神様とお話ししたよ!

新年度から3週間目の今日。蒸し暑く、気温の定まらない日々に子供たちも大人もなかんか体調管理が難しいですね。

f:id:encho-sensei:20190422205203j:plainでも、子供たちは元気一杯。

こんなに長〜〜いたんぽぽを持ってきたお友達も。凄いでしょ。よく見つけたね。

お庭には、鯉のぼりも泳ぎ始めました。今年度は、連休のために1週間のみの鯉のぼりになりそうです。いえ、その間雨降りも見込まれていますから、本当の鯉とは違い、なかなか上手く泳げないのかもしれませんね。子供たちが持ち帰る鯉のぼりをご自宅で存分に泳がして欲しいですね。お楽しみに。今週は「春の遠足」の予定でしたが、、なんと水曜日、木曜日には雨雲が近づき雨降りの予報。えらいことです! 「遠足はどうしよう!」と昨日くらいから気になり始め、とにかく行けるといいんだけれど、と思ってはみたけれど、前日からの雨であれば、地面は濡れ、レジャーシートを敷いても無理かも。そして当日も雨の予報。大急ぎで片付けて、帰るなんていう技はとてもできません。朝一番に、チャプレン先生のご予定を確認し、バス会社の方と相談。7日なら大丈夫ということを取り付けました。やった! 大急ぎでお手紙を作り配布させていただいた次第です。そんなバタバタしていた朝ですが、今日は月曜献金礼拝です。先週から花組、赤組、緑組の子どたちと共に始まった「月曜献金礼拝」です。子供達に幾つかの質問をしてみました。先週にチャプレン先生から教わったことです。「このお部屋はなんというところ?」「何をするところ?」「お祈りするってどういうこと?」等々の質問に対して、どのクラスの子供たちも一生懸命考えて答えていました。そして、「このお部屋は神様のおうち、その印が十字架。十字架がどれだけあるのか数えてみましょうか?」と、あそこにも、あそこにも。そうなんです。60箇所ほどにその十字架がありました。ちっちゃな十字架を見つけた花組さんも。「神様と心でお話しするのがお祈り」とチャプレン先生に教えていただいた子供たちです。そして、このおうちの周りにはいっぱいその印があって、いつも守ってくださっていることがわかりました。f:id:encho-sensei:20190422205207j:plain f:id:encho-sensei:20190422205210j:plain f:id:encho-sensei:20190422205430j:plain

f:id:encho-sensei:20190422205216j:plain f:id:encho-sensei:20190422205219j:plain f:id:encho-sensei:20190422205221j:plain f:id:encho-sensei:20190422205226j:plain

f:id:encho-sensei:20190422205624j:plain f:id:encho-sensei:20190422205627j:plain f:id:encho-sensei:20190422205630j:plain f:id:encho-sensei:20190422205632j:plain

f:id:encho-sensei:20190422205636j:plain f:id:encho-sensei:20190422205640j:plain f:id:encho-sensei:20190422205643j:plain f:id:encho-sensei:20190422205652j:plain        その神様は真っ暗の中に一筋の「光」を下さいました。「光あれ!」と。初めの光から神様は次々創造されるのです。何をお造りになるのでしょうね。長いお休みの後に、お話ししましょう。礼拝のおしまいには、神様と「心でお話し」している、お友達もいましたね。子どもたちが祈るこの姿。とても美しいと思います。どうぞ神様、私たちのこの子どもたち。 卒園した子どもたちも、これから出会うお友達も、先生たちもそれぞれのご家族も、みんなをどうぞお守りください。

遠足になるから8日(水)に献金礼拝・返却・貸出もいたします。3人のボランティアのお母さん方、どうぞよろしくお願いします。

f:id:encho-sensei:20190422205655j:plain 鯉のぼりが見ている下で、おかえりの前の子どもたちが遊びます。

今日は受苦日。イエス様が十字架に。

今日は朝からほんの少しのお日様。そのあとはずっと曇りで、どんようりしていましたね。夕方には風も吹いてきて寒ささえ感じられました。花粉というより、車の汚れを見ると、これは黄砂でしかないと思うここ数日の空気の汚れでしょうか。咳をして、微熱を出してお休みしたお友達がいましたね。うがいをし、衣服の花粉か黄砂か、しっかり払い落として、そしてお洗濯物も、パタパタと払って取り入れると良いでしょうね。 さて、朝から、花組の Kちゃんがちっちゃなお友達の妹のあとになり横になって、捕まえるでもなく危なくないように後ろをついて歩く姿に感心いたしました。きっとご自分の弟にも、こんな風にお世話が出来るようになるのでしょうか?そうだと嬉しいね。

