読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本番と同じように:リハーサル

昨夜からの雨。これだけ降れば諦めもつくというものでしょうか。今日のリハーサルは

ホールで行うことになりました。幼稚園ホールだから距離感は取れません。でも、入場行進から、お礼拝を共にし、園旗掲揚の場面、宣誓のお役を務めるお友達の登場。準備体操…。と時間を見ながら省ける競技は省きつつ、それぞれの競技に使われる備品を、先生たちの指示で運動会担当のお母様方に確認していただきながら、いろんなお手伝いをして助けていただきました。

ホールの中とはいえ、子ども達は一生懸命。笑いを誘い、労りを感じ、練習不足を認識しながらそれぞれ、お母様方も子ども達も頑張った半日でした。あとは、晴天か?雨天か? はたまた紛らわしい判断に困るようなお天気になるのか? みなさま、どうぞ天気予報を注視してくださいませ。大いに楽しみましょう。ご家族の皆様、ご近所の皆様、小さい子ども達、そして卒園生。どうぞどうぞお越しくださいませ。

f:id:encho-sensei:20160928180146j:plain f:id:encho-sensei:20160928180200j:plain f:id:encho-sensei:20160928180214j:plain

f:id:encho-sensei:20160928180228j:plain f:id:encho-sensei:20160928180300j:plain f:id:encho-sensei:20160928180315j:plain

f:id:encho-sensei:20160928180322j:plain f:id:encho-sensei:20160928180326j:plain f:id:encho-sensei:20160928180331j:plain

f:id:encho-sensei:20160928180336j:plain このダンスが第二部、競技の最終になります。

夏に逆戻りの今日1日は…。

何て暑い日だったのでしょうか。30度以上の真夏日。少し吹く涼やかな風はあっても、6月の梅雨時のような暑さ。外では銀木犀の香りも漂い始めたというのに。

でも、雨続きの合間を縫って、今日しかない!ということで、運動会の練習をしてみました。競技全部を行ったわけではなく、礼拝からミッキーマウスディスコに各クラスから一つづつの競技とダンス2種の練習でした。だって、そのあとに、7月〜9月のお誕生会が待っていたのですもの。汗をかいて、着替えをして、いつものように昼食のお箸やコップを持って2階の保育室へ。

f:id:encho-sensei:20160927175258j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175304j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175310j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175328j:plain  f:id:encho-sensei:20160927175336j:plain

全員が揃うまでは、みんな一生懸命絵本を読みふける、あるいはお友達と見せ合って共に楽しむ読書の時間。マリア幼稚園の子どもたちって本当にご本が好きなんですね。読める、読めないは関係がないんです。絵本を広げることを楽しみ、話を弾ませて、指を差し示して笑い合う、あるいは自分の興味関心に合わせて真剣にページをめくる。

だから、素話も一生懸命聴けるのですね。これは幼稚園だけの環境ではなく、各ご家庭で大切にして下さっているからこそなのでしょうね。ありがとうございます。子どもたちの内面の育ちが益々充実して、様々なことが体得されていきますように。そして…。

f:id:encho-sensei:20160927175341j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175346j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175350j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175356j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175401j:plain

f:id:encho-sensei:20160927175406j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175410j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175416j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175420j:plain  f:id:encho-sensei:20160927175426j:plain

しばしのゲームや紙芝居のあと f:id:encho-sensei:20160927175431j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175438j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175442j:plain 

ホールにセッティングされた美味しい煮込みハンバーグのランチメニュー。子どもたちと共にお母さまや先生方のHappy Birthdayもいたしました。手作りのバナナケーキも頂きました。お野菜のミニトマトブロッコリーに苦戦していたお友達もいましたが、頑張りましたね。いろんなものが頂けるという幸せに感謝しなくては。いろんなものにいろんな栄養があるということも知らなくては。それが、みんな体を作ってくれているんだということも覚えなくては。だから元気に過ごせ、全員出席にもなるんだということにもっともっと感謝しましょうね。美味しかったね。

お当番のお母様方ありがとうございました。

 f:id:encho-sensei:20160927175447j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175452j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175456j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175514j:plain   f:id:encho-sensei:20160927175520j:plain

モーセさん、神様を信じて

今日は、なんと蒸し暑い日だったのでしょうか。でも、時折肌をかすめる風は涼しくて

「秋」を感じずにはおられません。本格的な秋まで今少し時間がかかるのでしょうか?

