忙しかったね、きょうは。

早くに来たお友達に、遊びでちょっと体力テストをしてみました。どれだけ飛べるのかな、と。大きい積み木の箱の上から、飛び降りるというものです。養生テープを切って床に貼り、30と50から110までの点数を書き、遠くまで飛び降りるテストなんですね。無理はしないでね。花組さんには手を添えて。10回ずつ飛んでみました。さすが緑組です。100や110など本当によく飛べるんですね。他のお友達も一度やってみるといいですね。運動会は済みましたが、跳ぶ、走る、飛び降りる、投げる、受ける、、、など体を使った基本動作がどれだけできるのかな?と神様から頂き、ご両親によって育てられた子ども達。苦手というふた文字からちょっと勇気を出して体のいろんな部分を使ってみたいものですね。

f:id:encho-sensei:20181017170759j:plain  f:id:encho-sensei:20181017170805j:plain f:id:encho-sensei:20181017170807j:plain f:id:encho-sensei:20181017170812j:plain f:id:encho-sensei:20181017170817j:plain f:id:encho-sensei:20181017170825j:plain f:id:encho-sensei:20181017170828j:plain  お礼拝堂の前に咲き始めた小菊や河原で取ってきてくれたススキの仲間のような花を幼稚園に持参。どこで摘んでくるかによって、生育している植物も異なるんですね。いろいろ探してきてくれると嬉しいです。お花の整理をしてくださっていたS先生に渡して、一緒に生けてもらうことにしましたよ。

そうこうしていると、幹事さんのお母さんがたがお庭に来てくださいました。今日は、春4月をお迎えするために 、緑組がお花の球根を植える日だったのです。それも、ジャンピングが10時から始まるので、それまでに植え終えねばなりません。お母さん助けてくださいね。今日植えた球根は、チューリップ・ムスカリラナンキュラス水仙をそれぞれに与えられたプランターに植えました。そして、各プランターに自分の名前を立ててもらって、お野菜を作った時と同じように、自分の責任でお世話をしなければなりません。水やり、草抜きなど。お日様(お天気)をよく見ながら水やりをしなければなりません。水のやりすぎは球根を腐らせますからね。綺麗な花が咲くまで、命の不思議が詰まっている球根。自分の命と置き換え、自分が成長してきていることを、一つの命を育てることによって、大切に感じ、愛を持って育てて欲しいと思います。あなた達もそのように育てて頂いているんだからね。これはフレーベルさんの教育思想の中の大切な一つなのです。お世話をすることでお母さんになります。さあ、頑張って下さいね。

f:id:encho-sensei:20181017170822j:plain  f:id:encho-sensei:20181017170830j:plain f:id:encho-sensei:20181017170833j:plain f:id:encho-sensei:20181017170837j:plain f:id:encho-sensei:20181017170842j:plain

f:id:encho-sensei:20181017170850j:plain f:id:encho-sensei:20181017170846j:plain f:id:encho-sensei:20181017170853j:plain f:id:encho-sensei:20181017170856j:plain f:id:encho-sensei:20181017170858j:plain

f:id:encho-sensei:20181017170901j:plain f:id:encho-sensei:20181017170904j:plain f:id:encho-sensei:20181017170906j:plain f:id:encho-sensei:20181017170910j:plain f:id:encho-sensei:20181017170914j:plain

f:id:encho-sensei:20181017171026j:plain f:id:encho-sensei:20181017171029j:plain f:id:encho-sensei:20181017171032j:plain f:id:encho-sensei:20181017171034j:plain f:id:encho-sensei:20181017171039j:plain 

午後からは、久々の「水曜預かり」の日。今日は9月の終わりに行ったお芋掘りで持ち帰ったお芋を使っての「sweet potate cake」作りだったのです。38人の参加申し込み。「ヒエ〜〜。」との嬉しい悲鳴。子ども達って、後から食べられるということもさることながら、「作る=お料理する」ことが大好きなのです。3クラスが混ざった6つのグループに分かれての作業。緑組がもちろんリーダーになります。蒸されたたサツマイモの皮を剥きます。それをボールの中で潰し、砂糖・バター・ミルク・バニラエッセンスを混ぜて、一人にふたカップ。ホイルに混ぜ合わされたお芋を入れます。卵黄を上に塗ってオーブンへ。焼けるまでとっても待ち遠しいですね。その間に手を洗ったり、エプロンを外したり、手遊びや、ゲームをしたり、そして、グループに分かれて食べられるように、机の準備を行いました。何にでも準備は大切。力を合わせて準備しましょう。お家でも、お料理のお手伝いを是非是非させてあげてくださいね。そして、「いただきま〜す」のお祈りで、あっという間にone cupを食べ終えたお友達。「スイートポテトはあまり好きでないねん」といいつつも。きっとみんなで作り、みんなで食べるととてもおいしい味に変化するのでしょうね。

f:id:encho-sensei:20181017171042j:plain f:id:encho-sensei:20181017171046j:plain f:id:encho-sensei:20181017171050j:plain f:id:encho-sensei:20181017171053j:plain f:id:encho-sensei:20181017171055j:plain

f:id:encho-sensei:20181017171057j:plain f:id:encho-sensei:20181017171100j:plain f:id:encho-sensei:20181017171102j:plain f:id:encho-sensei:20181017171115j:plain f:id:encho-sensei:20181017171117j:plain

