いよいよ本番!暖かな大寒で最高のお餅つき

朝7時から、お雑煮を作ってくださるS親子。本当に美味しいおすましと白味噌雑煮を作ってくださり、皆さん全員至福の時を与えていただきました。子供達もおすましをお代わりした子が何人もいたようです。口の肥えたお子達です。ありがとうございました

今日は大寒なのに、本当に青空の綺麗な暖かな日になりました。朝からお父さんんがたに臼や火床の設置、太鼓橋の移動、ログハウスの移動等々、今日のお餅つきの動線を確保するために、皆さんでよいっしょ!と動かしていただきました。そして、ログハウスを後ろに記念写真を一枚、はい パチリ! お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん・お兄ちゃん・お姉さん・弟・妹そして、ベトナムインドネシアからのお客様と総勢150人弱。今年も35kgのもち米。32臼になりました。お雑煮用白餅・きなこ・いそべ・おろし・餡・黒糖・伸し餅(ゆかり、バジル)。臼から飛び出た2臼の砂まみれのお餅もご愛聴。今までにも何度もありました。雪まみれにもなったことがありますし・・・色んなハプニングも含めて、とても楽しい美味しいお餅つきの日となりました。ご夫婦で、緑組は白蒸しおこわを食べたり、ペアでもお餅を撞きました。赤組と花組は、お家の人と一緒にお餅をついて丸めました。ご病気でお休みした方々は残念でしたが、お土産のお餅は冷凍庫に入れてありますからね。ご安心ください。

それじゃ、今日のお餅つきの場面を振り返っていただきましょう。その工程は、前日と当日の準備、蒸す(割木を焼べると黙々と煙が出て目に沁みましたね)、撞く、丸める、食べる、片付けると、それ俺の日に全ての方のお写真が撮れたわけではありませんことをご了承ください。参加者全員の気持ちをまとめて、繋げての協力で成し得た、当園の大切な行事の一つです。次々に伝授していただき、大人も子供も新しい経験に心を躍らせて、また来年もどうぞ宜しくお願い致します。本当にありがとうございました。

f:id:encho-sensei:20180120212044j:plain f:id:encho-sensei:20180120212049j:plain f:id:encho-sensei:20180120212057j:plain f:id:encho-sensei:20180120212102j:plain f:id:encho-sensei:20180120212106j:plain

f:id:encho-sensei:20180120212113j:plain f:id:encho-sensei:20180120212116j:plain f:id:encho-sensei:20180120212123j:plain f:id:encho-sensei:20180120212131j:plain f:id:encho-sensei:20180120212137j:plain

f:id:encho-sensei:20180120212141j:plain f:id:encho-sensei:20180120212444j:plain f:id:encho-sensei:20180120212448j:plain f:id:encho-sensei:20180120212500j:plain f:id:encho-sensei:20180120212503j:plain

f:id:encho-sensei:20180120212508j:plain f:id:encho-sensei:20180120212515j:plain f:id:encho-sensei:20180120212520j:plain f:id:encho-sensei:20180120212527j:plain f:id:encho-sensei:20180120212532j:plain

f:id:encho-sensei:20180120212539j:plain f:id:encho-sensei:20180120212545j:plain f:id:encho-sensei:20180120212556j:plain f:id:encho-sensei:20180120212559j:plain f:id:encho-sensei:20180120212603j:plain

f:id:encho-sensei:20180120213057j:plain f:id:encho-sensei:20180120213101j:plain f:id:encho-sensei:20180120213107j:plain f:id:encho-sensei:20180120213112j:plain f:id:encho-sensei:20180120213124j:plain

f:id:encho-sensei:20180120213132j:plain f:id:encho-sensei:20180120213137j:plain f:id:encho-sensei:20180120213143j:plain f:id:encho-sensei:20180120213148j:plain f:id:encho-sensei:20180120213155j:plain

f:id:encho-sensei:20180120213201j:plain f:id:encho-sensei:20180120213207j:plain f:id:encho-sensei:20180120213616j:plain f:id:encho-sensei:20180120213619j:plain f:id:encho-sensei:20180120213623j:plain

f:id:encho-sensei:20180120213626j:plain f:id:encho-sensei:20180120213631j:plain f:id:encho-sensei:20180120213635j:plain f:id:encho-sensei:20180120213637j:plain f:id:encho-sensei:20180120213644j:plain

f:id:encho-sensei:20180120213648j:plain f:id:encho-sensei:20180120213654j:plain f:id:encho-sensei:20180120213702j:plain f:id:encho-sensei:20180120213705j:plain f:id:encho-sensei:20180120213709j:plain

