めっちゃ美味しかった! ポンポコリンのお腹

とても暖かで晴天に恵まれた今日のお餅つき。はじめからご都合でお休みされた方を除いて、149人の参加申し込み。昨年より20名ほど多く、35kgのもち米を準備いたしました。たくさんの方の手によって、美味しいお餅が出来上がりました。本当にご協力ありがとうございました。お疲れ様でした。ご馳走様でした。

朝8時過ぎから来てくださったお父さんの会の方々。お餅をつくまでの下準備をしてくださいました。幹事さんのお母さん方も会員のお母さんが集合されるまでの下準備を整えてくださいました。それぞれ決められた役割分担に基づいて、言葉を掛け合いながら、どんどんことが進んでいきます。子どもたちも撞く経験、丸める経験をして、お昼をいただきます。familyでの参加なので、在園生の弟妹兄姉の参加も含まれます。小学生で当園の卒園生ならすでに経験済みがほとんどです。でも短期で来られている海外からの方々も仲間入りで、みんな美味しいと舌鼓。餡もち・きな粉餅・いそべ・大人はそれにおろし大根のお餅、そして、おすましのお雑煮・白味噌のお雑煮・焼き芋・さらに漬物も添えてのメニューでした。32臼、あっそうそう、伸し餅にはバジルとゆかりと七味の3種。この伸し餅は火曜日に切って、お渡ししますね。

とこんないろんなことをみんなでやり終え、昼食にいただいたのです。大人はホールで子どもたちは二階でクラスを超えてまぜこぜに座ってのお餅昼食です。どちらもバイキングスタイルです。お餅の大好きな人(子)は本当に不思議なくらいいっぱい食べられるのですね。こんな幸せなことはありません。こうして食べられることに感謝です。今日まで10年も私たちのためにお雑煮を作ってくださったTさんご夫妻。今年が最後でとても残念ですが、自己紹介の時に「みんなで力を合わせて、協力して作ったものを、みんなで食べる。誰と食べるのか、みんなと食べると美味しい。それがまた幸せなんだ。こんな場をなくさないように」というようなお話をしてくださいました。みんなで力を合わせて目的を成し遂げることの大切さ。「こしょく」ということが広がりつつある今の世の中で、やはり幼稚園としても大切な事は残していきたい。このマリア幼稚園が大切なファミリーなのですから。いつ、誰とでも、どこででも交わり合えるファミリーであって欲しいと願います。マリアの家族に万歳! 何はともあれお疲れ様でした。

f:id:encho-sensei:20200118203023j:plain f:id:encho-sensei:20200118203026j:plain f:id:encho-sensei:20200118203029j:plain f:id:encho-sensei:20200118203032j:plain

f:id:encho-sensei:20200118203351j:plain f:id:encho-sensei:20200118203034j:plain f:id:encho-sensei:20200118203037j:plain f:id:encho-sensei:20200118203040j:plain

f:id:encho-sensei:20200118203043j:plain 

f:id:encho-sensei:20200118203145j:plain f:id:encho-sensei:20200118203148j:plain f:id:encho-sensei:20200118203150j:plain f:id:encho-sensei:20200118203153j:plain

f:id:encho-sensei:20200118203225j:plain f:id:encho-sensei:20200118203227j:plain

f:id:encho-sensei:20200118203538j:plain f:id:encho-sensei:20200118203540j:plain f:id:encho-sensei:20200118203543j:plain f:id:encho-sensei:20200118203559j:plain

f:id:encho-sensei:20200118203602j:plain f:id:encho-sensei:20200118203605j:plain f:id:encho-sensei:20200118203608j:plain f:id:encho-sensei:20200118203612j:plain

f:id:encho-sensei:20200118203616j:plain f:id:encho-sensei:20200118203619j:plain f:id:encho-sensei:20200118203622j:plain f:id:encho-sensei:20200118203835j:plain

f:id:encho-sensei:20200118203712j:plain f:id:encho-sensei:20200118203726j:plain f:id:encho-sensei:20200118203739j:plain f:id:encho-sensei:20200118203753j:plain