今日は、お礼拝堂の正面の十字架に白い布が被せてありました。いかにも悲しい雰囲気です。そうなんです。昨日の木曜日に捕らえられたイエス様が十字架にかけられるという受苦日の悲しい日なのです。何も悪いことはしていないのに、神様の子供としてお生まれになったイエス様が、神様のお話をみんなに伝え、不思議な力で奇跡を起こして人々を助けられただけなのに。でも人の心はわかりません。「ユダヤ人の王様」に対して良い感情を持たなかった人たちから「十字架につけろ」と言われて、今日その日が来たのです。ゴルゴタの丘まで、自分が処刑されるその十字架を自分で担いで運ばされたのです。十字架での処刑です。今日の12時。空が真っ暗になり、稲光と共に真っ二つに空が割れ、イエス様の命が絶たれたのです・・・それを目の当たりで見ていたマリア様。お弟子さんたちも悲しみにくれました。しかし、3日目に蘇りを宣言されていたイエス様。日曜日の朝にお墓の石が退けられ・・イエス様のご遺体はなく・・そうなんです。本当に蘇られたのです。命の蘇り=復活=イースターなのですね。その新しい命を象徴して、今日は子ども達とイースターエッグを作りました。本当は明日作るのですが、幼稚園はお休みです。そして、イースターは大抵3月の春休みや、4月の始めであったりするので、なかなかこの機会に恵まれません。なん年ぶりでしょうか。でも月曜日の献金礼拝では、イースターのお話をするところまでなかなか行きませんでした。今日は紙芝居を見せていただき、それから、イースターエッグ作りをしました。茹でたての卵に、クレヨンで絵を描き、食紅で色を付けました。そして、お土産に。

子どもさんと共に、イエス様のことを思いながら、苦しみから、蘇りへ。私たちをいつも見守ってくださっているイエス様のことを思い、蘇りを心よりお祝い致しましょう。

クリスマスローズイースターローズもあちこちでイエス様の復活を喜び、咲き誇っています。

f:id:encho-sensei:20190419201521j:plain f:id:encho-sensei:20190419201525j:plain

f:id:encho-sensei:20190419201533j:plain f:id:encho-sensei:20190419201640j:plain f:id:encho-sensei:20190419201634j:plain f:id:encho-sensei:20190419201637j:plain

f:id:encho-sensei:20190419201643j:plain f:id:encho-sensei:20190419201646j:plain f:id:encho-sensei:20190419201649j:plain f:id:encho-sensei:20190419201651j:plain

f:id:encho-sensei:20190419201656j:plain f:id:encho-sensei:20190419201659j:plain f:id:encho-sensei:20190419201702j:plain f:id:encho-sensei:20190419202000j:plain

f:id:encho-sensei:20190419202004j:plain f:id:encho-sensei:20190419202006j:plain f:id:encho-sensei:20190419202010j:plain f:id:encho-sensei:20190419202013j:plain

f:id:encho-sensei:20190419202016j:plain f:id:encho-sensei:20190419202019j:plain f:id:encho-sensei:20190419202022j:plain f:id:encho-sensei:20190419202025j:plain

f:id:encho-sensei:20190419202027j:plain f:id:encho-sensei:20190419202031j:plain f:id:encho-sensei:20190419202033j:plain f:id:encho-sensei:20190419202036j:plain

f:id:encho-sensei:20190419202420j:plain f:id:encho-sensei:20190419202426j:plain f:id:encho-sensei:20190419202430j:plain f:id:encho-sensei:20190419202432j:plain

f:id:encho-sensei:20190419202435j:plain f:id:encho-sensei:20190419202439j:plain f:id:encho-sensei:20190419202442j:plain f:id:encho-sensei:20190419202445j:plain

f:id:encho-sensei:20190419202448j:plain f:id:encho-sensei:20190419202452j:plain f:id:encho-sensei:20190419202455j:plain f:id:encho-sensei:20190419202459j:plain

f:id:encho-sensei:20190419202502j:plain  f:id:encho-sensei:20190419202510j:plain  f:id:encho-sensei:20190419202904j:plain f:id:encho-sensei:20190419202514j:plain

f:id:encho-sensei:20190419202907j:plain f:id:encho-sensei:20190419202911j:plain f:id:encho-sensei:20190419202915j:plain f:id:encho-sensei:20190419202922j:plain