f:id:encho-sensei:20181017171120j:plain f:id:encho-sensei:20181017171125j:plain f:id:encho-sensei:20181017171127j:plain f:id:encho-sensei:20181017171130j:plain f:id:encho-sensei:20181017171133j:plain

f:id:encho-sensei:20181017171236j:plain f:id:encho-sensei:20181017171238j:plain f:id:encho-sensei:20181017174132j:plain f:id:encho-sensei:20181017171243j:plain f:id:encho-sensei:20181017171246j:plain

f:id:encho-sensei:20181017171248j:plainf:id:encho-sensei:20181017171251j:plain f:id:encho-sensei:20181017171254j:plain f:id:encho-sensei:20181017171256j:plain f:id:encho-sensei:20181017171258j:plain

f:id:encho-sensei:20181017171301j:plain f:id:encho-sensei:20181017174255j:plain f:id:encho-sensei:20181017174418j:plain f:id:encho-sensei:20181017171308j:plain f:id:encho-sensei:20181017171312j:plain

f:id:encho-sensei:20181017171133j:plain f:id:encho-sensei:20181017171314j:plain 嬉しい、楽しい今日の水曜預かりのひと時でした。

 

今年はじめてのお散歩(動物園へ!)

新しい遊具が届きました。まるでチーズのようなのです。4切れになって、穴があき、そうですね。削っていただく美味しいチーズのようなのです。今朝、いち早く見つけた子ども達。出たり入ったり、また大型積み木を足したりして楽しんでいました。チーズはひと切れずつ外して色んな方向に組み合わせ自由なのです。チーズの家、お楽しみを

f:id:encho-sensei:20181016150531j:plain f:id:encho-sensei:20181016150533j:plain 

さあ、昨日お約束をしていたお散歩へ GO!  行き先は ZOO!子ども達は久々のお散歩でワクワク。歩きながら、「みどりぐみになって動物園にいくのはじめてやなあ」と。その通りです。いつもだいたいみんな出揃って動物園へ行くのは2学期かな? だって、花組さんを一緒に連れて行ってあげようと思ったらやはり、足並みが揃い、運動会でも頑張った頃を見計らって、ですね。また紅葉狩りにも行かなくっちゃね。で、緑組と花組。赤組と花組。赤組と赤組が手をつないで出かけました。横断歩道もしっかり、上手に渡れるようになっていました。やっぱり2学期ですね。

f:id:encho-sensei:20181016150536j:plain f:id:encho-sensei:20181016150538j:plain f:id:encho-sensei:20181016150541j:plain f:id:encho-sensei:20181016151928j:plain f:id:encho-sensei:20181016151939j:plain f:id:encho-sensei:20181016150544j:plain f:id:encho-sensei:20181016150546j:plain f:id:encho-sensei:20181016151952j:plain f:id:encho-sensei:20181016150549j:plain

動物園に着いたら、どういうことでしょう。たくさんの幼稚園・保育園。小学校。もう、動物園の中が街の中の賑わいのようです。何人もの他園の先生にお会いしたり、大にぎわいでした。で、2グループに分け、先生達も8人が付き添ったので、ペアじゃんけんで2グループに分かれました。勝った方が1グループ、負けた方が2グループ。

動物だけではなく、刈り取った稲が干してあったり、ホトトギスのお花がいっぱい咲いていたり、動物園の中で「秋」を感じることもできました。あまりのたくさんの人だったので、今日はゆっくりゆっくり。でも、類人猿のところで、色んなお猿達が、様々な顔やしぐさを見せてくれて子ども達も大喜びでした。今日は、子ども達の様子というよりは、動物達をいろいろ写してみたのでご覧ください。そして、またお家からもゆっくり連れて行ってあげてくださいね。大切な命の灯火が、辛くなってきているようなライオンおじいさんも横たわっていました。夏に出会った時よりももっと痩せていて、子ども達も「なんで?」と。ちょっと大人にとっては辛い場面ですね。夜になれば少しは動きを見せるのでしょうか?26年もの長い間頑張っているそうです。もおう少し、もう少し頑張れ! おじいさんライオン。命を大切に。しんどかったら寝ていていいよ。f:id:encho-sensei:20181016150552j:plain f:id:encho-sensei:20181016150554j:plain f:id:encho-sensei:20181016150559j:plain f:id:encho-sensei:20181016150601j:plain f:id:encho-sensei:20181016150604j:plain f:id:encho-sensei:20181016150607j:plain f:id:encho-sensei:20181016150611j:plain f:id:encho-sensei:20181016151128j:plain  f:id:encho-sensei:20181016151133j:plain f:id:encho-sensei:20181016151137j:plain f:id:encho-sensei:20181016151145j:plain f:id:encho-sensei:20181016151155j:plain f:id:encho-sensei:20181016151158j:plain f:id:encho-sensei:20181016151202j:plain f:id:encho-sensei:20181016151205j:plain f:id:encho-sensei:20181016151207j:plain f:id:encho-sensei:20181016151210j:plain f:id:encho-sensei:20181016151214j:plain f:id:encho-sensei:20181016151218j:plain f:id:encho-sensei:20181016151223j:plain f:id:encho-sensei:20181016151230j:plain f:id:encho-sensei:20181016151232j:plain f:id:encho-sensei:20181016151235j:plain f:id:encho-sensei:20181016151237j:plain f:id:encho-sensei:20181016151853j:plain f:id:encho-sensei:20181016151857j:plain f:id:encho-sensei:20181016151900j:plain f:id:encho-sensei:20181016151905j:plain f:id:encho-sensei:20181016151907j:plain f:id:encho-sensei:20181016151910j:plain f:id:encho-sensei:20181016151912j:plain f:id:encho-sensei:20181016151915j:plain f:id:encho-sensei:20181016151917j:plain f:id:encho-sensei:20181016151922j:plain                                  f:id:encho-sensei:20181016150556j:plain f:id:encho-sensei:20181016152006j:plain f:id:encho-sensei:20181016152019j:plain f:id:encho-sensei:20181016152101j:plain f:id:encho-sensei:20181016152111j:plain f:id:encho-sensei:20181016152122j:plain f:id:encho-sensei:20181016152134j:plain f:id:encho-sensei:20181016152146j:plain f:id:encho-sensei:20181016152206j:plain f:id:encho-sensei:20181016152218j:plain f:id:encho-sensei:20181016152236j:plain f:id:encho-sensei:20181016152247j:plain f:id:encho-sensei:20181016152258j:plain f:id:encho-sensei:20181016152309j:plain