今日は、園庭で運動会の練習!と考えていましたが、昨夜のすごい雨の為に、地面は濡れ、それぞれの道具を出しての練習は控え、その時間を献金礼拝に頂きました。

そう、今日で3回目のモーセさんのお話。今日でおしまいにしなければ、次は10月の第4週まで園長先生のお話はできませんので。先週のお話は、神様からのお告げとお見守りにより、モーセさんにエジプトから救い出されたイスラエルの人々。働き手を失ったファラオ王は、その後を兵士に追っかけさせ、引き戻そうとしますが、神様からのお声で紅海まで来たモーセさんは、あの大切な杖を天に向けて祈りました。すると水が右に左に分かれて道が出来、そこをイスラエルの人々は、無事通り過ぎ難を逃れました。有名な場面、出エジプトですね。多くの兵士は紅海の水の中で命を落としました。そんなお話から、命を助けられたイスラエル人は不平不満をモーセにぶつけます。モーセに不平不満を言うものは、神様に不平不満を言っているのと同じ。慎ませなさいとのお声ですが、なかなか治りません。そんな時喉を乾かしていた人々は、モーセさんが不思議な杖で岩を叩くと水が現れ、みんなは喉を潤すことができたのです。また空腹で文句たらたらの人々のために、神様は鶉やマナをお与えになられました。そのうちに人々は踊り浮かれ、自分たちが造った偶像を拝み始めます。シナイ山に登ってお祈りをするモーセさんのところに、神様から岩に刻まれた十戒の石板が示されます。神様に対しての戒めと、人に対する戒めの2つに要約されるとあります。(が子ども達はとても難しいこと。人を殺してはいけません。人のものを勝手にとってはいけません=泥棒してはいけません、お父さんお母さんにありがとうをして大切に思いなさい。お友達を愛しましょう=好きになりましょう、くらいをお伝えしました。)

神様を信じて、どこまでも従ったモーセさん。そのモーセさんにアロンさんが渡した杖

は、どこまでも不思議な力を持ったもので、神様を信じることによって守られる、愛されるということに繋がる杖となるのです。先週お話したアーモンドの木を覚えておいてくださいね。この杖の原材料になるのですから。

 

お庭で練習できなかった子どもたち全員は、運動会バージョンの様々なゲームをホールで楽しむことになりました。明日は、お庭での練習をします!! 水筒を必ずご持参くださいね。 はてさて、当日のお天気はどうなることやら・・・。

f:id:encho-sensei:20160926212803j:plain f:id:encho-sensei:20160926212823j:plain f:id:encho-sensei:20160926212849j:plain f:id:encho-sensei:20160926213119j:plain f:id:encho-sensei:20160926212908j:plain

f:id:encho-sensei:20160926212914j:plain  f:id:encho-sensei:20160926212920j:plain  f:id:encho-sensei:20160926212924j:plain  f:id:encho-sensei:20160926212929j:plain

        f:id:encho-sensei:20160926212933j:plain  f:id:encho-sensei:20160926212936j:plain

全員出席70回 おめでとう!

昨夜の強い雨から、次第に雲が山を登り始めました。動くとすこし汗ばみますが、いよいよ涼風が心地よく吹き始めました。そんな朝、子ども達の手には「小さな秋」が握られてきました。行く道、帰る道にたっぷりと時間をかけて登降園していただける、親子の今しかない幸せな「時」。