                             f:id:encho-sensei:20190419202925j:plain f:id:encho-sensei:20190419202928j:plain f:id:encho-sensei:20190419202932j:plain

f:id:encho-sensei:20190419202936j:plain f:id:encho-sensei:20190419202938j:plain f:id:encho-sensei:20190419202941j:plain f:id:encho-sensei:20190419202944j:plain

気持ちの良い1日でしたね

お日様の下にいると暑いくらいの日でしたね。でもそこそこに風もあり、花粉もそろそろ落ち着いてきたようです。でも黄砂がまっているとのことですので、くれぐれもうがいや、お洗濯物を叩いて取り去るようにしたいものですね。

今日は、赤組と緑組は「平安神宮」までおさんんぽに。花組とpre-preはお庭で思いっきりのお遊びタイム。でした。赤組と緑組を見送って・・「いってらっしゃ〜い。池に落ちないようにね。怪我をしないようにね。何かあったらすぐに救急隊が飛んでいくからね。気をつけて。」と送り出しました。平安神宮の写真は S先生からの提供。少し載せてみますね。ご覧ください。まだしだれ桜が綺麗ですね。青空がとっても美しいです。今年も「平安神宮」のお散歩から始まりました。今年一年も神様がお造りになった自然に触れ、人の手により美しく整えられた世界からの客人を迎える素晴らしい「平安神宮」のお庭の見学が最初のお散歩なんです。なんて素敵で、贅沢なことなのでしょうか

f:id:encho-sensei:20190418212242j:plain f:id:encho-sensei:20190418212244j:plain f:id:encho-sensei:20190418212250j:plain f:id:encho-sensei:20190418212253j:plain

f:id:encho-sensei:20190418212440j:plain f:id:encho-sensei:20190418212444j:plain f:id:encho-sensei:20190418212448j:plain f:id:encho-sensei:20190418212451j:plain

f:id:encho-sensei:20190418212457j:plain f:id:encho-sensei:20190418212500j:plain f:id:encho-sensei:20190418212509j:plain f:id:encho-sensei:20190418212735j:plain

f:id:encho-sensei:20190418212739j:plain f:id:encho-sensei:20190418212742j:plain f:id:encho-sensei:20190418212745j:plain f:id:encho-sensei:20190418212748j:plain

f:id:encho-sensei:20190418212750j:plain f:id:encho-sensei:20190418212754j:plain f:id:encho-sensei:20190418212758j:plain f:id:encho-sensei:20190418212800j:plain

そのあとは、岡崎グラウンドで思いっきり走り、VitaminDのお日様の光をたっぷり浴びて、体力作りをしました。おうちからも時々連れてきてもらっているお友達もたくさんいますものね。子供たちにとって、体力作りになくてなならない全身運動のできる大切な場所です。大昔、園長先生の頃は、この場に自分で椅子を運び運動会をしていたんですよ。

f:id:encho-sensei:20190418213023j:plain f:id:encho-sensei:20190418213025j:plain f:id:encho-sensei:20190418213028j:plain f:id:encho-sensei:20190418213031j:plain

f:id:encho-sensei:20190418213035j:plain f:id:encho-sensei:20190418213038j:plain f:id:encho-sensei:20190418213047j:plain 

その一方で、幼稚園のお庭で遊んでいるお二階のお友達はと言いますと・・・。

そうなんです。花組さんがみんなでお庭で遊ぶのが初めてとあって、お庭でのお約束をしました。「ブランコに乗る時、乗っているお友達の前や後ろを通りません。」と。

 T先生と D先生が迫真の演技でブランコにぶつかり、倒れるシーンを見せると、なんとpre-preのお友達が怖がって?何人かが泣き出す始末。ちょっと激しくやりすぎたかな?!と先生たちの反省。でもこれくらいしておかないと、ひょろひょろとブランコに近づいてしまうことがあるのですね。そのあと、思い思いの場所で、お友達と関わり合う場合もあり、一人で懸命に遊んだり、車に小さい人を乗せてあげたり・・と、とても楽しく過ごしました。ほっぺが赤くなるほど、暑くもなり、楽しくもあり、もっと遊びたい思いを持ちながらもランチタイムになりました。お母さんの作ってくださったお弁当、美味しかったね。またお二階のお友達同士で、一緒に遊びましょうね。楽しかった