10時にお礼拝を始め、手をつなぐお友達を決め、園庭に並び、さあ、行くよ。そして、「お帰りなさい」と。みんなよく歩きました。帰りの道では、さすがにみんなが「お腹がすいた〜」と訴え始めました。幼稚園に着いたら11時半。いい時間になりました。楽しかったね。往復ともチャプレン先生が先頭さんでした。Thank you verry much.

 

さあ、クリスマスへ・・・

今日も爽やかな秋の一日でしたね。巷ではハロウィンで賑わう日々ですが、幼稚園では、今日からクリスマスに突入。といっても、クリスマスのお話ではありません。イエス様がお生まれになることと、成長されて、神様のお仕事をされるようになるイエス様と深い関係のある人のお話でした。その名前は「ザカリヤさんとエリザベトさん」の老夫婦のお話です。念願の子供が授かることになったのですが、ザカリヤさんは神様のお告げを信じられずにいると、声を失ってしまったのです。ヨハネさんが生まれて、祝福されているところで「この子の名前は神様がお決めになったヨハネです。」といったとたんその神様への不信感が払拭されて、声を取り戻したというものです。ここで生まれたヨハネさんが、これからイエス様の誕生に関わってこられるのです。聖書のお話は旧約聖書新約聖書(イエス様がお生まれになる前と後のお話)に分かれています。旧約のお話は、ややこしい。難しい。その中で子ども達にもわかるお話を選び、善悪の判断も養われる内容であり、心優しく、また強くなれるような内容でなくてはなりません。本当に難しいですね。そしてそこにはいつも神様に守られていること、神様を信じることが根底になければなりません。子ども達の心は素直で、真っ白ですから、本当に真剣に聞いてくれます。それだけに責任重大であるとも思います。同じお話をしても、昨年と今年の表現は異なります。生きた人間が話し、聞いてくれる子ども達が違います。反応も異なります。発する言葉も違います。それに合った対応、反応も加えていかねばなりません。でも、これが楽しいのです。表情や言葉のやりとりなんです。目(視線)でのやりとりもあります。その時々の表情がなんとも良いものですね。素話の大切さは、集中力を養うのにもとても重要なのですね。当園で大切にしている教育内容のひとつです。折に触れ素話をまた読み聞かせをして、読書の秋を満喫できれば良いと思います。

f:id:encho-sensei:20181015184549j:plain f:id:encho-sensei:20181015184553j:plain f:id:encho-sensei:20181015184555j:plain

礼拝の後は歌の練習や、ゲームをし、お昼からはお庭で楽しく遊んだ一日でした。

f:id:encho-sensei:20181015184558j:plain f:id:encho-sensei:20181015184602j:plain f:id:encho-sensei:20181015184612j:plain f:id:encho-sensei:20181015184610j:plain f:id:encho-sensei:20181015184605j:plain

f:id:encho-sensei:20181015184614j:plain f:id:encho-sensei:20181015184618j:plain f:id:encho-sensei:20181015184621j:plain 明日は動物園へお散歩に行くね。

 

久しぶりに楽しかった!