   f:id:encho-sensei:20160923174239j:plain  子ども達の心に残っていく、平和なひと時ですね。

朝から、私幼のPTAの会議に出席して帰園すると…。かわいい花組の今日のお当番さんが、「園長先生、今日で花組さんは70回の全員出席になりました。」と報告に来てくれたのです。「おめでとう。よかったね。みんなで一緒に頑張れたんやね。あとからプレゼントを持っていきます。」と、そうなんです。昨日も花組さんのお部屋で、「もしかしたら明日は! 前からのお約束だし、70回目になったら知らせてね。おめでとうのプレゼントをご用意するから」と伝えていました。その日がやってきたのです。飴ちゃん? おせんべい?「団先生、何がいいかしらね?」と相談していて、「やっぱりパン給食のあとに食べてもらうんだからデザートにするわね」と美由紀先生にひとっ走り八百仙さんへ行ってもらったのです。そして、できたのが「バナナのお花」パン給食を大きな口で頬張り、バナナを食べようという気持ちを表してくれていました。お休みがないということは、毎日、特別のこともなく、強い体をもって、幼稚園に行きたいという気持ちをもって毎日登園してくれているからなのです。嬉しいことですね。今日のデザートですが、ちょっとバナナが苦手なお友達もあったとのことで、代わりに何かあげればよかったなあと思った次第です。大きなお口を開けて、美味しそうに食べています。みんなよく頑張っているね。いっぱいいろんなことが経験できる2学期です。

元気にみんなの力を合わせて、楽しもうね。おめでと!!

 

f:id:encho-sensei:20160923202155j:plain f:id:encho-sensei:20160923202200j:plain  f:id:encho-sensei:20160923202205p:plain

f:id:encho-sensei:20160923202215j:plain f:id:encho-sensei:20160923202210j:plain f:id:encho-sensei:20160923202220j:plain 

f:id:encho-sensei:20160923202231j:plain f:id:encho-sensei:20160923202236j:plain f:id:encho-sensei:20160923202240j:plain

 

楽しく部分練習

台風の後だから綺麗な青空かと思っていたのに、秋雨前線かな? すっきりせず、お昼からは雨が降ってしまいました。朝から、子ども達は、雨の後に出てきたミミズくんと出会い、ひと騒ぎ。「チャプレン先生がここ(歩道)にいたのを、こっち(つちの上)に置かはったんや」と報告してくれて、触りたいけれど触れずに、じっと見つめている子ども達の前で、みんなに踏まれないように逃がしてもらったミミズくんは、くねくねと体をよじりながら、雨に濡れた土の感触を楽しんでいるようでした。

子ども達はというと、ホールで、お庭で、それぞれのクラスが、運動会に向けて部分練習に励んでいました。そして、その練習を通して、競技の中での活動を行うために、子ども達にはこの方が良いかなとか、あまり経験がないけれど経験がないと言って、しないわけにはいかないし挑戦してほしいですよねとか、並ぶ順番がしっかりしてないと勝てないからねとか、それぞれの先生から、様々なことを教えてもらい、日々遊ぶ姿から、日々の保育を通して、日々の生活や子ども達の活動を通して、経験してほしいことのきっかけになるように、またご両親にもこの活動って大切なんですよ!と知っていただければと嬉しいなあと思っています。一つの行事を通して、様々な経験、体の動き、考え、挑戦、失敗、悔しさ、喜び、満足、譲り合い、助け合い、空間認知、大小、長短、上下、浅い深い等々、子ども達の成長にはなくてはならない事柄がいっぱい詰まっているのです。と思ってご覧いただきたいと考えている聖マリア幼稚園です。練習も大詰めになってきました。でも、お写真でご紹介するわけにはまいりません。23日(金)にプログラムをお渡しします。お子さんからどんなことをするのか、楽しい会話のきっかけとして、内容を見つめ、運動会を楽しみに心待ちにしてほしいと思います。

飛び石連休。良い時間をお過ごし下さい。

f:id:encho-sensei:20160921205544j:plain  f:id:encho-sensei:20160921205550j:plain  f:id:encho-sensei:20160921205554j:plain  f:id:encho-sensei:20160921205558j:plain     f:id:encho-sensei:20160921205627j:plain    f:id:encho-sensei:20160921205603j:plain  f:id:encho-sensei:20160921205615j:plain

献金礼拝:聖話モーセさん、そして…。大変!揺れてる!隠れなさ〜い!