f:id:encho-sensei:20200118203809j:plain f:id:encho-sensei:20200118203929j:plain

お餅つきの準備②

明日は恒例のお餅つき。ちょっと寒くなりそうな予感。でも、このお餅つきは、子どもたちにとって楽しい思い出のひとつです。それは本格的なお餅つきであることと、お父さんやお母さんにお世話になって家族皆んなで作りあげるものだからです。年に3回、ファミリーで集う行事があります。1学期の大文字登山。2学期の運動会。3学期のお餅つきです。学年を超えての交わりのひと時。小さな幼稚園ならではの人間関係を紡ぐ大切な交わりです。この関係は何年も前に卒園しても続く不思議な、あたかもそこにマリアマジックが窺える、見えない力が働いているようです。神様が繋いでくださっているのではないか?!と。そして、明日は、その力が集まって子どもたちの為にまたお父さんお母さんご自身の繋がりのために皆さんのお力お合わせていただくお餅つきなのです。その準備に来てくださったお母さんがた。ご自分の担当以外にもお互いが助けてられ、昨年経験された方は、今年に伝授されていますし、楽しげな笑い声の中で準備が進められており、その和やかさを感じ取ることができました。どうぞ宜しくお願いします

25年前のお餅つきの前日に阪神淡路大震災が起こりました。その日のその時のことを朝の現場からのニュースを見ながら、自分のその時の状態を思い出していました。起きようとしていた矢先に天井が横揺れしていたのを呆然と眺めていたことを・・・。

お餅つきをしている時に、一人のお父さんの発案で、「お餅を届けようではないか」と、それぞれが食べる分を、持ち帰る分をセーブして、みんなの気持ちを集めて、奮闘してくださったことがありました。昨日の地震の訓練ではありませんが、訓練ありき、でもこれは実際にそんな目に遭われた方でないとわからないものですよねえ。その悲しみは、怖さは。でも私たちができることは何なのか? ボランティア活動! 一言ではなかなか言えないものです。神戸からの園児さんをお受けしたこともあります。また、後日その当時の園長先生とともに同じ系列の幼稚園に何か少しでもと、子どもたちからの手紙を添えて、お見舞いに行ったことを思い出します。東北の震災の時には、チャプレン先生が、福島を拠点に何度も足を運んでおられました。みんなが現地に赴くことはできないけれど、その方々のことを思って祈ること、手をあわせることなら私たちにもできるこのなのではないでしょうか。ご家庭でも、そんな話題を伝え合って、私たちにできることはないのかな? と考え、話し合ってみてはいかがでしょうか。子どもたちがどのような思いや感じ方をしているのか、園児で捉えられる社会事象。そんな話題を食事の時にされるのも大切なことではないでしょうか。

明日のお餅つき、昔のこと、また今現在世界中には難民と称して食べ物も満足に食べられない人々、その犠牲になっている子どもたちがいっぱいいることを覚えながら、私たちの幸せを感謝しながら楽しい時間を過ごせますように。

みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

f:id:encho-sensei:20200117221927j:plain f:id:encho-sensei:20200117221930j:plain f:id:encho-sensei:20200117221932j:plain f:id:encho-sensei:20200117221935j:plain

f:id:encho-sensei:20200117221938j:plain f:id:encho-sensei:20200117221941j:plain f:id:encho-sensei:20200117221944j:plain f:id:encho-sensei:20200117221946j:plain

f:id:encho-sensei:20200117221950j:plain f:id:encho-sensei:20200117221953j:plain お餅バイキングは、矢印のように並んで下さいね。

地震訓練とご褒美

今年はじめての防災訓練。今日は地震発生という設定。お礼拝の最中に・・・!

急ぎ椅子の下に頭を突っ込む子どもたち。なかなか素早い!そして、礼拝堂の前まで移動。「なんでお礼拝堂のところに行くの?」「だって、お礼拝堂も地震が来ても隠れられる強い建物になっているから・・」と答えました。礼拝堂前で人数確認。ホールに取り残した子どもたちがいないかの確認です。幼稚園の建物も耐震の建物にしてあるけれど、先生の指示に従うことや走らず、でも素早く場を移動することの訓練です。先週日曜日に緑組は、京都市の消防出初式のパレードに「幼年消防クラブ」として参加しました。レスキュー隊の活動、車の中に閉じ込められた人を助ける隊員の方など、昨年とは異なる迫力ある出初式でした。最前列のかぶりつきに観覧場所を設定してくださっていたこともとても良かったです。

f:id:encho-sensei:20200116212704j:plain f:id:encho-sensei:20200116212708j:plain f:id:encho-sensei:20200116212712j:plain f:id:encho-sensei:20200116212715j:plain