今日はとても過ごしやすい一日でしたね。油断すると風邪でもひきそうに涼しく、時折寒く、お庭で遊ぶのにも心地よい時間が過ぎて行きました。今日の一日を振り返って。

お庭で、たね探しをしていました。今日の教材の為に。今日は緑組の担任が、私用で欠勤させて頂いたので、久々に園長が子ども達と一日を共に過ごすことになったのです。

f:id:encho-sensei:20181012211339j:plain f:id:encho-sensei:20181012211342j:plain f:id:encho-sensei:20181012211344j:plain f:id:encho-sensei:20181012211348j:plain f:id:encho-sensei:20181012211351j:plain

ホールでは、おままごとのパーティーグッズのおもちゃを新しく補充した為に、それに取り付かれた緑組が、思いっきり楽しんでいました。あと半年で小学生だから、今の間にいっぱい遊んでおくのもいいですね。

お庭でもお外でもいっぱい遊んで、9時45分に「お時間」皆で協力して、お片付け。

f:id:encho-sensei:20181012211355j:plain f:id:encho-sensei:20181012211357j:plain f:id:encho-sensei:20181012211401j:plain f:id:encho-sensei:20181012211404j:plain 

緑組の子ども達に声をかけました。「緑組さん、私と競争。トイレに行ってご本読みをして待っているのと、私がご用を済ませてホールに戻ってくるのと競争するよ。」すると、えらいこっちゃ!と大急ぎで、声を掛け合っていました。そして、戻って職員室からそっと様子をうかがっていると、相変わらず座る順番で、ああでもない、こおでもないと、まだ絵本読みには至っていません。今日は、こんなことを考えていました。真ん中の黄色い丸から1歩外に自分の椅子を置いて、小さな丸になって座る、よいうことを

そのことを伝えてから、先生用の椅子を置きなおすと、それにつられて自分の椅子を置きはじめました。でも、隣へ隣へ置くということに気が入って、黄色丸から1歩外という初めての言葉?には気も止めていません。それより自分が誰の隣に座るのかということに注視しているのです。なので、丸にはなりません。こうして座るということ・・と説明し、どんな風にするのかを知らせて、緑組だけの小さな円をつくって、絵本読みが始まったのです。今日は園長先生が緑組さんと一緒に過ごしますのでよろしく。

f:id:encho-sensei:20181012211406j:plain f:id:encho-sensei:20181012211409j:plain f:id:encho-sensei:20181012211411j:plain f:id:encho-sensei:20181012211414j:plain f:id:encho-sensei:20181012211418j:plain

そして、まず、今日は朝から何をして遊んだのか、どこが楽しかったのか、を一人づつ発表の場を設けました。自分のしたことだから説明がしやすいのですね。でも、人の話を聞かずに自分が発言しようとする。いえいえ、「今は、あなたには聞いていません。・・のお話の順番です。」「人の話を聞いてくださいよ。」と。我慢をしっかり意識付けてもらいたいことと、自分の番の時にはしっかり話すことを知って欲しいのです。さあ、それから、毎日読んでもらっている本の続きを読もうとしました。「今日は何ページからなの?」みんなぽか〜〜ん。「そんなこと聞いてへん」と。じゃ、と説明を始めた園長。この本は、全部で何ページあるのか、H先生が挟んでくださっていた髪はここ、と見せると「あ、半分や!」「なら何ページくらい?」「50ページ」とか「40ページ」とか。口々に。ならば、「何ページか見てあげるわね。」「ええと60ページ」

「じゃ、もし今日読み終わったところが20ページだったら明日は何ページから読んでもらうことになるの?」「21ページ」「じゃ72ページだったら?」「73ページ」としっかり数列は把握しているのですよね。と読み始めて、読み終わって「次は、・・ページから続きを読んでもらってください。紙は挟みません。覚えておいてくださいね。」さらに、お名前準備をしてから、全員出席、今日は何回目。「85回目なの?」「たぶん」との返事。緑組という年長において、小学校まであと半年。幼少連携において、お勉強を幼稚園で教えることはないけれど、生活を通して学習をしていくことはとても大切なのです。それが小学校へ行った時に勉強という教科書を通して学習することにつながるからです。ご家庭でも、日々の生活の中で、大人が投げかけるひとうひとつの言葉で、子ども達の気づきがいっぱい増していきます。楽しく学習できるのが、幼稚園の生活を通した総合的な学習なのです。f:id:encho-sensei:20181012211623j:plain f:id:encho-sensei:20181012211620j:plain 

さあ、赤組さんもホールに出てきましたよ。合同保育の始まりです。で、今日は、やはり子ども達の集中力をより一層高めるために、赤組と緑組で、黄色筋から3歩外にした、先ほどよりは大きな円になることにしました。今年の人数では、半円にしかなりません。子ども達の集中力を高めるために綺麗な小さな丸が出来ました。お礼拝に続いてM先生の素話。子ども達のこの集中力をみてください。

f:id:encho-sensei:20181012211422j:plain f:id:encho-sensei:20181012211425j:plain f:id:encho-sensei:20181012211427j:plain f:id:encho-sensei:20181012211430j:plain f:id:encho-sensei:20181012211433j:plain

f:id:encho-sensei:20181012211436j:plain f:id:encho-sensei:20181012211439j:plain f:id:encho-sensei:20181012211542j:plain f:id:encho-sensei:20181012211545j:plain f:id:encho-sensei:20181012211547j:plain

f:id:encho-sensei:20181012211550j:plain f:id:encho-sensei:20181012211553j:plain f:id:encho-sensei:20181012212209j:plain f:id:encho-sensei:20181012211603j:plain f:id:encho-sensei:20181012211605j:plain

