リハーサル、スムーズに終了。感謝。本番まで、あっという間だよ。

今日の気温は一日中10度以下という寒い一日でした。でも、お礼拝堂は熱い思いでいっぱい。緊張の糸が今にも切れそうな子ども達の顔。このお礼拝堂でのページェントは、他の劇ごっこに比べれば、練習する期間も短く、お役も決まっています。でも、子供達の心を体をいえ、全てを虜にしてしまうのがこのページェントなのですね。そして、何年たっても、忘れられないのがこの聖劇なのです。だって、神様のお一人子が人間の中に赤ちゃんとしてお生まれになるのですから。卒園しても、一番心に、思い出に残っているのが、ページェントだと、卒園生の多くが話しています。そんなすごいことが続けられていることに深く感謝いたします。保護者のコーラスの方々のきれいな声が礼拝堂に響いていました。本番は、男性のパートも加わっていただきますから、さらに深みが増しますね。楽しみです。感謝します。嬉しいです。宜しくお願いします。

f:id:encho-sensei:20181213182752j:plain f:id:encho-sensei:20181213182759j:plain f:id:encho-sensei:20181213182815j:plain                f:id:encho-sensei:20181213183255j:plain

f:id:encho-sensei:20181213183231j:plain f:id:encho-sensei:20181213210833j:plain f:id:encho-sensei:20181213210953j:plain f:id:encho-sensei:20181213210959j:plain f:id:encho-sensei:20181213211035j:plain

みんなみんな、お衣装をつけ、本当に本番さながらの練習を進めました。ろうそくも灯してみたり・・・。明日は練習は致しません。お天気が良ければお庭でいっぱいあそぶのかな? しっかり充電していただきましょうね。お家でも 幼稚園でも大人も子供も、頑張ったら、充電が必要になりますね。それぞれに必要な時間と内容をよく考えてまた来週の月曜日に備えましょうね。

明日は、京都市の監査です。初めてお越し頂くだけに、ドキドキですね。でも、京都市の方々も幼稚園は初めてとのことですので、行政の方も「はじめてですので、よろしおくお願いします』とおっしゃっています。いろいろお互いに教え、教えられての時間になるのかもしれません。何れにしても、初めてのことは大変だけれど、次に繋げる大切なこと。そして今まであまり気に留めていなくて良かったことも、実際はこんな風に覚えておかねばならないんだとの前向きな捉え方で頑張りたいと思います!!

今日はページェントの前撮り。

今日は、ページェントのお写真、前撮りの日。そして、一年生との居残り練習も最終回でした。今日の写真は、年度末にお渡しするアルバムに貼って差し上げます。ただ、お休みしているお子さんもありましたし、一年生にお手伝いいただいている部分もありますので、今日の写真から全てを選択するわけではありません。また、お買い求め頂く前には、幼稚園で必要な写真を選択してから、保護者の方々にお示ししてお買い求め頂くことにいたします。全員がお衣装をつけましたが、全てを見ていただきますと楽しみもなくなりますので、今日のお写真はありません。場面としては、全体・マリアとガブリエル・大天使と小天使・大天使と羊飼い・羊飼いと羊たち・星と博士など。どうぞお楽しみに。そして、いよいよ明日はリハーサルです。コーラスのお母様方よろしくお願いいたします。9時半スタートです。明日のリハーサルのお写真も写していただきます。そして、もちろん本番当日は、写真とビデオの本格的な撮影になります。

そして、明日が終われば、14日(金)は子供達に息抜きをしていただく予定です。さらに、土曜日と日曜日にしっかり心身ともに体力をつけて、月曜日の最終練習に臨みたいと思います。お休みが入りますと、せっかく練習を重ねてきたことが、崩れてしまっています。大声の練習は要りませんが、必要最小限の練習はしておいてくださいね。特に緑組のメインキャストは、心してよろしくお願いいたします。あす、礼拝堂に素敵な歌声が響きますように。みんなが本真剣になって、世界に愛の歌声を響かせましょう。