f:id:encho-sensei:20200116212718j:plain f:id:encho-sensei:20200116212724j:plain

今日の訓練の時に子ども達に3つのことを伝えました。

①上手に逃げるためには、訓練が大切であること、消防士さんのように。②京大の学生さんの実験について、それはHightwayを走っている車に震度7震度5の時の事故の確率についてのお話です。震度5の方が事故が起きやすいという研究結果が分かったと朝のニュース。震度7の時には、ドライバーが地震と感じたからブレーキを踏み始めたが震度5ではブレーキを踏んだ人が6割とのことで、車間距離によっての追突が起こったというものです。どこにいても地震が感じられるといいのにね。運転気をつけるようにお母さんやお父さんに伝えてね。③南海トラフにおけるスロースリップが確認されたというもの。徐々に動いているプレート。「海の中の岩がゆっくりユックリ動いているんだって、大変だね」など話して聞かせると、本当に子ども達は真剣に聞いています。「今日の訓練の時にみんなにお話ししてあげようと思ったんやね」と。だから頑張って訓練しようね。「今日の訓練はおおまるでした!!「じゃ ごほうびあげよっと!」[ええ? いつもそんなんくれへんやん なんで!」と返ってくるではありませんか。そうですよね。でも、ホールへ帰ってから「実は、昨日とっても嬉しいことがあったんやね。ピンポ〜ん! と。愛先生が出てくれはったら茶色の箱が届いたんやね。一緒にあけてみたら、ひぃや〜〜、うれしい! はてなんでしょう?」おかしの様々を答えてくれる子どもたち。そらそうかも。幼稚園でのご褒美はお菓子かもね。5、6人が次々答えてくれましたけれど・・「じゃ、本当は何が入っていたのか、一番よく知っている人に答えてもらいましょう。Tくん。」「お野菜です!」ピンポ〜〜〜ん!! そうなんですとっても新鮮なお野菜をいただきましたので、今日は送ってくださったおばあちゃまに感謝をしながら、子どもたちのためにほんの一口のほうれん草ソテーをご褒美にしたのです。ほうれん草と人参とミンチを入れて塩胡椒。ただそれだけなんですが、お野菜が新鮮だったことと皆んなで食べると美味しいよね。と嬉しい、幸せな時間を過ごした。ご馳走様でした。

f:id:encho-sensei:20200116204107j:plain f:id:encho-sensei:20200116204111j:plain f:id:encho-sensei:20200116204114j:plain f:id:encho-sensei:20200116204117j:plain

f:id:encho-sensei:20200116204205j:plain f:id:encho-sensei:20200116204213j:plain f:id:encho-sensei:20200116204220j:plain f:id:encho-sensei:20200116204224j:plain f:id:encho-sensei:20200116204242j:plain

3学期が始まったね。

改めまして、2020年 あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。昨日から3学期が始まりました。暖冬のためでしょうか、年末年始の寒い京都の冬がありましたが、今日などは、京都16度ですって。お弁当給食を受け取りに外へ出ると、生暖かい、春の風?と思うようなやんわりとした風が頬を撫でてくれたのです。「いい感じ!」と思うような心地よさがありました。このまま春? そうではないですよね。もう少し京都の冬らしさを感じさせて欲しいなあと思います。雪がなくって困ってられる所がいっぱいですね。でも、自然現象には勝てません。しっかり四季が感じられる京都であって欲しいと思います。

朝から今年はじめてのこひつじの会幹事会。下の部屋ではメリーちゃんサークル。ホールでは緑組のジャンピング。2階では花組と赤組の合同保育。午後からは河合造形のどうぞの先生よる版画教室。と今年のはじめてづくしで、忙しい一日でした。冬休みに入ってインフルにかかったお友達もたくさんありましたが、どうぞこのまま次の方の罹患なく、お餅つきをはじめ、短い3学期の行事が、また何よりも日々の子どもたちの遊びや合同保育を通しての子どもたち同士の関わりにより楽しい日々が過ごせますようにと願います。緑組さんと遊ぶのもカウントダウンです。いっぱいいろんなことを教えてもらって、次の緑組を中心に新たな年度へと進んでいけるようになって欲しいと思います。保護者の方々の交わりも次々つながり、この小さな幼稚園で素敵なファミリー作りにご協力いただきたいと思っています。また、可能な限り、ブログにてお子さんの活動をupさせていただきたいと思います。神様のお守りの中素敵な1年を過ごしましょう。

f:id:encho-sensei:20200108192952j:plain f:id:encho-sensei:20200108192955j:plain f:id:encho-sensei:20200108192959j:plain f:id:encho-sensei:20200108193002j:plain

f:id:encho-sensei:20200108193005j:plain f:id:encho-sensei:20200108193008j:plain f:id:encho-sensei:20200108193011j:plain

f:id:encho-sensei:20200108193013j:plain f:id:encho-sensei:20200108193016j:plain f:id:encho-sensei:20200108193019j:plain f:id:encho-sensei:20200108193022j:plain

f:id:encho-sensei:20200108193025j:plain f:id:encho-sensei:20200108193027j:plain f:id:encho-sensei:20200108193031j:plain f:id:encho-sensei:20200108193034j:plain