f:id:encho-sensei:20181012211608j:plain f:id:encho-sensei:20181012211610j:plain お話が終わって園長が引き継ぎました。昨日からどのように展開していくのが良いかな? と思いながら、M先生にあるものを買ってきておいて、と。で、袋の中からおもむろに取り出したのは、今日のお話に出てきたカニと猿がかえっこした果物。でも、その果物を見せるということではなく、その中にある「命」を感じて欲しかったのです。これがあるから、これを植えるから、お水を撒くから、これと替えっこしたから、大きな木になって・・・。と、柿を半分に切ってみました。そして、その中の茶色いものに包丁が上手く当たって半分に切れました、思った通りに・・。子ども達に見せて回りました。すると、子ども達の口から「へえ、柿の種ってこんななってんにゃ」とか「これが柿の種?」と。やはり、危惧していた通り。今時の柿は、ぶどうは、種なしが出回っていて、種を知らないのでは、まして種の中の小さな胚芽なんて見たこともなくて。もう一つは横切りにしました。すると、お花のように綺麗にたのの位置が見えるんですね。種を数える子どももいましたよ。では、「皮がついたままではあまり匂いがしないね。ちょっと待って!」と薄くスライスした柿の一切れをみんなの口へ入れていきました。「もし種があったら自分で出しなさい」と。

あっ! 種をお庭に植えるのを忘れたね。また月曜日に。

f:id:encho-sensei:20181012211628j:plain f:id:encho-sensei:20181012211632j:plain f:id:encho-sensei:20181012211635j:plain f:id:encho-sensei:20181012211639j:plain f:id:encho-sensei:20181012211641j:plain f:id:encho-sensei:20181012211644j:plain f:id:encho-sensei:20181012211646j:plain f:id:encho-sensei:20181012211748j:plain f:id:encho-sensei:20181012211750j:plain f:id:encho-sensei:20181012211752j:plain f:id:encho-sensei:20181012211756j:plain f:id:encho-sensei:20181012211759j:plain f:id:encho-sensei:20181012211802j:plain それから、この種があるから、命が生まれ、大きくなって、お花が咲いて実がなるとの一連を勉強しました。種があるから命につながること。緑組のAちゃんと一緒にお庭で見つけた種もみんなに見えてもらったのです。暑い夏から秋へ移ってきた時、しっかり実が、種ができているんです。エノコログサ(猫じゃらし)・ツユクサ・芙蓉・イヌタデ・マンサクのためを皆で見つけてみました。芙蓉はちっちゃな種がいっぱいふわふわ もふもふの中にうずくまっていたよね。「あなた達もちっちゃな卵から出来上がったんだよ!」って。びっくりだね。

 

f:id:encho-sensei:20181012211805j:plain  f:id:encho-sensei:20181012211809j:plain f:id:encho-sensei:20181012211813j:plain f:id:encho-sensei:20181012211818j:plain f:id:encho-sensei:20181012211822j:plain

f:id:encho-sensei:20181012212335j:plain f:id:encho-sensei:20181012211828j:plain                  

そして、皆で柿取りに出かけましたよ。ピアノが止まったら柿を取る。恩物を少しづつ減らしていき、最後は二人の勝負。今日は赤組の金メダルと緑組の金メダルの二人で決勝。マリアいちを決めました。さすが緑組Kちゃん。本当に素早いその早業テクニック。もう一つ柿メダルを差し上げました。

 f:id:encho-sensei:20181012211831j:plain f:id:encho-sensei:20181012212209j:plain f:id:encho-sensei:20181012233850j:plain f:id:encho-sensei:20181012233852j:plain f:id:encho-sensei:20181012233855j:plain f:id:encho-sensei:20181012233858j:plain f:id:encho-sensei:20181012233901j:plain f:id:encho-sensei:20181012233905j:plain f:id:encho-sensei:20181012233907j:plain f:id:encho-sensei:20181012233910j:plain f:id:encho-sensei:20181012233912j:plain f:id:encho-sensei:20181012233915j:plain 今日は、お昼も赤組と緑組の皆で一緒に食べましたヒントを与えると、どの机にも赤組と緑組が入るように子ども達が考えて座りました f:id:encho-sensei:20181012233917j:plain f:id:encho-sensei:20181012233919j:plain  f:id:encho-sensei:20181012233922j:plain f:id:encho-sensei:20181012233924j:plain f:id:encho-sensei:20181012233927j:plain        お昼から早速種探し・・・。お庭でおままごとのおもちゃなしで遊びます。どんな風にして遊ぶかな?子ども達は遊びの名人です。ですが、ここで、お約束。「今長い針が3のところ。9になったら、自分たちでお時間にしてお部屋に入ってくださいね。」果てさて誰が気付いてくれるのでしょう。これも大切な毎日の生活の中に生かされねばならない自分の気づきですね。そして、おもちゃはないけれど、乗り物は OK。いち早くビッグライダーに駆け寄ります。ならば、と、ビッグライダー競争をしました。なかなか運転上手です。慌てて転けることもなくバランスをとって上手に運転していましたよ。で、タイムキーパーならぬ、「あと何分だし・・」と気にしていた緑組のTくんに、ちょっと耳打ち。そしてお誘いの声で、皆お部屋に入ることができ、手を洗って DVD。

1学期のお話の「ヨセフ物語」。そうなんです。人を騙して、いじわるしたけれど、赦していただけたことにありがとう。なんだかサルと同じだね。

今日は、楽しかった。久しぶりに全部の時間を子ども達と過ごせて。またお邪魔します。「園長先生、今日はありがとうございました。」と2人の女の子がおかえりに声をかけてくれました。ありがとう。こちらこそ。