f:id:encho-sensei:20180120214103j:plain f:id:encho-sensei:20180120214110j:plain f:id:encho-sensei:20180120214106j:plain f:id:encho-sensei:20180120214208j:plain f:id:encho-sensei:20180120214116j:plain

f:id:encho-sensei:20180120214119j:plain f:id:encho-sensei:20180120214123j:plain f:id:encho-sensei:20180120214152j:plain f:id:encho-sensei:20180120214132j:plain f:id:encho-sensei:20180120214136j:plain

f:id:encho-sensei:20180120214139j:plain f:id:encho-sensei:20180120214146j:plain f:id:encho-sensei:20180120214531j:plain f:id:encho-sensei:20180120214534j:plain f:id:encho-sensei:20180120214537j:plain

f:id:encho-sensei:20180120214543j:plain f:id:encho-sensei:20180120214546j:plain f:id:encho-sensei:20180120214549j:plain f:id:encho-sensei:20180120214554j:plain f:id:encho-sensei:20180120214557j:plain

f:id:encho-sensei:20180120214601j:plain f:id:encho-sensei:20180120214605j:plain f:id:encho-sensei:20180120214609j:plain f:id:encho-sensei:20180120214615j:plain

 

お餅つきの準備②

f:id:encho-sensei:20180119203028j:plain 今年は戌年。レオ君と、チャプレン先生の久々の出会い。信号の向こうからチャプレン先生をめがけて一目散に走ってきて先生の腕の中へ。凄いんだから時には、先生を探す吠え声。先生もその声を聞きつけて飛んで外へ・・・という時もありましたけれど、中々出会えることが叶わなかった日々。やっと会えたね。安心!!

生き物との関わりは、それが何であれとても嬉しいことですね。大切な命ですから。でも近頃は民家にタヌキが。我が家にも。朝暗いうちから朝ごはんをねだりに網戸をガリガリひっかく庭に住む猫たち。その餌を狙ってタヌキがやってくるのです。時には、一家5匹で。今朝もカチャン!と音がしたので見ると、ミルクを入れていた小鉢からミルクが溢れて、その小鉢は行方不明。そうなんです。容器も、スリッパも、ウカウカしているとタヌキが咥えて持って行くのです。目だけ見ているとクリクリで結構可愛いんですが、なんでも食べる雑食(動物の死骸も食するとか)タヌキには、やはり意地悪して追い返しています。病気を運んで来られたら大変ですから。山へ帰っておくれ!!

さて、動物もさることながら、私たちは明日の「お餅つき」に集中集中。朝の登園と同時に幹事さんがお集まりくださり下準備。午後12時半から一人一役のお母さん方が集まってくださっての準備。この数枚の写真をごらんください。本当にみんな働き者ですそれぞれの持ち場のみでなく、声をかけ合って、何をどうしようかと考えて、順次手際よく準備してくださいました。

 f:id:encho-sensei:20180119203031j:plain f:id:encho-sensei:20180119203035j:plain f:id:encho-sensei:20180119203042j:plain f:id:encho-sensei:20180119203046j:plain f:id:encho-sensei:20180119203050j:plain f:id:encho-sensei:20180119203053j:plain f:id:encho-sensei:20180119203056j:plain f:id:encho-sensei:20180119203100j:plain f:id:encho-sensei:20180119203104j:plain f:id:encho-sensei:20180119203152j:plain f:id:encho-sensei:20180119203155j:plain f:id:encho-sensei:20180119203205j:plain f:id:encho-sensei:20180119203226j:plain

f:id:encho-sensei:20180119203212j:plain f:id:encho-sensei:20180119203215j:plain f:id:encho-sensei:20180119203218j:plain f:id:encho-sensei:20180119203208j:plain ホールの設営も完璧です。テレビ・ピアノ・緑組の棚。赤組の机、ピアノ等々みんなビニールで覆われました。白い餅とり粉があちこちに飛び散ってしまっては大変ですからね。そして、皆さんがお帰りになられた後は、先生の出番。幼稚園二階の設営と手分けしての準備。もち米も洗ってつけておかねばなりません。今年も35kg。みんなでいっぱい食べて帰ってくださいね。残念ながら、明日お休みされるお友達もありますが、フリーザーに入れて残しておきますからね。ご安心を。みんなで力を合わせて作るお餅。美味しいに違いありません。美味しく嬉しい時間を皆さんで過ごしましょうね。そして、爪切り、頭髪、手洗いエプロン、三角巾、手袋・・万全の準備を施して下さい。宜しくお願い致します