f:id:encho-sensei:20181212182727j:plain 

 「神はその独り子を賜ったほどにこの世を愛してくださった」

ホラ! こんなに可愛いんですよ。こんなに素敵なんですよね。

今日も寒くなりました。子ども達は元気一杯。さあ、今日は今週最後の練習日。明後日のリハーサルに備えて頑張らねば。花組はひつじも小天使も衣装をつけてみました。赤組は全員が赤いはかま(スカート)を履いてみました。上のコッターは? といえば、そう、明日の写真撮影に、くしゃくしゃになっていれば困るので・・・と。しっかり子ども達は把握していました。また、緑組も衣装を着用して練習に臨みました。すると、マリア様の登場で、花組も赤組もし〜〜ん! じ〜っと見入っていました。みんなの姿を見ていると、え! 本番と思うようでした。が、あと少し、がんばろうね。だって、緑組は、ベストリーでぺちゃくちゃしゃべっていて叱られたそうだし、そのようにメインキャストの気が抜けていたら大変だものね。油断大敵。せっかく練習していたことが崩れないように。それにしても今日は赤組さんのお歌はとても上手でしたね。でもね。残念。途中、同じ場面で決まったお友達がトイレに立っていく場合があるとか、それもちょっと困りますね。緊張だとは思いますが、まだ始まってすぐなのに。トイレに行っておくのも大切な準備です。そして、一生懸命頑張っているお友達のことを見てあげられないのはとても残念です。だって、自分が頑張っている時に、見てもらえないことを考えてみるとそのことがよくわかりますものね。花組さんも上手だったけれど、1番と2番の歌詞が逆さまになっているところがあるし、赤組さんと同じように、緑組や赤組が歌や説明をしている時には、立ってうろうろしないで、頑張って見ていてあげて欲しいと思います。まだ小さいから長い時間座っているのは大変ですが、1月になればすぐ赤組のご準備が始まりますし、大切な場面では、小さくても我慢することを覚え、それが積み重ねられていけるようになりましょうね。当日は、暗い礼拝堂、暖かい礼拝堂で、もしかしたらスヤスヤひつじや小天使が現れるかもしれませんが。こうして練習を重ねていても、当日の雰囲気は全く異なります。チャンセルの上で自分のお役を果たそうとする子供達の緊張感を守ろうと、その子供の気を散らさないようにと、先生たちも同じように緊張いたします。できる限り、特に緑組のメインキャストが集中できるように、羊を連れ出すのも、小天使の羽をつけるのも、赤組がグループ別に出てくるその場面でも、誰かが、トイレに行きたくなる時も、先生たちは息をひそめる感じで、対応いたします。その先生たちの姿を直近で見てくださるお客様がた、また二階のギャラリーから見てくださっているコーラスの保護者の方々は、異口同音に「先生方、大変ですね。」と言ってくださいます。だって、子供たちは一生懸命なのですから。その一人一人の子供達に添うためには、先生たちも頑張っている一人一人に目を向け、それぞれに任された担当を緊張した気持ちで取り組ませていただくのは当たり前、といえば本当に当たり前なのです。私たちは、子供達のために、皆様に、そして神様に喜んでいただけるようでなければならないからです。さあ、一歩づつ近づいてきたその喜ばしい日のために頑張りましょう。神様がお造りになったこの地球のあちこちで、今、様々な問題が勃発しています。フランス、イギリス、アメリカ、カナダ・・・などの大国で。「天の神様、世界中のひとたちをおまもりください。」というマリアさまとヨセフさまのお祈りが、みんなのお心にあるお祈りとともに、愛の光となって世界中に届きますように。

f:id:encho-sensei:20181211211538j:plain f:id:encho-sensei:20181211211541j:plain f:id:encho-sensei:20181211211544j:plain f:id:encho-sensei:20181211211548j:plain f:id:encho-sensei:20181211211552j:plain

f:id:encho-sensei:20181211211556j:plain f:id:encho-sensei:20181211211601j:plain f:id:encho-sensei:20181211211608j:plain f:id:encho-sensei:20181211211610j:plain f:id:encho-sensei:20181211211615j:plain

f:id:encho-sensei:20181211211618j:plain f:id:encho-sensei:20181211211620j:plain f:id:encho-sensei:20181211211623j:plain f:id:encho-sensei:20181211211626j:plain f:id:encho-sensei:20181211211629j:plain