f:id:encho-sensei:20190418213339j:plain f:id:encho-sensei:20190418213347j:plain f:id:encho-sensei:20190418213350j:plain f:id:encho-sensei:20190418213353j:plain

f:id:encho-sensei:20190418213356j:plain f:id:encho-sensei:20190418213400j:plain f:id:encho-sensei:20190418213404j:plain f:id:encho-sensei:20190418213407j:plain       f:id:encho-sensei:20190418213410j:plain f:id:encho-sensei:20190418213413j:plain f:id:encho-sensei:20190418213416j:plain f:id:encho-sensei:20190418213901j:plain        f:id:encho-sensei:20190418213423j:plain f:id:encho-sensei:20190418213425j:plain f:id:encho-sensei:20190418214126j:plain

午後から子ども達と「さよなら」するかしないかの時間に幼稚園を飛び出した A先生と園長は、幼稚園型認定こども園京都市は4ケ園:すべてキリスト教の園です)の様々な事務についての説明会があり、出かけました。分厚い資料の説明。2年目になったからこそ、内容として少しわかるようになったこともあり、何事も経験とはいえ、まだまだ1年目の処理も終わっていませんので、保護者の皆様にはご迷惑をおかけしているのだろうなと思っています。とはいえ、京都市の年度処理も、連休明け〜6月にかけて処理されるということがあるので、自園ではどうしようもないこともあるので、これは時間をかけねば致し方ないのだろうなあと思って帰ってきました。主に会計処理ですね。一般の会社でも5月や6月に行われる決算総会が一つの区切りの時期ですね。安心して働いていただける場の提供も、この認定こども園には大切なことなのですね。様々な環境の方が共にある場として、幼稚園も、そしてこひつじの会の皆様もお互いに力を合わせて過ごせる一年となりますように、改めてどうぞよろしくお願い致します。また明日

今日はクラス懇談会・幹事さんも決まりました。

今日は、午前保育。2号認定と1号就労の方でご希望の方は、昼食をともにしてのお預かりでした。何故? 何があったの? 子ども達が集まっているけれど・・・。

 

f:id:encho-sensei:20190417212443j:plain f:id:encho-sensei:20190417212447j:plain 

f:id:encho-sensei:20190417212449j:plain f:id:encho-sensei:20190417212454j:plain f:id:encho-sensei:20190417212456j:plain f:id:encho-sensei:20190417212500j:plain f:id:encho-sensei:20190417212502j:plain

f:id:encho-sensei:20190417212505j:plain f:id:encho-sensei:20190417212612j:plain f:id:encho-sensei:20190417212616j:plain

f:id:encho-sensei:20190417212619j:plain f:id:encho-sensei:20190417212622j:plain f:id:encho-sensei:20190417212624j:plain

そう、とても大切な日でした。今年度が始まってから初めての担任と、保護者の方々同士の顔合わせでした。それぞれの担任が、それぞれのクラスでの子ども達の姿をご報告させていただきつつ、今年度の方向性をお伝えし、また直近の行事へのご報告とお願いをさせていただきました。保護者の方々は、お一人づつの「自己紹介」の中で、入園しての我が子の姿、また一つ大きくなったことによる子どもさんの姿の変化、心の成長をご報告していただきました。みんな真剣に聴き、話し、また笑いながらの1時間半でした。その最初には、今年度もまたお世話になるキンダーカウンセリングの先生をご紹介させていただきました。保護者やお子さんの様々な様子に耳を傾むけ、特にお母さんの心の安定を保てるようにご協力頂くことになります。お母さんが心穏やかでないと、子ども達も穏やかにはなれません。じっくり物事に対処し、成長を育むためには、一番大切な環境となりうる「お母さん」の存在が本当に大切ですね。フレーベルの「母と子のうた」にあるように。もし、何か不安材料を覚えられた時には、幼稚園あるいは、カウンセリングの先生にお声掛けいただければと考えています。担任でも、園長でも、カウンセリングの先生にでも・・・人に話しを聞いてもらうこと。それだけで心が晴れたりしますものね。楽しく過ごしましょ! 