f:id:encho-sensei:20180119203230j:plain f:id:encho-sensei:20180119203233j:plain

緑組の保護者のかたがたありがとうございます

雨の後の気温の下がり具合を心配していましたが、朝から暖かい日になりました。自転車に乗って来られる方々も、今日は多かったように思いました。そして、園庭で、ホールで楽しんでいた子ども達。そんな中、本日のお手紙でお知らせしましたように、今年度の卒園生保護者の方々より、子ども達の大好きなビッグライダーを頂戴することになりました。明後日のお餅つきが終われば、園庭に出そうね、ということで、楽しみに心待ちにしていた子ども達は、ホールでなら乗っても良いというお約束のもと、次々に代わり番こに乗って楽しんでいました。緑組にとっては、あと何日? その残された幼稚園生活の一日一日を少しでも楽しんでもらえるようにと、少し早いですが、子ども達にお渡ししました。有難うございます。大切に使わせていただくことにしましょうね。みんなで、みんなが譲り合って乗れるように。

そうしているうちに、なんと、びっくり!! 卒園生のKちゃんが訪ねてきてくれたのです。医学部5回生。自分の将来を見据えて京都を訪ねてきたとか。今回は同期の卒園生のお家に泊めていただいたとのこと。なんという繋がりが続いているのでしょう!!小さい時からとっても優しい子どもだったね。幼稚園を卒園して神戸に転居。また姫路へと。先生達の研修が姫路であった時には、姫路城で会いましたよね。まだ小学校の時それからHCDにと。ことあるごとに、こうして訪ねてきてくれる卒園生。本当に嬉しいです。帰ってくると、誰か知っている先生がまだ居てくださる!ってことが、私立の良いところなんですね。今の子ども達の為にも、卒園生の為にもこの園が岡崎にあることの大切さをその都度感じさせられています。聖マリア幼稚園が大好きな子ども達の為に

 後少しで卒園する目の前の緑組さん! あなた達もいつでも帰ってくるんだよ。

f:id:encho-sensei:20180118205100j:plain f:id:encho-sensei:20180118205105j:plain f:id:encho-sensei:20180118205057j:plain f:id:encho-sensei:20180118205108j:plain f:id:encho-sensei:20180118205112j:plain

f:id:encho-sensei:20180118205115j:plain

お餅つきの準備①

久々の雨。すこし春を思わせるような暖かささえ感じられた今日。こひつじの会のお母さんがたが集まられ、来る20日(土)のお餅つきの準備(相談会)が行われました。担当は、園庭・台所・ホールそして育児担当に分かれての打ち合わせです。毎年、資料を作ってくださる幹事さん。自ら一人一役でそれぞれのお役に手をあげ、今回の「おもちつき」に手をあげて下さった方々が集まられました。今年は、晴れマークが出ているので、お天気はまずまずかな?と気を良くしています。今、本格的なお餅つきをしているところはほとんどなく、子ども達が撞く・丸めるという作業をすることが、安心安全を考えたときになかなか許可されない場合が増えているといいます。集団だからこそ、一人づつが特に気をつけなければならないことがあります。腸炎・インフルエンザ・鼻風邪・爪を切る、頭に布をかぶる、エプロンをつける等々、自分は大丈夫と決して思うことなく、大人も子どもも心して、ご注意ください。体調不良は正直に園の方へお伝え頂きますように。拡散防止です。みんなで楽しい時を共に過ごせますようにと願います

保護者の皆様どうぞよろしくお願いいたします。準備・当日本当に有難うございます。

ちっちゃの友達も、お母さんの側で楽しんで賢く準備のお手伝いをしてくれましたね。

f:id:encho-sensei:20180117210608j:plain f:id:encho-sensei:20180117210613j:plain f:id:encho-sensei:20180117210617j:plain f:id:encho-sensei:20180117210622j:plain f:id:encho-sensei:20180117210626j:plain

 f:id:encho-sensei:20180117211116j:plain f:id:encho-sensei:20180117211208j:plain f:id:encho-sensei:20180117211242j:plain f:id:encho-sensei:20180117211248j:plain f:id:encho-sensei:20180117211125j:plain

緑組グループ会第二弾

朝は少し寒かったものの、お昼からはじわっと汗ばんでくるくらいの暖かさになりましたね。日本の北の方や北陸、山陰地方は、雪が溶けて、屋根からたくさんの雪が落ちてきていましたね。雪の塊のすごい威力。皆様お怪我のないように、と思います。