f:id:encho-sensei:20181211211632j:plain f:id:encho-sensei:20181211211636j:plain f:id:encho-sensei:20181211211706j:plain f:id:encho-sensei:20181211211711j:plain f:id:encho-sensei:20181211211716j:plain

f:id:encho-sensei:20181211211719j:plain f:id:encho-sensei:20181211211724j:plain f:id:encho-sensei:20181211211728j:plain f:id:encho-sensei:20181211211731j:plain f:id:encho-sensei:20181211211735j:plain

f:id:encho-sensei:20181211211738j:plain f:id:encho-sensei:20181211211743j:plain f:id:encho-sensei:20181211211747j:plain f:id:encho-sensei:20181211211752j:plain f:id:encho-sensei:20181211211755j:plain

f:id:encho-sensei:20181211211759j:plain f:id:encho-sensei:20181211211803j:plain f:id:encho-sensei:20181211211853j:plain f:id:encho-sensei:20181211211856j:plain f:id:encho-sensei:20181211211859j:plain

f:id:encho-sensei:20181211211903j:plain f:id:encho-sensei:20181211211907j:plain f:id:encho-sensei:20181211211910j:plain f:id:encho-sensei:20181211211914j:plain f:id:encho-sensei:20181211211918j:plain

f:id:encho-sensei:20181211211921j:plain

 

あと1回でリハーサル

今日は、本当に寒い日になりましたね。1週間の間に夏から秋へ、そして、冬へ。手袋をはめてきたお友達もいましたね。しっかりマフラーを首に巻いていたお友達もありました。三つの首を暖かくするといいそうですよ。それは、首・手首・足首なんだって。みんなも試してみてはいかがですか? マフラー・手袋・そして足首には何でしょう?

そんな朝、何が始まっているのかと思ったら、緑組のお兄さんが赤組の男の子を前にして、何やら懸命に話しているのです。面白い光景でした。だって、「階段の上り方、降り方の講習会」なんだって。おかしくって、可愛らしくって、一生懸命聞いているし、「こんん風に滑り台を滑ったらいいのでしょうか、危ないですね・・」と。子供達の遊びって本当に楽しいし、不思議ですし、なぜか子供達を引き付ける力があるのですね。

f:id:encho-sensei:20181210210917j:plain f:id:encho-sensei:20181210210921j:plain f:id:encho-sensei:20181210210926j:plain

さあ、今日は週明けの月曜の献金礼拝でした。ページェントの流れに沿って、チャプレン先生のお役をその流れの中に入れてお話もしていただきました。そして、花組の小天使も長い素敵なドレスを着用してみました。クルクル回りたくなるよね。でも我慢して! 滑ってこけたら大変だから。赤組さんも前回と違うお友達が、コッターをきてみます。赤い袴もはいてみます。緑組は、洋服をきてみたり、ターバンを巻いてみたり・・。明日の練習はまた、違う形をもって進めていきます。特に花組の男の子は、可愛い羊ちゃんに変身してみますからね。小天使はお母さんが一生懸命作ってくださった羽を背中につけてみますからね。赤組も緑組も、今日とは違った衣装を身につけての練習を試みてもらいます。そして、前撮りの写真撮影。そして、こひつじの会の方々とのリハーサル(本番と同じ緊張した練習)になります。今日の午後からは、1年生を迎えて居残り練習の3回目です。最後は明後日です。その時は1年生も全員揃ってくれることでしょう。牧場の場面が一番たくさんの人が、チャンセルに上に立つのですね。そのためには1年生のお手伝い大切なのですね。本番までこの情景は作れませんが、1年生は、さすが経験済みなので直ぐに、助けてもらえるんですね。そして、今日、大天使が全員揃ったので、歌を歌っていますととても素敵な響きで、礼拝堂が包まれました。

f:id:encho-sensei:20181210210930j:plain f:id:encho-sensei:20181210210933j:plain f:id:encho-sensei:20181210210936j:plain f:id:encho-sensei:20181210210939j:plain f:id:encho-sensei:20181210210942j:plain

f:id:encho-sensei:20181210210945j:plain f:id:encho-sensei:20181210210948j:plain f:id:encho-sensei:20181210210953j:plain f:id:encho-sensei:20181210210956j:plain f:id:encho-sensei:20181210210959j:plain