今日は、台風16号で、朝からずっとテレビの台風情報に耳を傾けていました。6時20分京都府、市に大雨警報。まだ外は小雨。しかし、このままで行くと圏内か? と思っていましたが、暴風にはならず「どうなんだろう」と心配なさっておられる方も大勢おられるだろうと思い、いつものようにメール配信させていただくことにいたしました。配信。大勢の方が利用しておられるのでしょうか、中々配信完了にならず、「はやくう〜!」と思ってしまいました。実際にことが起こった時の配信はよほど気をつけないと!」と考えさせられました。お帰りの頃には大雨になってきて、半日にさせていただいてよかったなあ!とみんなで話しておりました。さて、さて、そんな日でしたが、大切な献金礼拝と聖話の続きが出来てよかった、と思いました。

先週から「モーセ」さんのお話です。「出エジプト記」といえばお分かりの方もおられるのでしょうか。先週は、エジプトの王ファラオがイスラエル人の増加により、その勢力を懸念して、イスラエル人の赤ちゃんを殺すというおふれを出しました。一人の赤ちゃんがナイル川の葦の陰に捨てられました。水浴びに来たエジプトの王女に助けられエジプト人として育てられ「モーセ」という名前をもらいました。が、ある日、エジプト兵にいたぶられているイスラエル人を見たモーセは、助けたい一心で兵の命を奪ってしまい、エジプトを追われることになりました。羊の世話をして生活していたところに、神様からの声。「エジプトに戻って、イスラエル人をエジプトから助け出しなさい」というところまで。その続き…。が今日。口下手な自分が行ってもファラオに何も言えない、というところから兄のアロンと共にエジプトに行くことになりました。しかし、ファラオはそれには応じなかった為に、10の災いがエジプトに下りました。その時に使われたのが、アロンから渡された大切な杖。この杖はもちろん神様から受け取ったもの神様の選ばれた杖からは芽が出て、花が咲き、アーモンドの実を結んだそうです。そんな不思議な大切な杖、そして、モーセとアロンに反逆したものは、この杖を持って罰せられた、とありますし、杖は「反逆すれば罰が下ることを示した」と警告を示したものであるとされています。ついにファラオの息子や初子にまで災いが及んだため、ファラオは致し方なく出エジプトを認めました。その夜、神様の指示通り「過越の祭」の儀式を行い、イスラエル人は全て助けられた、というところまで。続く…。いつものようにお話の絵を見せた後、特別の写真も見せることにしました。反逆と背中合わせの、いつも私たちを守ってくださる杖。春一番に咲き誇る綺麗な花。そのあととっても美味しいアーモンドの実がなる、その幹を使って、作られたという杖の木です。他にも神様の御用のためにこの木が使われているそうです。ご興味のある方はお調べください。 では月曜献金礼拝のお時間を共にお過ごしください。

f:id:encho-sensei:20160920203125j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203133j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203139j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203143j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203153j:plain

f:id:encho-sensei:20160920203201j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203206j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203214j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203219j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203225j:plain

f:id:encho-sensei:20160920203230j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203244j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203248j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203254j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203304j:plain

f:id:encho-sensei:20160920203308j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203313j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203319j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203323j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203328j:plain

f:id:encho-sensei:20160920203351j:plain f:id:encho-sensei:20160920203400j:plain f:id:encho-sensei:20160920203405j:plain f:id:encho-sensei:20160920203356j:plainホールに貼っています

 

今日のお礼拝もおしまいに近づき、聖歌を歌っている時、突然団先生が「床が揺れている!!」と叫びました。「わ〜〜〜大変!! 地震よ。はやく椅子の下に隠れてごらん!」と。子ども達は、たちまち礼拝堂の大きな長椅子の下に隠れました。先生達は、子ども達がみんなうまく隠れているかどうかを確認しつつ、「大丈夫!?」と声を駆けて回り、おどおどしている子どもの背中を自分の腕で包み…。「ああ、良かったもう揺れるの終わったよ」と言って、子ども達を椅子の下から呼び出しました。無事に訓練が終えられてありがとうの心を込めて、「君と行くよって だれかぼくに言ってくれたら ホラ その気になる。君がすきだよ 友だちだよ イエスさまの声が 聞こえてくるアーメン」と聖歌の続きを歌って、11時にお礼拝を終えました。

   明日は、きっと晴れるからね! では、またあした。 

被害に遭われた方々の為にお祈りをしてあげましょう。

f:id:encho-sensei:20160920203409j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203414j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203421j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203427j:plain  f:id:encho-sensei:20160920203437j:plain