そんな春を思わせるような日の午後、第二弾の子供たちとチャプレン先生も、お忙しい貴重な時間を割いて来てくださいました。「なんで、今日だけついていくのか」と言われたとのこと。だって、時間が取れる日は今日しかなかったんだから。今日は、朝からチャプレン先生と園長先生は、府庁へ認定申請のためのヒヤリングに。府と市の担当の方が立ち会われての、書類検査です。いろいろ修正や、初めてでわからないところの指示を受けての2時間。寸暇を惜しんでの修正作業や新たな依頼等々も少しでもすませて大急ぎで昼食を済ませ、お昼からの準備に。そうこうしていると、子ども達の足音と共に我が家の庭に住み着いている猫ちゃん3匹(今は、お友達を求めて居候の計4匹)が、耳を立てて、足音を聞き分け、木の陰に逃げていく始末。みんな優しいのにね・。さあ、「いらっしゃい。ようこそ」玄関に入ってコートを脱ぐや否や「二階に上がって良い?!」「ちょっと待って!! 約束してから」と止めて一緒に二階へ上がりました

f:id:encho-sensei:20180116213720j:plain f:id:encho-sensei:20180116213723p:plain f:id:encho-sensei:20180116213727j:plain f:id:encho-sensei:20180116213730j:plain f:id:encho-sensei:20180116213733j:plain

f:id:encho-sensei:20180116213737j:plain f:id:encho-sensei:20180116213740p:plain 二階の窓から外を見て「あっつ、猫がいる」「あれは何?」と真如堂の三重塔を指差して質問。昨秋にお散歩に行った時におやつを食べて、いっぱい葉っぱを拾ったあの場所であることを説明。つながったようです。しばし、二階でわいわい話をした後、下に降りて、持ってきたゲームの開始。落とし穴ゲームは男の子二人と先生二人の勝負。女の子3人は絵合わせゲーム。それぞれに、ゲームの方法を説明してもらって、笑い、喜び、悔しがって、ゲームを楽しみました。その間に、女の子チームも絵合わせゲームを仕上げていました。みんな顔を突きあわせて、落とし穴ゲームを見ていましたが、勝負がついたところで、「Hくんのかち!!」「やったー」と喜んでいるのとタイミングよく、「お腹すいてきた!」とひとりが声をあげたことで、ゲームは1回勝負のみ。二階でしゃべっていたから、昨日の時間と同じになってきて、「おやつ」の時間へと。

f:id:encho-sensei:20180116213746p:plain f:id:encho-sensei:20180116213749j:plain f:id:encho-sensei:20180116213753j:plain

f:id:encho-sensei:20180116213842j:plain f:id:encho-sensei:20180116213847j:plain f:id:encho-sensei:20180116213850j:plain f:id:encho-sensei:20180116213853j:plain f:id:encho-sensei:20180116213857j:plain

f:id:encho-sensei:20180116214047j:plain f:id:encho-sensei:20180116214053j:plain 何を食べているのかは「内緒!」昨日のお友達も、ゲームのことは話したようですが、おやつについては一切口をつぐんでいたようです。お母さんがお聞きになっても。さすが緑組。今日も同じお約束だよ。よろしく。

f:id:encho-sensei:20180116214058j:plain f:id:encho-sensei:20180116214103j:plain f:id:encho-sensei:20180116214123j:plain f:id:encho-sensei:20180116214129j:plain f:id:encho-sensei:20180116214134j:plain

f:id:encho-sensei:20180116214140j:plain f:id:encho-sensei:20180116214144j:plain f:id:encho-sensei:20180116214149j:plain チャプレン先生とウルトラマン談義が始まりました。お互いによく知っていて顔負けです。すごいね。チャプレン先生も!

さあ、えらいことです。5時からの左京区の園長会に出席しなければならない園長先生。ちょうど、4時15分になったので、T先生が「ごちそうさまして、写真を撮って、ありがとうをして、コートを来て、さよならするよ!」と。ほんのひと時でしたが、「よく来てくださいました。ありがとう。」「私は24日やね」と待ってくれている第三弾のお友達にバトンを渡してくださいね。では、また明日。

 f:id:encho-sensei:20180116214153p:plain f:id:encho-sensei:20180116214158p:plain f:id:encho-sensei:20180116214204j:plain f:id:encho-sensei:20180116214207j:plain 

 