無事2学期が終了しました。ありがとうございました。

今日、12月20日をもって2019年度、2学期が無事終了いたしました。ご理解ご協力をいただきありがとうございました。

今日この最後の日に、地震(防震)訓練をしました。昨日も地震があり、東北地方のみならず、あちこちでのニュースが流れると本当にドキドキしてしまいます。何かの時には咄嗟にできるようになる、隠れられる、何かの手立てができるということでの訓練は多ければ多いほど良いのでしょうね。月に1回の訓練をこれからも守っていきたいと思っています。

f:id:encho-sensei:20191220155017j:plain f:id:encho-sensei:20191220155020j:plain f:id:encho-sensei:20191220155024j:plain f:id:encho-sensei:20191220155026j:plain f:id:encho-sensei:20191220155029j:plain

その後、冬休みは一体何日あるのでしょう。2019年の薄〜くなった日めくりカレンダーと2020年の分厚い日めくりカレンダーを子ども達に見せて、数字の書いてあるところを数えていきました。17日間のお休みです。実際がよくわかる、数える一枚一枚が分かるようにして数えた後、お礼拝の終わりには、マリア様とヨセフ様にお祈りをしていただきました。その言葉の中に、「困った人」「苦しんでいる人」「病気の人たち」という言葉があるのですが、「困った人」てどういうこと? 苦しんでいる人ってどういうこと? と尋ねてみました。緑組は頑張ってそれなりに答えてくれました。「今までに困ったことのあった人?」「困ったことをしてしまったった人=人を困らせたことのある人は?』さあ、いろんな質問です。最後、これらのことの内容がどういうことなのか、お母さんとお話し合いをしていらっしゃいと。花組さんは毎日幼稚園が楽しいなあと思って幼稚園に来て欲しいの。赤組さんはお友達と遊んでいる中で、困ったことや困ったことをしてしまったらどうしよう?!とドキドキして欲しいの。そんなお友達がいることに気がついて欲しいの。緑組は、一番大きな丸だから、そんな人が自分の近くに居はったらどうしてあげようかと、親切な心になって欲しいの、と。マリア幼稚園はそんな心を大切にしているからね。忘れないでね! また、緑には、メインキャストしてみてどんな気持ちだったのか、どう思ったのかと質問をぶつけてみました。自分の気持ちが言葉で伝えられるように。そして、ページェントを振り返ったり、skipをしたり、ゲームの「一匹の羊がおりました・・」と4グループに分かれてお友達を呼びに行って楽しみました。今日の最終日、無事に終えられたことを感謝しつつ、しかし、昨日よりも発熱、インフルの人数が増えてきました。どうぞお大事にね。病気の人たちのことを忘れないでお祈りしてあげましょう。

あっ、そうそう。冬休みにお約束をしたことが3つあります。お手伝いをしましょう。ご挨拶をしましょう。お祈りしましょう。です。おうちで、どんなお手伝いができるのかな? ご挨拶は誰とするご挨拶なのかな? お祈りは夜寝る前にお母さんとご一緒にしてくださいね。と伝えてあります。どうぞ一年の感謝を共におささげください。

そして、MERRY CHRISTMAS and HAPPY NEW YEAR  良いお年をお迎えください。

かもばたく〜ん お誕生日おめでとう

今日は、小さな幼稚園にたくさんの大人・・・。だって今日は、N高校の生徒さん10人と先生。実習に来ていたMY先生。そしていつもの先生たち。「かわいい!」と言われて子ども達はお若い学生さんにいっぱい遊んでもらいました。幼稚園ってどんなことをしているのかな? と社会見学。制服から服をチェンジして、お砂場でも楽しげに遊んでくださっていました。

f:id:encho-sensei:20191219191055j:plain f:id:encho-sensei:20191219191058j:plain f:id:encho-sensei:20191219191101j:plain f:id:encho-sensei:20191219191445j:plain