f:id:encho-sensei:20190417212627j:plain f:id:encho-sensei:20190417212631j:plain f:id:encho-sensei:20190417212634j:plain

そして、今年度のこひつじの会の幹事さんが6名決まりました。2018年度の幹事さんから、いろいろご説明いただき、今年度の幹事さんへと引き継がれようとしています。実際の交代は5月の総会の日からですが、当園ほど、保護者の皆様のご協力が得られている幼稚園は本当に数少なく、とてもありがたいと感謝です。お役の互選もしていただき、それぞれのお役が決まりました。早速始動です。とはいえ、それぞれのお役は昨年度の幹事さんからご報告をいただくまで、ここでの発表は控えさせていただきます。様々なお役を担っていただいた昨年度の幹事さん有難うございました。引き継ぎまで今しばらくよろしくお願い致します。また新年度の幹事さん、先輩幹事さんにお聞きになりながら、お役を担っていただけますように、どうぞ宜しくお願い致します。こうして保護者の方々のご協力があってこそ、子ども達の素晴らしい成長が得られるのでしょうね。お仕事をされている、されていないは関係ありません。お互いを理解しつつ、忙しい中にもお役を引き受けて下さることへの、前向きな取り組みに感謝いたします。

何してんの?

朝から、20度越えの暖かな日になりました。朝9時までの登園をお願いしていますと、出足が早くなって、朝の自由遊びが充実してきました。お友達と関わりながらたっぷり遊べるのですね。朝早く来ればくるほど、自分の好きなものを見つけて、いっぱい遊べるのです。なかなか良い傾向です。それぞれの子供達が、「あっしまった!」と思えるように、時制がまだしっかりついていない場合でも、9時きっかりに、礼拝堂の前の門がしまっていたら「どきっ!」としますね。脅かすわけではありませんが、お約束した以上は、子ども達自身にも、「なぜ遅かったのか」がわかるように示していければと考えています。もちろん食が進まないときは、体調不良という場合もありますから、決して急がすことのみが良いとは思っていませんので、その時には、どうぞご一報ください。ホールで思い思いに遊んでいる子ども達。お互いの様子を見ながら、自分の遊びたいものを見つけて楽しげに遊んでいるのがよくわかります。早寝早起き朝ごはん!

f:id:encho-sensei:20190416214710j:plain f:id:encho-sensei:20190416214714j:plain f:id:encho-sensei:20190416214718j:plain f:id:encho-sensei:20190416214722j:plain

f:id:encho-sensei:20190416214726j:plain f:id:encho-sensei:20190416214731j:plain f:id:encho-sensei:20190416214734j:plain f:id:encho-sensei:20190416214738j:plain

お時間になってから、花組さんがお2階から順番に降りてきましたよ。さあ、今日は花組さんが幼稚園の中を探検する日。下のお部屋で「何しているの?」と、緑組が、明日から使う嬉しいお当番表の作成中を見学。花組さんは2学期からしか始めないお当番なのですが、すでに経験している赤組と緑組は今年のタイトルに合わせての作成です。今年はどんなのかしら?明日のクラス懇談会にてお母さんがたに見て頂きましょうね。f:id:encho-sensei:20190416214742j:plain f:id:encho-sensei:20190416214745j:plain f:id:encho-sensei:20190416214749j:plain f:id:encho-sensei:20190416214754j:plain 事務所、下駄箱、礼拝堂、その2階等々。幼稚園と教会と教会会館と、小さな子ども達にとっては、結構広いところだと思いますね。事務所にもやってきて、「ここで何しているの?」と聞きたそうな顔。何をするのかお話して、コピー機を知らせ、そこから紙が出てくるところを見せて、とても大切な機会だし、触らないでね、とのお約束も忘れずに。そして、「ここにいる人はだあれ?」「愛先生と園長先生」「園長先生の名前は???」「みんなに名前があるように、園長先生にもお名前があるんだけど・・・」でもいいや、これから覚えていけば。こうして、子ども達と向き合うことで、子ども達と話す言葉を通して、その状況に合わせて、何をどこまで理解しているのかということもわかってきます。あの手この手で質問して、やっとわかること、まだ何のこと?という顔の表情。そんなに説明しなくても、すぐわかって答えられること。「ことば」の大切さを思います。相手に自分の思いをわかってもらうためには、何をどうして話したら良いのか、これは大人でも同じですね。通じない時には、反対に何を話したいのかを少しづつ解いていきながら、その真髄に迫る。そして、話が通じる、そこには主語、述語の大切さがありますね。とはいえ、省略しても前後の話が通っていれば、わかることも多いにあります。難しい! 「何してんの?」と抽象的に問うた時、はて、どのように何を答えてもらいたいのか、何が聞きたいのか? 内容なのか、場なのか、時なのか・・・?さあ、明日も、たくさんのお母さんと相対する私たち、しっかり耳を傾け、お互いを聴き合い、話し合える自分をみなさんにお出し頂けるような時間になれば嬉しいですね。