自分で考えて、やってみようよ。

8時までに登園するお友達。運動会の自主練の続きで縄跳びを、と思いきや、縄跳びのケンケン跳びにバック跳びができる様になってきていました。凄いね。お互いに刺激しあって切磋琢磨している姿は、さすがみどり組ですね。そんなお兄さんとお姉さんの間にニコニコでやってきたのは、お母さんが幹事さんの仕事のため。早くやってくると自分の中で、頑張ろうスイッチが入るのかな? なかなかいい調子だね。

f:id:encho-sensei:20181011184927j:plain f:id:encho-sensei:20181011184931j:plain f:id:encho-sensei:20181011184933j:plain f:id:encho-sensei:20181011184936j:plain f:id:encho-sensei:20181011184940j:plain 

今日は、pre-preのお部屋にお邪魔してみたいなあと。たくさんのお友達に増えてきたpre-preちゃん。今日は一人お休みで8人(月:8人 / 火:7人 / 木:8人 / 金:6人の参加人数)のお友達。みんなの参加曜日が異なりますが、子ども達はすぐに、いつでも友達になれるんですね。お時間になって、はてさて何を教えてもらっているのかしら?

すると、物の名前を覚えてみること。 そうね、「あれ!」「それ!」腕を伸ばすだけで、物を持ってもらえるのではなく、言葉を使って「お願いする」ことや「お礼をいうこと」など、小さいながらも少しずつ、自分の言葉を適切に使えるようになるって大切ですね。これは、花組でも赤組でも組であっても、それぞれの年齢にあった大切な言葉や使い方があることを、私たち大人が認識しなければなりませんね。親子の会話には、本当に語彙が少なくて、なんでも事足りてしまうからね。でも絵本の力を借りて、親子がお互いに学んでみることも必要ではないでしょうか。リュックサック・タオル・パンツ・靴下・シャツ等々をみんなで確かめあって、畳んでみたり、元にあったところにかたずけるなど。生活そのものなのですね。pre-preは。そして、時々の失敗は誰しもありますが、自分でトイレに行けるようになれば、しっこもうんちもトイレやおまるで出来るといいのにね。お尻に挟んでいるって気持ちが悪いから、ばい菌がいっぱいついてきたないしね。病気になったら大変!とお話ししました。みんなしっッカリお話しを聞いていられるのことは関心です。鼻をかんだらゴミ箱に捨てることも教えてもらました。ゴミ箱ってどこにあるのでしょう。

f:id:encho-sensei:20181011184950j:plain f:id:encho-sensei:20181011184955j:plain f:id:encho-sensei:20181011184957j:plain f:id:encho-sensei:20181011185004j:plain f:id:encho-sensei:20181011185009j:plain f:id:encho-sensei:20181011185013j:plain f:id:encho-sensei:20181011185015j:plain f:id:encho-sensei:20181011185017j:plain f:id:encho-sensei:20181011185021j:plain f:id:encho-sensei:20181011185024j:plain f:id:encho-sensei:20181011185028j:plain f:id:encho-sensei:20181011185031j:plain f:id:encho-sensei:20181011185033j:plain f:id:encho-sensei:20181011185042j:plain f:id:encho-sensei:20181011185045j:plain f:id:encho-sensei:20181011185047j:plain f:id:encho-sensei:20181011185050j:plain f:id:encho-sensei:20181011185055j:plain f:id:encho-sensei:20181011185058j:plain f:id:encho-sensei:20181011185102j:plain f:id:encho-sensei:20181011185106j:plain f:id:encho-sensei:20181011185038j:plain さあ、みんなで覚えたいろんな物を、きれいに片付けられましたよ。次は??お弁当ですよね。お帰るするお友達もありますが、もうすぐみんなでご一緒におべんとうを食べることがありますよ。楽しみですね。初めての社会生活で、年齢にあった様々なカリキュラムを考えて、子ども達の成長をお助けできるといいですね。生活と保育・教育なのです。pre-preちゃんは。

お隣の花組さんは、物の名前ではなくて、4月から一緒に過ごしているお友達の名前当て! をしているのです。なかなか楽しそうに頑張っています。お友達の名前を知ることも、この小さな社会の集団に身を置くときには、とても大切なこと。お祈りをする時も、今日のお休みのお友達に気づくことも、それぞれのお友達を知る手立て、知りたいと思う気持ちにもつながれば、お名前を覚えることは欠かせません。仲良しのお友達のお名前はもちろん、同じクラスのお友達、違うクラスのお友達までも覚えると、どんどん社会が広がっていくというものです。物に、人に、どんなところで、何をするのか、しているのか、記憶装置にswich onなんですね。

f:id:encho-sensei:20181011185202j:plain f:id:encho-sensei:20181011185211j:plain f:id:encho-sensei:20181011185214j:plain f:id:encho-sensei:20181011185207j:plain                                                                                                

f:id:encho-sensei:20181011185217j:plain f:id:encho-sensei:20181011185158j:plain f:id:encho-sensei:20181011185221j:plain f:id:encho-sensei:20181011185223j:plain お芋も描けたよ