f:id:encho-sensei:20181210211003j:plain f:id:encho-sensei:20181210211006j:plain f:id:encho-sensei:20181210211009j:plain f:id:encho-sensei:20181210211012j:plain f:id:encho-sensei:20181210211015j:plain

f:id:encho-sensei:20181210211018j:plain f:id:encho-sensei:20181210211021j:plain f:id:encho-sensei:20181210211057j:plain f:id:encho-sensei:20181210211100j:plain f:id:encho-sensei:20181210211103j:plain

f:id:encho-sensei:20181210211106j:plain f:id:encho-sensei:20181210211111j:plain f:id:encho-sensei:20181210211116j:plain f:id:encho-sensei:20181210211119j:plain f:id:encho-sensei:20181210211124j:plain

f:id:encho-sensei:20181210211126j:plain f:id:encho-sensei:20181210211130j:plain f:id:encho-sensei:20181210211133j:plain f:id:encho-sensei:20181210211136j:plain f:id:encho-sensei:20181210211139j:plain

f:id:encho-sensei:20181210211142j:plain f:id:encho-sensei:20181210211145j:plain f:id:encho-sensei:20181210211148j:plain f:id:encho-sensei:20181210211151j:plain f:id:encho-sensei:20181210211155j:plain

f:id:encho-sensei:20181210211158j:plain f:id:encho-sensei:20181210211201j:plain f:id:encho-sensei:20181210211345j:plain f:id:encho-sensei:20181210211350j:plain f:id:encho-sensei:20181210211353j:plain

1年生のお助けありがとうございます。緑組のためにどうぞ、助けてくださいね。緑組は、回を重ねるごとにとても上手になってきています。一人一人が、「神様に喜んでいただけるように」「たくさんの方と心を一つにしてお礼拝ができるように」「お家の人と一緒にお祝いできるように」などなど、よく考えて素敵なクリスマスが迎えられるようにと心がけているのです。きっと神様に、イエス様に喜んでいただけるページェントがお迎えできるのに違いありません。みんながそう信じて前向きになれていることに感謝いたします。

f:id:encho-sensei:20181210211359j:plain f:id:encho-sensei:20181210211403j:plain f:id:encho-sensei:20181210211406j:plain f:id:encho-sensei:20181210211411j:plain f:id:encho-sensei:20181210211415j:plain                                                                                           

そして、しっかり練習した後の午後の遊びは、ホールでも花組でもレゴブロックに取り組みました。レゴは、不思議なブロックで、しっかり子ども達の想像を育み、何を使おうか、何を作ろうか、大きいもの、小さいもの・・・。子ども達の想像力には素晴らしい輝きがあります。真剣さがあります。緊張感(真剣さ)があります。出来上がりは、取り置き、飾ることだってあります。その日の作品集を展示するのです。そうすると、自分で作ったことのないものをお友達の作品を見て、かっこいいとか素敵だなあと思ったら、真似たいと思うのですよね。どうしたらつくれるのかな?と考え、尋ねたり教えてもらいたいと思うこともあるのですね。大きくなっても真似ることの大切さかもしれません、自分を成長させるために。さあ、明日も、お友達と協働作業ができるように、楽しみましょう。そして、神様に見守っっていただきながら、明日も元気に迎え、過ごしましょう。暖かいお布団の中で寝られることに感謝しながら、良い夢を見て下さい。

f:id:encho-sensei:20181210211425j:plain f:id:encho-sensei:20181210211428j:plain f:id:encho-sensei:20181210211431j:plain f:id:encho-sensei:20181210211434j:plain

f:id:encho-sensei:20181210211437j:plain f:id:encho-sensei:20181210211442j:plain f:id:encho-sensei:20181210211446j:plain f:id:encho-sensei:20181210211448j:plain f:id:encho-sensei:20181210211452j:plain

f:id:encho-sensei:20181210211456j:plain f:id:encho-sensei:20181210211501j:plain f:id:encho-sensei:20181210211505j:plain f:id:encho-sensei:20181210211508j:plain f:id:encho-sensei:20181210211513j:plain

f:id:encho-sensei:20181210211516j:plain f:id:encho-sensei:20181210211519j:plain f:id:encho-sensei:20181210211523j:plain f:id:encho-sensei:20181210211526j:plain

ほおら。来はったね。白いおひげのお客様が!