f:id:encho-sensei:20190416214758j:plain f:id:encho-sensei:20190416214803j:plain f:id:encho-sensei:20190416214808j:plain

f:id:encho-sensei:20190416204316j:plain f:id:encho-sensei:20190416204322j:plain  f:id:encho-sensei:20190416204329j:plain f:id:encho-sensei:20190416204333j:plain

f:id:encho-sensei:20190416204336j:plain f:id:encho-sensei:20190416204339j:plain f:id:encho-sensei:20190416204344j:plain f:id:encho-sensei:20190416204348j:plain

f:id:encho-sensei:20190416204352j:plain f:id:encho-sensei:20190416204356j:plain f:id:encho-sensei:20190416204401j:plain f:id:encho-sensei:20190416211556j:plain        f:id:encho-sensei:20190416211601j:plain f:id:encho-sensei:20190416211604j:plain f:id:encho-sensei:20190416211608j:plain 

 

今日も初めてのことが・・・

1週間が過ぎて、2日間のお休み明けは、子ども達の様子が気になります。どうかなああ? お母さんと離れられるかな? ニコニコかな? 離れられないのだったら、どうしてあげようかな? といろいろ考えていましたが。やはり、離れられない。涙が出る。靴箱まで、いえ、お部屋までご一緒に・・いいんです。だって1週間の間緊張しすぎて、心の中はどうしようもなく不安がいっぱいだったのでしょうから。そして2日間の休みで、緊張の糸がほぐれ、、、て、そして今日。幼稚園で何をするのか、何をしなければならないのか、よくわかっているからこそ、緊張もましたのでしょうね。「ありのまま」そう、今の気持ちをありのままに出してください。なんとでもお受けいたしますからね。・・先生に抱っこされるとニコニコの笑顔になったお友達も。おかえりの時には、お日様のように心も暖かくなって笑顔になっていましたね。 よかった!

 

喜びなさい。大いに喜びなさい。今月の神様の言葉です。みんなで喜び合いましょうね

f:id:encho-sensei:20190415200455j:plain f:id:encho-sensei:20190415200501j:plain           f:id:encho-sensei:20190415202134j:plain

神様の言葉を教えていただいた今年度最初の「献金礼拝」でした。このお部屋は神様のおうち。心で神様とお話しするのがお祈り。声を出さないで、この礼拝堂に入ってきたら「しずかに!」「ぺちゃくちゃしゃべりません!」と答えてくれた緑組さんも。流石今日は、イエス様の最初のお弟子さんになったペテロさんのお母さんの話でした。いつもニコニコで、たくさんの人の世話をしていたお母さん。ところがある時病気になり、みんなは心配しましたが、イエス様に「お母さんの病気を治して下さい」とお願いし、みんながお祈りをしました。すると、目を開け体を起こして元気いっぱいになられたというお話しでした。病気になって困りましたが、神様にお祈りをすることで、元気いっぱいになり、感謝して大喜びをしたということです。よかったよかった。嬉しいですねf:id:encho-sensei:20190415200522j:plain f:id:encho-sensei:20190415200527j:plain f:id:encho-sensei:20190415200612j:plain f:id:encho-sensei:20190415200615j:plain

f:id:encho-sensei:20190415200619j:plain f:id:encho-sensei:20190415200622j:plain f:id:encho-sensei:20190415200626j:plain f:id:encho-sensei:20190415200631j:plain

f:id:encho-sensei:20190415200634j:plain f:id:encho-sensei:20190415200638j:plain f:id:encho-sensei:20190415200642j:plain f:id:encho-sensei:20190415200646j:plain

f:id:encho-sensei:20190415200650j:plain f:id:encho-sensei:20190415200654j:plain f:id:encho-sensei:20190415200657j:plain f:id:encho-sensei:20190415200702j:plain