バザー終了! お疲れ様でした〜〜。

昨夜の十五夜お月さまの綺麗だったこと。でも、今朝は曇り空。出勤の途中車のフロントガラスにポッツリと一粒の☔️。エッ!と思って。10時開場ですが、8時から並んでくださった方々にパイプ椅子をお出ししている間、雲行きの心配をしていましたが、何のことはない。だんだん晴れ間が見えて、蒸し暑く、外の方が時々風が吹いて…。その中、毎年お越し下さるご近所の方、未就園親子の方、卒園生の保護者、在園生の保護者のお友達やお知り合い、道すがらにお入りいただいた方等、延べ人数250人ほどの本当にたくさんの方々においでいただきました。外でお待ちいただいていた方々を「5・4・3・2・1」のカウントダウンで開場し、ご案内とともにドッと初めの30名が入場してくださいました。。久々に卒園生の保護者の方とのお喋り。ご近所の方で2・3回も往復してくださる方。「この麩菓子、福島まで送るんです」と今年も来て下さった方。「食品は一流のところのばかしを置いてられるんですね。」と言って下さった方。「今日は、ちょっと出遅れたし・・がもうなかったわ」と違うものを買って下さった方。たくさんの紙袋を持ってご主人様の車のお迎えを待って下さった方。こうしてたくさんの、様々な方にお越しいただくことの有り難さをこの地域にある幼稚園として大切にしなければならないんだなあと、改めて感謝の気持ちを持たせて頂いています。

一方、今年初めての企画で、未就園児親子の「ものつくり」のコーナーには、15組が来られ、お気に入りのバッグを持って帰ってくださいました。

在園のお母様方の中には、小さいお子さんをお連れになってられる方も有り、お母様に変わっておばあちゃま(お誕生日おめでとうございます)がご参加して下さったり、それぞれのご都合を受けながら、素晴らしいみなさんの連携でした。お一人お一人の力を合わせてくださるって、大変なことも、辛いことも、こんなに楽しく、嬉し涙で終わっていただけるのですね。一人のお客様が、「こんな場に寄せていただくって楽しいですね」と言って下さっていました。みなさんの笑顔なのでしょう。おもてなしなのでしょう。午後1時半、無事終了。これまた皆様のお力であっという間の片付けが終わり、14時半の降園には十分に間に合いました。そして、最後は幹事さん一同が集計を済ませてばんざ〜い!! みんんで拍手を持ってお! し! ま!い! 

本当に本当にお疲れさまでした。頭と体を休めて、また次年度に引き継いでください。

f:id:encho-sensei:20160916160340j:plain f:id:encho-sensei:20160916160354j:plain f:id:encho-sensei:20160916160359j:plain f:id:encho-sensei:20160916160404j:plainf:id:encho-sensei:20160916160426j:plain f:id:encho-sensei:20160916160435j:plain f:id:encho-sensei:20160916160440j:plain f:id:encho-sensei:20160916160443j:plainf:id:encho-sensei:20160916160447j:plain f:id:encho-sensei:20160916160451j:plain f:id:encho-sensei:20160916160507j:plain  f:id:encho-sensei:20160916160512j:plainf:id:encho-sensei:20160916160522j:plain  f:id:encho-sensei:20160916160527j:plain f:id:encho-sensei:20160916160531j:plain f:id:encho-sensei:20160916160536j:plain  f:id:encho-sensei:20160916160540j:plainf:id:encho-sensei:20160916175645j:plain    f:id:encho-sensei:20160916175918j:plain   f:id:encho-sensei:20160916180210p:plain

f:id:encho-sensei:20160916160601j:plain  f:id:encho-sensei:20160916160614j:plain f:id:encho-sensei:20160916160635j:plain f:id:encho-sensei:20160916160728j:plain f:id:encho-sensei:20160916160741j:plainf:id:encho-sensei:20160916160910j:plain  f:id:encho-sensei:20160916160915j:plain  f:id:encho-sensei:20160916160920j:plain f:id:encho-sensei:20160916160927j:plain  f:id:encho-sensei:20160916160932j:plain

f:id:encho-sensei:20160916163807j:plain   f:id:encho-sensei:20160916160954j:plain  f:id:encho-sensei:20160916161115j:plain  f:id:encho-sensei:20160916161118j:plain  f:id:encho-sensei:20160916161122j:plain

f:id:encho-sensei:20160916161126j:plain f:id:encho-sensei:20160916161132j:plain f:id:encho-sensei:20160916161138j:plain f:id:encho-sensei:20160916161149j:plain  f:id:encho-sensei:20160916172441j:plain