読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

園児大会とお散歩

3日間降り続いた雨も、昨夜にはとっても綺麗な星空に変わっていました。「明日は大丈夫。植物園に行ける!」と思い、スヤスヤと。年長組は京都府私立幼稚園連盟主催の「中央園児大会」に出席するために岡崎道から「204番」の市バスに乗って「いざ、植物園」へ。中央園児大会だから、京都市の幼稚園の子ども達や親子、先生を合わせて4,000名ほどが集合。いろんなフィールドビンゴゲームが待っているから、心ウキウキ

ワクワクで、数日前から心躍らせていた子供たち。6種類のゲームをクリアーしたらシールがゲットできるのです。例えば、フープを跳ぶ、まゆまろに会う、知事さんのお話を聞く、3種類のお花を見つけるetc. 式典が始まり、パンダやウサギの縫いぐるみの登場、先生方と共に歌ったり、踊ったり、知事さんや先生方の寸劇:今年の植樹祭が京都で行われることを受けて、木(樹)を大切に、命を大切に、子ども達がすくすく伸びていくように」というようなことを踏まえて、樹を倒しにくる悪者を知事さん粉した太陽が、みんなの樹を助けるというお話を見せていただいたのですが、たくさんの子ども達だから、なかなか全てを見届けることもできず、芝地で太陽に照らされ、暑くなってきたためにちょっと疲れてきた子ども達…。最後に、樹の緑と、連盟の旗と同様の子ども達の姿(こどもがまんなか)が描かれた2種のバルーンが青空めがけて、伸びていきました。みんなもおおきくなあれ。今のうちにしっかり根を張って、ね。

f:id:encho-sensei:20160512205849j:plain  f:id:encho-sensei:20160512205901j:plain  f:id:encho-sensei:20160512205908j:plainf:id:encho-sensei:20160512205914j:plain   f:id:encho-sensei:20160512205921j:plain   

お弁当を食べていたそばには、タンポポに代わりシロツメグサが。そして、新緑の間からお日様が。お弁当を食べた後の子ども達は元気を取り戻し、おやつ交換をして? 

走り回り、青虫を見つけたけれど逃がしてやり、帰りの道はちょっと遠回りをして綺麗なバラ園を通り抜け、綺麗だったね。あま〜いバラの香りが風に乗って漂ってきたね。

    f:id:encho-sensei:20160512212747j:plain    f:id:encho-sensei:20160512212759j:plain  f:id:encho-sensei:20160512212812j:plain

  f:id:encho-sensei:20160512212819j:plain   f:id:encho-sensei:20160512212832j:plain  f:id:encho-sensei:20160512212842j:plain

f:id:encho-sensei:20160512212850j:plain  f:id:encho-sensei:20160512212900j:plain   f:id:encho-sensei:20160512212907j:plain

f:id:encho-sensei:20160512212921j:plain       f:id:encho-sensei:20160512212927j:plain            f:id:encho-sensei:20160512212933j:plain

樹齢80年の桜の樹。残念ながら、枯れてしまったものの幹と根っこをそのまま掘り起こし、大きい樹の根っこが、いかにしっかりしているのか、強くなっているのかを見ることができました。これは、一人一人の根っこの張り具合の大切さと、人生における根っこである幼児期における根っこの張り具合が、いかにこれからの長い人生を大きく伸

ばすのかを見た思いで、植物園を後にしました。

市バスに乗ったら、なんと外人グループが3つほど、ほか日本の方々でギュウギュウ詰め。すると、子供達のために席を譲ってくださったり、立っている女の子を膝に乗せてくださったり、ととても親切にしてくださいました。ロシアからの観光客で、京都と大阪を5日ほどで回るとか。「短いね!」と。銀閣寺まで私たちを助けて下さり嬉しかったね。「ロシアの素敵なお姉さん方、ご親切にして下さりありがとうございました。」

また、目の前のおばあさんとご自分のおばあちゃんといろんな話をしている男の子。

さすが◯◯くんだね。「わあ、銀色の歯してる!」と。「どきっ!」とした先生。「上等な歯やね。」と。その方は口を手で覆い「そんなことないのよ」とニコニコ顏。ほっ

 

はてさて、pre-preから花組、赤組の子どもたちはどうしているかな?岡崎公園まで気をつけてお散歩に行っているかな?

赤組がまるで緑組のように、花組とpre-preの手をつなぎ、元気に走り、葉っぱの中でかくれんぼ。「何がいるんだろう!?」とじっと見つめ、側溝を歩き、ガードをくぐって

元気いっぱいで楽しいお散歩を過ごしした。赤組さん緊張したでしょ? だって、緑組さんのお役をしたんですものね。強かったよ。頑張ったね。自信がついたかな? 

今度は子ども達みんなでお出かけしましょう  それぞれにちょっぴり暑かったけれど

みんな みんな とても楽しい、嬉しい一日になりましたね。

f:id:encho-sensei:20160512212945j:plain  f:id:encho-sensei:20160512213122j:plain f:id:encho-sensei:20160512222618j:plain

f:id:encho-sensei:20160512213042j:plain      f:id:encho-sensei:20160512213256j:plain     f:id:encho-sensei:20160512213153j:plain

                            

f:id:encho-sensei:20160512213332j:plain f:id:encho-sensei:20160512213405j:plain f:id:encho-sensei:20160512213434j:plain