天気予報の通り、お帰りの頃には寒くなってきましたね。2日間続けてのページェントの練習。昨日は、緑組の出来栄えがなんということでしょう?? 居残りでは1年生との練習。1年生が学校帰りに駆けつけてくれるまで、朝の出来栄えの悪さにおののいた園長は、特訓をいたしました。自分の責任を果たすということの大切さを話し、昔話や様々な童話と異なり、子ども達自身ではなかなか理解できないし、聖話はお父さんやお母さんもあまりご存知ないから、必ず一緒にすること。歌詞の言葉も端々まできっちり覚えること。今日は、自分で考えて、自分が良いと思うようにということで、何も言わないことにいたしました。すると、どうでしょう。説明はみんな完璧。「100点」と告げました。これは、自分自身が頑張ったことへの評価として、しっかり大人が告げなければならないことではないかと思っています。子ども達の「できた」という自信を育むために。そして、赤組さんも今日は赤いスカートをはいたりコッターもつけてみました。全員ではありません。お友達のを見て自分もどのようにするのかを学ぶことと共に実際に着用してみて、「本番はこんな衣装を着る」ことを知らせました。又花組さんの羊は羊の手袋をはめてみました。小天使は、銀色の輪っかを頭につけてみました。緑組は、それぞれのお役に合わせて、適度な経験が持てるように部分衣装をつけています。

そんな練習をしていた終わりの方に、園長のスマホに電話が。「1時半頃にお客様が来られる」というもの。えらいこっちゃ、早く練習を終えてパン給食を頂かなくては。

f:id:encho-sensei:20181207181255j:plain f:id:encho-sensei:20181207181259j:plain f:id:encho-sensei:20181207181303j:plain f:id:encho-sensei:20181207181306j:plain f:id:encho-sensei:20181207181311j:plain

f:id:encho-sensei:20181207181315j:plain f:id:encho-sensei:20181207181318j:plain f:id:encho-sensei:20181207181321j:plain f:id:encho-sensei:20181207181324j:plain f:id:encho-sensei:20181207181331j:plain

1週間の終わりには、時々、ビデオ鑑賞(昔話、様々な物語、科学etc.)をするのですが、今日はちょっとちがう? みんながホールに集まっていました。すると「お客様が来られました」と  A先生からの連絡。すると、瞬く間に3人の花組女子が、 T先生にくらいつきに行きました。みんなの目が廊下に集中!! すると「ホー ホー」と赤い服、白いお髭のおじいさんが。「サンタクロースや!」とみんな大喜び。誰やろ?なんて疑うことなく、おじいさんのお話を聴いていました。みんなおかををみながらホールを一周してくださると、それぞれがサンタと目を合わせて凝視していました。ニコニコと大喜びで、プレゼントをいただき、大切に抱きかかえ、お友達と見せ合い、中身は何だろう?!と降っては耳を傾けてみたり・・。本当にみんな可愛かったです。よかったね。お礼にサンタさんに「あなたから、メリークリスマス」の歌と踊りをお見せしました。おじいさんも大喜びで、一緒に踊ってくださっていましたね。さあ、中身は何でしたでしょうか。枕元に置いて、寝ているお子さんもいるのではないでしょうか。

土日は寒くなるようです。どうぞ、気をつけてお過ごしくださいね。又月曜日に。

f:id:encho-sensei:20181207181820j:plain f:id:encho-sensei:20181207181824j:plain f:id:encho-sensei:20181207181336j:plain f:id:encho-sensei:20181207182236j:plain f:id:encho-sensei:20181207182317j:plain

f:id:encho-sensei:20181207182356j:plain f:id:encho-sensei:20181207182451j:plain f:id:encho-sensei:20181207181339j:plain f:id:encho-sensei:20181207181345j:plain f:id:encho-sensei:20181207181348j:plain

