」「そうそう。あんまり嬉しくて、いっぱい写真を撮ってしまったわ。じゃ、またすこし大きくなったら、撮ってあげるからね。お玄関に行ってきま〜す」「はあい よろしく!」

f:id:encho-sensei:20170215192100j:plain f:id:encho-sensei:20170215192101j:plain f:id:encho-sensei:20170215192103j:plain f:id:encho-sensei:20170215192104j:plain f:id:encho-sensei:20170215192105j:plain

f:id:encho-sensei:20170215192107j:plain f:id:encho-sensei:20170215194556j:plain子どもたちをお迎えするのに、お玄関へ。「春の集い」の司会を任された一人の緑組のY君。真剣な顔つきで、一生懸命読み込んでいます。「見て、みて こんなに真剣な表情なんだよ。流石!小学生になるんだね。」

f:id:encho-sensei:20170215194558j:plain f:id:encho-sensei:20170215194559j:plainそして、赤組の仲良し3人組がお玄関で出会ってニッコニコ。「見て みて可愛いでしょ!」市バス通園のバスの中と外でお互いを見つけた仲良しは、興奮気味。「見て みて! 仲良しお友達と出会うってこんなに嬉しい表情になるのね!」何て嬉しい今日の始まりだったのでしょう。

f:id:encho-sensei:20170215195634j:plain f:id:encho-sensei:20170215195253j:plain お昼からは、お庭遊び。「ねえ、ねえ、お雛様。子ども達って素晴らしいでしょ。神様のお守りの元、こんなに元気いっぱいで遊べるんだものね。お友達がいるって素敵ね。神様に育てられているお庭の 木々も、みんなみんな命を大切にしているから、みんなを楽しませることができるのよね。みんな大きくなれるのよね。子どもたちの成長を見守ってくださいよ。」

じゃ、また明日 みんなが元気に幼稚園に来てくれるのを待っているよ。