赤組さんは、教会会館を借りて先日の運動会の絵の仕上げ。自分が楽しかった場面をクレヨンで描き、絵の具を使ってのはじき絵をしました。なぜクレヨンで描いたら、絵の具をはじくのかなあ? 運動会は体育館であったので、バックの色は、青空ではないねえ?? でも、床の色で塗るのも、面白くない! 子ども達の感性は? どうかしら。ならば、自分の好きな色を選んで見れば? みんなきれいな色を使い、楽しげな明るい絵になったように思います。またお見せしましょうね。考えて、集中して、それぞれが楽しみながら取り組む。お友達の好きな色に惑わされずに、自分の色が選べる。そんな気持ちを大切にしながら一生懸命頑張っている姿をご覧下さい。待っている人は、ブロックで遊んで待ちます。よかった、よかった。

                    f:id:encho-sensei:20181011184946j:plain f:id:encho-sensei:20181011185233j:plain                            f:id:encho-sensei:20181011185230j:plain f:id:encho-sensei:20181011185225j:plain f:id:encho-sensei:20181011185238j:plain f:id:encho-sensei:20181011185242j:plain f:id:encho-sensei:20181011185246j:plain

f:id:encho-sensei:20181011185251j:plain f:id:encho-sensei:20181011185255j:plain f:id:encho-sensei:20181011185257j:plain f:id:encho-sensei:20181011185300j:plain f:id:encho-sensei:20181011185303j:plain

f:id:encho-sensei:20181011185305j:plain f:id:encho-sensei:20181011185308j:plain f:id:encho-sensei:20181011185313j:plain

今日は、お休みのお友達もあったので、全員ではありませんが。自分で工夫しながら、考えて色を塗る。どこにぬろうかな? 白い画用紙の色が残っているのはどこかな?

一人一人の性格が垣間見られ、なるほどと思いました。筆の使い方も上手に成ってきましたね。またいろんな道具を使って、様々な絵に挑戦してみましょうね。

 

避難訓練?!そして、運動会のあとのリラックス。

「みなさんおはよ! 運動会に僕を私を釣ってくれてありがとう」と皆を待っていたお魚たち。「忘れずに連れて帰ってね。」と。今頃お家でどうしているのかなお魚たち。

綺麗になりかけた葉っぱや実を手に持ってきたよね。また、まいにち素敵な発見をしながら、神様のお造りになった賜物を持ってきてみんなに見せてくださいね。

f:id:encho-sensei:20181010193200j:plain f:id:encho-sensei:20181010193202j:plain

今日は避難訓練の日。花組さんも螺旋階段を使っての訓練。みんなお庭に出たところに、緑組のジャンピング! 「宇野先生、ちょっと待っててね」ジャンピングをしている時にだって何かが起こるかもしれません。で今日は園長が月カレに記入忘れだったもので、「ええ〜〜! スカートできたわ」と言った女の子も。「そうね、ごめんね。」「スカートの下に半パンツ履いているからこれ脱いでもかまへんから、これでする!」と。いい子だね。

f:id:encho-sensei:20181010193205j:plain f:id:encho-sensei:20181010193208j:plain f:id:encho-sensei:20181010193210j:plain f:id:encho-sensei:20181010193213j:plain f:id:encho-sensei:20181010193215j:plain

f:id:encho-sensei:20181010193218j:plain 緑組からホールに入って、宇野先生の手に。そしたら、なんと、宇野先生も考えてくださっているではありませんか。運動会の後であることと、次に取り組むであろういつものボールに繋いで、ドッジボールのゲームをして下さったのです。

f:id:encho-sensei:20181010193222j:plain f:id:encho-sensei:20181010193227j:plain f:id:encho-sensei:20181010193229j:plain f:id:encho-sensei:20181010193234j:plain f:id:encho-sensei:20181010193236j:plain

f:id:encho-sensei:20181010193238j:plain f:id:encho-sensei:20181010193241j:plain f:id:encho-sensei:20181010193313j:plain ストレートで投げること、ワンバウンドで投げること、相手のボールをうまく拾うことetc.につながっていきます。でも、今日はお楽しみのゲーム大会でした。ドッジボールがどんなに楽しいゲームか。ボールひとつで遊べる素晴らしいゲームなのです。昔は本当によくしたものです。ボールで遊ぶということの楽しさ、面白さ、人の動きを見なければならないこと、集中しなくてはならないこと、共同で遊べること、協力して作戦も練れることetc.・・・。恩物でもそうですが、ボールほど子供の心をとらえるものはないのではないかと思うくらいの遊具のひとつなのです。箱ドッジ、バラドッジ・・。サッカー、バレーボール、バスケ、そして野球など、様々なボールゲームがありますが、基本の基本がドッジボールではないかと思います。よかったね。楽しかったね。緑組さん。これから一つになって思いっきり楽しんで遊べるかもしれませんね。自分たちで工夫してごらんなさい!

