読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっきり爽やか、なんて気持ちいいんだろ!

今日から6月。礼拝堂の前の紫陽花もきれいに咲きはじめたんだね。僕たちの愛する季節がやってきたぞ! と思ったら、今日はなんと風が吹いて寒い!くらい。

また、眠ってしまいたいなあと思うくらいなんだ。

でも、朝から、「そっち行った!」「ぼくが捕まえた!」「こっちに移して!」と大騒ぎ。あちこちから可愛らしい手が伸びてきて、僕たちの体を追っかけて、捕まえて、すくい上げて…。必死に逃げようとすると、僕の両足をぎゅうっと!と握り締めて。「いたいよ いたいよ」と脚を伸ばせるだけ伸ばしてみたら、「そんなにぎゅうと握り締めたら、痛いのと違うか。あなただってぎゅっと引っ張られたら、ほら痛いやろ?」と園長先生の助け舟。先生の顔を見上げていた年長組の男の子は、僕たちのお世話をしようと、いきものがかりに立候補した人の一人なんだそうな。いったい何が始まるの? と思っていると、横には大きなたらい。それに出られないように網がかぶせてあって、そこに僕たちを移そうって魂胆。なあるほど、頑張ってくれているんだな。僕たちはされるがままに、静かにたらいの中で身を寄せ合っていると、[見てくれ 見てくれ ほら!」僕たちの岡崎の家の濁っていた水が、こんなに透き通っている、きれいな水になったんだ。すっきり爽やか! 大小様々な石もあり、登れるし、座れるし、お水も前よりたくさんになったから、ちょっと泳いでみることだってできるんだ。「ありがとう ありがとう。いきものがかりさん。」僕たちがどんにして泳ぐのか、どんな風に跳ぶのか、どんな風に座るのか、じっくり観察しておくれ。次は僕たちに何を食べさせてくれるかだね。ブログのお友達からカエルの飼育餌があることも教えてもらったらしいから、楽しみにしているよ。でも、僕たちは動いていないとパクッと食べないからね。

なんとしてでも動かしておくれよね。 さあさあ、ちょっと寒いから、みんな集まって、じっとしていることにするよ。じゃね。

f:id:encho-sensei:20160601172850j:plain  f:id:encho-sensei:20160601172901j:plain  f:id:encho-sensei:20160601172913j:plain

f:id:encho-sensei:20160601172928j:plain    f:id:encho-sensei:20160601172948j:plain

f:id:encho-sensei:20160601173002j:plain  f:id:encho-sensei:20160601173012j:plain