礼拝の後、赤組はご自分のお道具箱をいただき、緑組は、さらに新しい絵の具とクーピーをもらう為に宝探しをしました。なかなか見つからない時には、ドキドキしているその様子が見て取れました。ちょっとお手伝い「いや、こんなところにかくれんぼしているわ」どこに自分の大切な道具がかくれんぼしているのか、自分で探し回らねばなりません。でも、よかった。みんながお宝ものをゲットして、自分のお道具箱に入れていきました。みんなの分があってよかったね。どうぞ使い始めに感謝して、そして、大切に使ってくださいね。必ず後片付けをすることですね。

f:id:encho-sensei:20190415201132j:plain f:id:encho-sensei:20190415201135j:plain f:id:encho-sensei:20190415201335j:plain f:id:encho-sensei:20190415201338j:plain

f:id:encho-sensei:20190415201341j:plain f:id:encho-sensei:20190415201344j:plain f:id:encho-sensei:20190415201219j:plain f:id:encho-sensei:20190415201224j:plain

f:id:encho-sensei:20190415201227j:plain f:id:encho-sensei:20190415201232j:plain f:id:encho-sensei:20190415201236j:plain f:id:encho-sensei:20190415201240j:plain

f:id:encho-sensei:20190415201244j:plain f:id:encho-sensei:20190415201427j:plain f:id:encho-sensei:20190415201432j:plain f:id:encho-sensei:20190415201436j:plain

お庭はポカポカの暖かさ。時折風が吹いてひやっと寒さ冷たさを感じましたが。この暖かさで、虫さん達も暖かいお日様に誘われてお出ましです。ちっちゃないのちを一生懸命動かして、みんなに見守られている前を行く、「尺取り虫」今年初めて出てきたのかな? 鳥さんに食べられないように、かくれんぼしながら行きたいところへどうぞ。子供達もお庭で、お友達と好きな場所を見つけて、満面の笑顔で遊んでいます。満足満足

f:id:encho-sensei:20190415201443j:plain   f:id:encho-sensei:20190415201446j:plain

幼稚園の隅々まで知っている1年生。おかえり! おめでとう!

 今日は、子供達が2グループに分かれて、幼稚園の中の探検をしました。事務所にもやってkた子ども達。「とん とん とん」「どなたですか」「赤組と緑組です」「はい、どうぞお入りください」「お邪魔します」「何のご用ですか?」「 たんけん!」「たんけんてどういうことですか?』「???」「どんなお部屋があるのかいろいろ見て回っています」と。みんなが入れるように 中へ入ってから、事務所のお部屋の紹介、何をしているのか、ここには誰がいるのか?? と説明を加えました。お手紙を作ること、コピー機でみんなの分をコピーすること。お帳面の袋に入れること。そして、「今日はいっぱいのお手紙があるので、お母さんにぜ〜〜んぶ読んでもらってください。」と伝えました。お読みいただけたでしょうか。」新学期はとかくお手紙が多いものです。何人もお子さんのおられる過程では、あっちにもこっちにも目を通さねばならないので、大変かと思いますが、どうぞご一読頂き、ご質問のある時は、いつでもお声掛けください。

こうして、子ども達は、毎年、知っているはずですが、幼稚園・教会の中をぐるぐる見て回りました。見て回ること、その時その場所でいろんな発見をすること。気づくこと。それがマリア探検隊なのです。どこに何があるのか卒園までには隈無く見てください。覚えてください。そして、卒園しても覚えていて欲しいのです。そう、そこで、今日は大切なお客様をお迎えするのです。幼稚園の中を全部知っているお客様です。

f:id:encho-sensei:20190412204801j:plain f:id:encho-sensei:20190412204805j:plain f:id:encho-sensei:20190412204810j:plain f:id:encho-sensei:20190412204814j:plain

f:id:encho-sensei:20190412204818j:plain f:id:encho-sensei:20190412204822j:plain f:id:encho-sensei:20190412204826j:plain f:id:encho-sensei:20190412204829j:plain