その間に花組さんと赤組さんは、二階で一緒にお礼拝もして、スキップやおはようスキップなど、こちらも運動会の後であり、今日は午前保育だったので、ほんの束の間でしたが、楽しく過ごしたのでした。では、またあした。

f:id:encho-sensei:20181010193231j:plain f:id:encho-sensei:20181010193244j:plain f:id:encho-sensei:20181010193247j:plain f:id:encho-sensei:20181010193251j:plain f:id:encho-sensei:20181010193255j:plain

f:id:encho-sensei:20181010193259j:plain f:id:encho-sensei:20181010193303j:plain f:id:encho-sensei:20181010193307j:plain f:id:encho-sensei:20181010193309j:plain

思い思いに取り組んだ一日

無事運動会を終えて、日曜日と体育の日の2日間に区民運動会もあった所もあり、スポーツの秋を楽しまれたことでしよう。そして、休みはゆっくりされたのでしょうか。

今日は子ども達は1人がご用でお休みでしたが、病気の子ども達はいなくて元気いっぱいのいち日を過ごしました。

f:id:encho-sensei:20181009191434j:plain f:id:encho-sensei:20181009191437j:plain 土曜日と日曜日の2日間にガラス飛散防止フィルムを貼って下さいました。これで安心とは思いませんが、様々な手立てにより、子ども達の命を少しでも守る体制になるのなら、とても重要なことですね。災害のないことを!

f:id:encho-sensei:20181009191441j:plain f:id:encho-sensei:20181009191445j:plain f:id:encho-sensei:20181009191448j:plain f:id:encho-sensei:20181009191455j:plain f:id:encho-sensei:20181009191458j:plain

赤組さんのお部屋には、なんと!忍次郎からの手紙が壁一面に。そして、お休みの間にお出かけして、秋の味覚を手に入れ、幼稚園に持ってきてくれたお友達。皆どんな秋を楽しむのかな? 食欲、スポーツ、読書、芸術・・・集中して大人も子どももお楽しみを

f:id:encho-sensei:20181009191510j:plain f:id:encho-sensei:20181009191500j:plain f:id:encho-sensei:20181009191503j:plain f:id:encho-sensei:20181009191506j:plain 2週間前の献金礼拝でお話しした「サムエル」さんのお話しの続き。神様のお仕事しているサムエルさんが、イスラエルまで次の王様になる人を探しに来ました。神様のお声に応えて。次の王様になる人は、ダビデさん。そのダビデさんがすごい戦いをするのです。???そして、これから続くお話しの大切な人となっていくのですよ。

f:id:encho-sensei:20181009191514j:plain f:id:encho-sensei:20181009191523j:plain f:id:encho-sensei:20181009191542j:plain f:id:encho-sensei:20181009191625j:plain                                  

緑組と赤組さんは運動会の楽しかった絵を描いてみました。出来上がったら、また展覧会をいたしましょうね。皆どんなことが楽しかったのでしょうか。         

f:id:encho-sensei:20181009191528j:plain f:id:encho-sensei:20181009191518j:plain f:id:encho-sensei:20181009191628j:plain f:id:encho-sensei:20181009191521j:plain f:id:encho-sensei:20181009200122j:plain

 

f:id:encho-sensei:20181009191532j:plain f:id:encho-sensei:20181009191630j:plain f:id:encho-sensei:20181009191633j:plain 見てください。pre-preちゃんもスポーツの秋かな? トランポリンで体全体を鍛えていますよ。やってみると楽しいよ!

f:id:encho-sensei:20181009191535j:plain f:id:encho-sensei:20181009191538j:plain f:id:encho-sensei:20181009191540j:plain f:id:encho-sensei:20181009191640j:plain  f:id:encho-sensei:20181009200207j:plain                 

f:id:encho-sensei:20181009200314j:plain f:id:encho-sensei:20181009191638j:plain f:id:encho-sensei:20181009200656j:plain

 花組さんは、恩物を使って、「たま隠し」や「たま取り」をして、視覚を使ったり、俊敏性を磨いたりと・・その中には大切なルールが潜んでいます。ルールがあることを覚えねばなりませんし、そのルールを守らないと楽しくないし、体の様々な部分をうまく使えるように、いろんな機会を投げかけながら、ある時は静かに集中して、ある時は大いに笑って、ある時は積極的に・・自分の気持ちも磨いて下さいね。

f:id:encho-sensei:20181009200820j:plain f:id:encho-sensei:20181009200824j:plain f:id:encho-sensei:20181009200828j:plain f:id:encho-sensei:20181009200831j:plain f:id:encho-sensei:20181009200836j:plain

f:id:encho-sensei:20181009200839j:plain f:id:encho-sensei:20181009200843j:plain f:id:encho-sensei:20181009200847j:plain f:id:encho-sensei:20181009200851j:plain f:id:encho-sensei:20181009200853j:plain

f:id:encho-sensei:20181009200857j:plain f:id:encho-sensei:20181009200900j:plain f:id:encho-sensei:20181009200902j:plain f:id:encho-sensei:20181009200904j:plain f:id:encho-sensei:20181009200907j:plain

f:id:encho-sensei:20181009200912j:plain お弁当の後は、お庭でいっぱい楽しんだ子ども達。お日様の下で、今日は本当に素敵な天候に恵まれての大切な時間を過ごしました。思い思いの楽しみ方は、誰にも止められない子ども達にとっての至福の時。そこにお友達が居て、同じことをしている場があったり、自分の頭の中で想像を巡らせ乍ら一人楽しんでいたり、とにかく自分の気持ちを出し切れるように、そんな物や場や人に出会えるように。また明日