f:id:encho-sensei:20181207181351j:plain f:id:encho-sensei:20181207181355j:plain f:id:encho-sensei:20181207181359j:plain f:id:encho-sensei:20181207181404j:plain f:id:encho-sensei:20181207181407j:plain

f:id:encho-sensei:20181207181412j:plain f:id:encho-sensei:20181207181415j:plain f:id:encho-sensei:20181207181418j:plain f:id:encho-sensei:20181207181423j:plain f:id:encho-sensei:20181207182915j:plain

f:id:encho-sensei:20181207182918j:plain f:id:encho-sensei:20181207182922j:plain f:id:encho-sensei:20181207182926j:plain f:id:encho-sensei:20181207183130j:plain f:id:encho-sensei:20181207183134j:plain

f:id:encho-sensei:20181207183138j:plain f:id:encho-sensei:20181207183342j:plain f:id:encho-sensei:20181207183346j:plain f:id:encho-sensei:20181207183350j:plain f:id:encho-sensei:20181207183354j:plain

f:id:encho-sensei:20181207183359j:plain f:id:encho-sensei:20181207183402j:plain f:id:encho-sensei:20181207183406j:plain f:id:encho-sensei:20181207183409j:plain f:id:encho-sensei:20181207183412j:plain

f:id:encho-sensei:20181207183415j:plain f:id:encho-sensei:20181207183419j:plain   「嬉しいな!うれしいな!中身はなんでしょうか」

f:id:encho-sensei:20181207183804j:plain f:id:encho-sensei:20181207183808j:plain f:id:encho-sensei:20181207183811j:plain f:id:encho-sensei:20181207183815j:plain f:id:encho-sensei:20181207183843j:plainf:id:encho-sensei:20181207181824j:plain f:id:encho-sensei:20181207183820j:plain f:id:encho-sensei:20181207183825j:plain f:id:encho-sensei:20181207183754j:plain f:id:encho-sensei:20181207183749j:plain f:id:encho-sensei:20181207183833j:plain f:id:encho-sensei:20181207183838j:plain f:id:encho-sensei:20181207183433j:plain f:id:encho-sensei:20181207183429j:plain 

「サンタさんありがとうございました! 又来年もきてくださいね。お願いしま〜す。」

Happy Birthday to Oct. Nov. Dec.kids and mam.

今日は2日ぶりに、お礼拝堂で、みんな揃って、ページェントの練習をしました。なかなか難しいですね。練習しない時(日)があると、自分で練習を続けるとか重ねるということが難しいものです。なんて言ったって、幼稚園児ですもの。自分のみで紙を見ながら覚えることはできますが、言葉のフレーズや「て、に、を、は」の助詞までも、隅々までもきっちり覚えることが難しいものです。助詞の使い方で意味が変わってくるからなのです。そして、さらに聖話の中で聞いたことのある地名などはあったとしても、自分の言葉として話すことは、意外と難しいのです。だって、子ども達にとって世界の地名に、十分に親しみがあるわけではありませんから。あと正味3回なのです。全員で練習する日は。そして、リハーサルになりますので。さあ、明日も頑張りましょう。神様に喜んでいただける心温まる日になりますように。

f:id:encho-sensei:20181206215442j:plain f:id:encho-sensei:20181206215534j:plain f:id:encho-sensei:20181206215537j:plain f:id:encho-sensei:20181206215541j:plain f:id:encho-sensei:20181206215545j:plain

f:id:encho-sensei:20181206215555j:plain f:id:encho-sensei:20181206215601j:plain f:id:encho-sensei:20181206215606j:plain f:id:encho-sensei:20181206215610j:plain f:id:encho-sensei:20181206215614j:plain

みんなが頂いた大切なもの。それは「いのち」ですよね。その大切なものを頂いた嬉しい日。そのお祝いをしましたね。10月 ,11月、12月にお誕生日を迎えたお友達とそのお母さんそして先生です。美味しいお昼ご飯を作ってもらって、美味しいプリンのデザートを食べてみんなと過ごす昼食。素敵な帽子も作っていただき、装飾も素敵なたくさんのサンタで囲まれましたね。こんな風に幼稚園で親子でご一緒できることもあまりないかと思います。子ども達を真ん中に、おかあさん(おとうさん)がたが繋がっていかれますからね。どうぞこれからも、様々な形で子どもも大人も繋がってほしいですね。