おかえりの時には、早くもダンゴムシが登場。早速子供達の目に止まり、捕らえられました。これからいっぱいの虫さんと出会えますね。

f:id:encho-sensei:20190412215237j:plain f:id:encho-sensei:20190412215248j:plain

子ども達が帰った後のこと、新1年生がやってきました。学校によって時間がいくつかに分かれての到着でしたが、7校の11人全員揃って、レゴでの遊びに始まり、あちこちに行き、先生にくっつき、友達と抱き合い、追っかけっこをし・・・とほんのわずかな時間しか経っていないのに、みんな1年生の顔になって帰ってきました。

f:id:encho-sensei:20190412205140j:plain f:id:encho-sensei:20190412205143j:plain f:id:encho-sensei:20190412205147j:plain

ご挨拶・お礼拝・一人づつ自己紹介(学校・組・担任の先生のお名前・お友達の名前)をみんなにご報告タイムです。みんなそれぞれにお友達にも恵まれ、楽しんで通学しているようなので安心しました。そして、学校では緊張して、背中をピン!と伸ばして先生のお話をよく聞いているとのご報告を受けて、これまたとっても嬉しく思ったのです。さすが、マリアの子だね。そして、スキップ捕まえに歓声をあげ楽しみました。

f:id:encho-sensei:20190412205329j:plain f:id:encho-sensei:20190412205333j:plain f:id:encho-sensei:20190412205336j:plain

f:id:encho-sensei:20190412205340j:plain f:id:encho-sensei:20190412205344j:plain f:id:encho-sensei:20190412205350j:plain f:id:encho-sensei:20190412205354j:plain

f:id:encho-sensei:20190412205358j:plain f:id:encho-sensei:20190412205402j:plain f:id:encho-sensei:20190412205405j:plain

それから、特別ティーパーティーです。公立の小学校は、今日から給食だったようです。が、今日のおやつは特別仕立て。ドーナツアラカルトなのです。ペロっと他べてしまったお子さんも、お腹がいっぱいといってお土産にしたお子さんも。もう賑やかな楽しい時間でした。

f:id:encho-sensei:20190412211452p:plain f:id:encho-sensei:20190412211455p:plain f:id:encho-sensei:20190412211458p:plain f:id:encho-sensei:20190412211503p:plain

f:id:encho-sensei:20190412211507p:plain f:id:encho-sensei:20190412211510p:plain f:id:encho-sensei:20190412211514p:plain f:id:encho-sensei:20190412211519p:plain

f:id:encho-sensei:20190412211524p:plain f:id:encho-sensei:20190412211743p:plain f:id:encho-sensei:20190412211748p:plainご馳走様の後は、今年のお花見ラストチャンスに成るでしょう。この素晴らしい桜のお花の下で、そして、みんんで植えたチューリップのお花の前で記念写真を写しました。本当に綺麗に咲きました。あまりに綺麗なので、雨が降らないうちに、1年生とも写したいと思いました。本当に綺麗!

f:id:encho-sensei:20190412211801j:plain f:id:encho-sensei:20190412211807j:plain f:id:encho-sensei:20190412211813j:plain f:id:encho-sensei:20190412211819j:plain

f:id:encho-sensei:20190412211826j:plain f:id:encho-sensei:20190412211829j:plain 園庭で、11人が走り回りました。おにごっこも始まりました。そして、あっという間のおかえりになって、「もっとあそびた〜い」「またにちようがっこうにいらっしゃい」とお声かけしておきました。

14日は教会学校の入学式ですから、よろしければどうぞおいでください。またいつでも遊びにいらっしゃい。待っていますからね。

f:id:encho-sensei:20190412212049j:plain f:id:encho-sensei:20190412212055j:plain f:id:encho-sensei:20190412212059j:plain f:id:encho-sensei:20190412212106j:plain

f:id:encho-sensei:20190412212111j:plain f:id:encho-sensei:20190412212115j:plain f:id:encho-sensei:20190412212119j:plain

f:id:encho-sensei:20190412215805j:plain f:id:encho-sensei:20190412215808j:plain f:id:encho-sensei:20190412215812j:plain

f:id:encho-sensei:20190412212122j:plain f:id:encho-sensei:20190412212125j:plain f:id:encho-sensei:20190412212357j:plain f:id:encho-sensei:20190412212403j:plain

f:id:encho-sensei:20190412212410j:plain f:id:encho-sensei:20190412212415j:plain f:id:encho-sensei:20190412212419j:plain f:id:encho-sensei:20190412212423j:plain

来週からまたそれぞれの学校で真面目に勉強に励んでください。お友達とも仲良くして

くださいね。またお目にかかりましょう。ではお元気で。