今朝は、車も外のホースもバリバリに凍っていましたね。車についた氷を洗い流そうと思ってホースを伸ばしてみたけれど、ぐきっ! ぐきっ!と音を立て、蛇口をひねっても水が出てくる前に、その音とともにホースの中で凍っていた氷が折れたのでしょうね。とっても綺麗な透き通った水晶のような氷が水とともにホースから押し出されてきたのです。出勤しなければと思いながら、その氷が出っきるまで水を出し続けました。なんて面白いことが起こっているのでしょう。何て綺麗な氷ができるのでしょうか。大人になっても楽しめることであるのですね。朝のほんのひと時でしたが、とても嬉しい気持ちになった一コマです。幼稚園に来てみると、チャプレン先生は塩をまいたり、歩道の氷を履いてくださったり・・。街路樹の植え込みにはまだまだ雪が残っていたのです。

そんな朝から、今日のグループ会の子ども達が、「今日はよろしくお願いします。」と声をかけてくれるのです。「はい、お待ちしています」と。幹事会でお餅つきの打ち合わせをし、少し仕事を片付けてから「じゃ、行ってきますね」と「どこ行くの」「今日来てくれる人のためにおやつを準備しに帰るわね」「よろしくお願いします。」15時頃、なにやら声がする!「ピンポ〜〜ん」と「どちらさまですか」すると一人ずつの名前を告げ始めました。かわいいでしょ!「あっ!、緑組さんね。どうぞお入りください。」一目散に走ってくる先頭。上着を脱ぎます。靴を揃えます。手を洗います。そして、自分たちが持参したゲームを広げて、女の子チームと男の子チームに別れて遊び始めます。園長も仲間に入れてもらって遊びます。幼稚園ではなかなかこんな風にじっくり遊ぶことができないので、素敵な時間になりました。「ありがとう。来てくださって。」そして、おやつをいただいて(内緒!)写真を撮ってもらって、「では気をつけてね」とお見送りしたのです。少し時雨れてきていたのですが、みんなちょっと興奮気味。そんな空からの水はへっちゃらちゃら。元気よく帰って行きました。また、明日ね

f:id:encho-sensei:20180115172244j:plain f:id:encho-sensei:20180115172248p:plain f:id:encho-sensei:20180115172251p:plain f:id:encho-sensei:20180115172254j:plain f:id:encho-sensei:20180115172257j:plain

f:id:encho-sensei:20180115172301j:plain f:id:encho-sensei:20180115172310j:plain f:id:encho-sensei:20180115172321j:plain f:id:encho-sensei:20180115172331j:plain

f:id:encho-sensei:20180115172305j:plain f:id:encho-sensei:20180115172314j:plain f:id:encho-sensei:20180115172318j:plain f:id:encho-sensei:20180115172328j:plain f:id:encho-sensei:20180115172334j:plain

 

やっぱり寒かったんだね。

今日も朝から、冷たかったですね。お砂場のシートを外すと、土とシートの間には氷が出来ていましたし、シートは氷にまみれてパリパリになっていたのです。 そうだ!見てみなくちゃ。昨晩の冷え込みが、ほら、こんな風に子ども達の実験を真っ向に捉えて、本当に水を凍らせてくれました。大成功です。綺麗な山茶花の花びらを入れたまま凍っていました。また、凍った上に葉っぱを浮かべてみました。沈んでいかないことを確かめるために。子ども達の実験は、これからもどんどん続けてほしいと思います。珍しいものに出会った時、不思議に思った時、さらに内容を深めたい時、積んでは崩し、積んでは崩しと、いわば3歩進んで2歩下がる、そんな風なちっちゃな歩みでもいいのです。子ども達の成長は、毎日の積み重ね。その歩幅がどうであれ、その子自身の歩みを続けているということが大切なんですね。特に、子ども達の関わりは、神様が創造された自然界との関わりが、なんて言ったって最大の不思議なのではないでしょうか。

そんなことに気づくためにも、子どもさんとの歩みを同じにしてみてください。今のこの時しかありません。同じ目線で、同じ方向を向いて、声かけあって、お互いの声を聞きあって、この幼稚園時代を共に楽しんでほしいと思います。そしていろんなものを、ことを体得したい、知りたいと思えるような様々なきっかけを投げかけてあげてほしいとも思います。この2日間のお休みに、どんなことを見つけ、どんなことを知りたいと思うのでしょうか。子ども達の報告を楽しみにしたいと思います。では良い週末を。

f:id:encho-sensei:20180112213220j:plain f:id:encho-sensei:20180112213224j:plain f:id:encho-sensei:20180112213227j:plain f:id:encho-sensei:20180112213230j:plain f:id:encho-sensei:20180112213234j:plain