お誕生を迎えて一つ大きくなった皆さん、新しい一年を神様に守られて、導かれて、良き一年となりますように。 Happy  Birthday to・・・・・!

f:id:encho-sensei:20181206221408j:plain f:id:encho-sensei:20181206221413j:plain f:id:encho-sensei:20181206221417j:plain f:id:encho-sensei:20181206221421j:plain f:id:encho-sensei:20181206221424j:plain

f:id:encho-sensei:20181206221427j:plain f:id:encho-sensei:20181206221430j:plain f:id:encho-sensei:20181206221434j:plain f:id:encho-sensei:20181206221438j:plain f:id:encho-sensei:20181206221442j:plain

f:id:encho-sensei:20181206221445j:plain f:id:encho-sensei:20181206221451j:plain f:id:encho-sensei:20181206221454j:plain f:id:encho-sensei:20181206221457j:plain f:id:encho-sensei:20181206221501j:plain

f:id:encho-sensei:20181206221510j:plain f:id:encho-sensei:20181206221520j:plain f:id:encho-sensei:20181206221527j:plain f:id:encho-sensei:20181206222006j:plain f:id:encho-sensei:20181206222011j:plain

f:id:encho-sensei:20181206222016j:plain f:id:encho-sensei:20181206222021j:plain f:id:encho-sensei:20181206222025j:plain f:id:encho-sensei:20181206222033j:plain f:id:encho-sensei:20181206222036j:plain

f:id:encho-sensei:20181206222039j:plain f:id:encho-sensei:20181206222043j:plain f:id:encho-sensei:20181206222049j:plain f:id:encho-sensei:20181206222054j:plain f:id:encho-sensei:20181206222058j:plain

f:id:encho-sensei:20181206222103j:plain f:id:encho-sensei:20181206222107j:plain f:id:encho-sensei:20181206222111j:plain f:id:encho-sensei:20181206222114j:plain f:id:encho-sensei:20181206222118j:plain

f:id:encho-sensei:20181206222121j:plain f:id:encho-sensei:20181206222125j:plain f:id:encho-sensei:20181206222129j:plain f:id:encho-sensei:20181206222132j:plain

メリーちゃん! クリスマスおめでとう!

今日は暖かくて、過ごしやすい一日でしたね。朝から、教会の  Tさんが来られて、新しい「樅の木」を植えてくださっていました。いつもページェントの時には、生木の樅の木でお祝いしていますが、今年の暑さの為でしょうか? 枯れてしまったのです。で、11月の初めに、新しい木をお願いしていましたら、今日、長野県の方から届けられたということなのです。アドヴェントを迎えて、「親切な樅の木」のお話のように、子どもたちのカレンダーにも綺麗な色が無られていることでしょうか。優しい心で、親切な心で毎日を過ごしているでしょうか。いつも元気に緑色でつやつやで頑張れますように 

f:id:encho-sensei:20181205205658j:plain f:id:encho-sensei:20181205205705j:plain f:id:encho-sensei:20181205205742j:plain f:id:encho-sensei:20181205205745j:plain

ホールでは、早くからお友達と楽しくいっぱい遊びを広げて楽しんでいる早出のお友達は、大型積み木をいっぱい出して基地作り。その横では花組の可愛いネズミちゃんたちが、大きなチーズ積み木の中に入ったり、上に登ったりして遊んでいます。とても可愛い光景でした。その横では、少し大きくなったメダカたちが元気いっぱい泳いでいます

f:id:encho-sensei:20181205205917j:plain f:id:encho-sensei:20181205205921j:plain f:id:encho-sensei:20181205205923j:plain f:id:encho-sensei:20181205205927j:plain f:id:encho-sensei:20181205205930j:plain

f:id:encho-sensei:20181205205940j:plain f:id:encho-sensei:20181205205933j:plain f:id:encho-sensei:20181205205937j:plain

実は、今日は、メリーちゃんサークル「冬の会」としてクリスマス会をいたしました。自由遊びのあとクリスマスのお歌を歌って、「シャン シャン シャン」とピアノに合わせて鈴を振ってみました。ピアノが止まると「ピッ!」と鳴らすのを止めるのです。上手でしたね。お母さんと一緒に鳴らしてみて、嬉しい笑顔を見せてくれていました。

そのあと、、樅の木の形に、いろんな色の丸のシールを貼って、オーナメントにしました。綺麗な電飾を灯したように。みんな、シールが大好きです。そこに、それぞれのお子さんの想いが詰まっているようです。綺麗に一直線に貼る、同じ色を貼る、様々な色をあちこちに貼る、樅の木の形を埋め尽くすように貼る・・・など。それはそれは楽しんでいましたね。そして、絵本を読んでもらったあとは??? あれ? 何か音がする! と、赤い服の白いお髭のおじいさんが、戸を開けてみんなのところに入ってこられたのです。子どもたちの目が点になっています。「一体、誰?!」 K子先生の案内で、サンタクロースとわかったのですが、サンタクロースそのものが何? というような状態なのですね。もちろん知っているお友達もありますし、一人ずつお名前を読んでいただいたら、自分で貰いに来れたお友達もありますが、お母さんの後ろに隠れながら、また、顔を見せずに、手だけ伸ばしたり、のけぞって泣いて怖さを訴えたり、サンタの顔を覗き込んだり・・・といろんな反応をしてくれたメリーちゃんの子ども達。怖かったね! 楽しかったね。みんなの心にサンタさんは、どんな風に残ったのでしょうか。成長するにつれ、サンタの登場を楽しみにしていくことでしょう。そしていつか夢から覚めてしまうことがあるのですね。できるだけ素敵な夢は長続きすると嬉しいですね。可愛い、一足早い「クリスマス」でした。24日の夜には、みんなの好きなプレゼントが届けられるのでしょうか? 楽しみですね。

今日でメリーちゃんサークルは冬休みに入ります。また1月9日にお会いしましょう。どうぞ良いお年をお迎えくださいね。お元気でね。

f:id:encho-sensei:20181205210345j:plain f:id:encho-sensei:20181205210348j:plain f:id:encho-sensei:20181205210351j:plain f:id:encho-sensei:20181205210356j:plain f:id:encho-sensei:20181205210401j:plain

f:id:encho-sensei:20181205210406j:plain f:id:encho-sensei:20181205210409j:plain f:id:encho-sensei:20181205210414j:plain f:id:encho-sensei:20181205210418j:plain f:id:encho-sensei:20181205210813j:plain

f:id:encho-sensei:20181205210859j:plain f:id:encho-sensei:20181205210940j:plain f:id:encho-sensei:20181205210439j:plain f:id:encho-sensei:20181205210447j:plain f:id:encho-sensei:20181205210444j:plain f:id:encho-sensei:20181205211053j:plain f:id:encho-sensei:20181205211057j:plain f:id:encho-sensei:20181205211102j:plain f:id:encho-sensei:20181205211105j:plain f:id:encho-sensei:20181205211109j:plain f:id:encho-sensei:20181205211111j:plain f:id:encho-sensei:20181205211516j:plain  f:id:encho-sensei:20181205211115j:plain f:id:encho-sensei:20181205211119j:plain f:id:encho-sensei:20181205211123j:plain f:id:encho-sensei:20181205211636j:plain f:id:encho-sensei:20181205211521j:plain f:id:encho-sensei:20181205211526j:plain f:id:encho-sensei:20181205211535j:plain f:id:encho-sensei:20181205211538j:plain f:id:encho-sensei:20181205211543j:plain f:id:encho-sensei:20181205211546j:plain f:id:encho-sensei:20181205211552j:plain f:id:encho-sensei:20181205211555j:plain f:id:encho-sensei:20181205211559j:plain f:id:encho-sensei:20181205211602j:plain f:id:encho-sensei:20181205211607j:plain f:id:encho-sensei:20181205211614j:plain f:id:encho-sensei:20181205211617j:plain f:id:encho-sensei:20181205211622j:plainf:id:encho-sensei:20181205211625j:plain f:id:encho-sensei:20181205211629j:plain f:id:encho-sensei:20181205211632j:plain f:id:encho-sensei:20181205211643j:plain f:id:encho-sensei:20181205213438j:plain