f:id:encho-sensei:20191219191450j:plain  お時間になった後、今日は、川端警察署から婦警さんお一人と、来春おまわりさんに就職が決まっている大学生のお兄さんが4人、う〜〜ん。3人と・・。そのお兄さんが紙芝居をしてくださるのです。どんなのかというと、川端警察署官内にある要報寺というお寺で毎春生まれる「かるがもくんたちのおひっこし」をえがいたものです。実際に行われている姿を紙芝居にされ、交通安全に結び付けられたものです。お兄さんたちとっても上手でしたね。質問されて答える緑組や赤組もしっかり返答していて「すごいですね。かしこいですね。」なんてお褒め頂き、子ども達は越入っていました。教えていただいた交通安全は何かと言うと、かるがも赤ちゃんが鴨川に行くまでにお母さんの後をついて歩いていたのですが、どうしたら交通安全が守れるのでしょうか、命が守られるのでしょうかと。❶道路に書かれている白い線の中を歩きます。❷歩道を歩きます。❸歩道もなく白線もないときにはどこを歩くのでしょうか。そう、道路の右端を歩きます。さらに、紙芝居が終わる頃、婦警さんが一言、  「かもばたく〜〜んって呼んであげてくださいな」と。すると廊下の方に向きを変えながら、一斉に名前を呼びました。「かもばたく〜ん」そう、川端警察書のマスコット人形のかもばたくんゆるキャラが現れたのです。pre-preの一人は大泣きしましたが、みんなニコニコで招き入れてあげました。すると、なんと明日はかもばたくんのお誕生日というのを聞いて、M先生と目を合わせた園長は「♫Happy birthday to you・・・」とピアノに合わせて歌い始めると、もちろん子ども達もお姉さんがたもみんなで大合唱になりました。明日で6歳なんだって。「おめでとう!」6歳と聞いた緑組は、自分たちと同じ年とあって嬉しくなったでしょう。そして交通安全のためにお約束を守らなくっちゃね。                                                                                       f:id:encho-sensei:20191219191454j:plain f:id:encho-sensei:20191219191457j:plain f:id:encho-sensei:20191219191459j:plain f:id:encho-sensei:20191219191506j:plain

f:id:encho-sensei:20191219191509j:plain f:id:encho-sensei:20191219191512j:plain f:id:encho-sensei:20191219191518j:plain f:id:encho-sensei:20191219191520j:plain

f:id:encho-sensei:20191219191523j:plain f:id:encho-sensei:20191219191123j:plain f:id:encho-sensei:20191219191126j:plain  f:id:encho-sensei:20191219192122j:plain

f:id:encho-sensei:20191219192127j:plain f:id:encho-sensei:20191219192130j:plain f:id:encho-sensei:20191219192134j:plain f:id:encho-sensei:20191219192137j:plain

f:id:encho-sensei:20191219192139j:plain f:id:encho-sensei:20191219192142j:plain f:id:encho-sensei:20191219192145j:plain f:id:encho-sensei:20191219192149j:plain

さらに、お兄さん達が掲げるカードを見ながら①お母さんと手を繋いで歩く。②自転車に乗るときにはヘルメットをかぶる。③車に乗るときにはシートベルトをする。

f:id:encho-sensei:20191219192151j:plain f:id:encho-sensei:20191219192154j:plain f:id:encho-sensei:20191219192159j:plain f:id:encho-sensei:20191219192201j:plain      

そして、変身術を教えていただきました。お子さんに尋ねてみてください。どんな変身術だったのでしょうか?? 変身術を通して交通安全のお話を思い出してね。

f:id:encho-sensei:20191219192205j:plain f:id:encho-sensei:20191219192208j:plain f:id:encho-sensei:20191219192626j:plain f:id:encho-sensei:20191219192629j:plain

f:id:encho-sensei:20191219192632j:plain f:id:encho-sensei:20191219192634j:plain f:id:encho-sensei:20191219192638j:plain f:id:encho-sensei:20191219192640j:plain

f:id:encho-sensei:20191219192648j:plain f:id:encho-sensei:20191219192814j:plain f:id:encho-sensei:20191219192836j:plainお終いには、D先生にお願いして準備してもらったカード、そう「おたんじょうカード」をかもばたくんにあげたのでした。大喜びで帰って行かれました。子ども達は、ニコニコ顔の書かれた蛍光塗料が塗られた札(みんなカバンによくつけている、あれ!)お土産を頂きました。良かったね。

その後は、高校生のお姉さん達とskipをしたりゲームをしたりして楽しんだ後、さよならの前に、同じ神様の学校なので、ページェントで歌ったお歌を花組の「おいわいしょましょう」・赤組の「アンセム」・緑組はみんなで選んだ「博士の歌、1番のみ」ですが気持ちの良い声で歌って、お聴き頂きました。大きな拍手をいただきましたね。こんな風にして、ページェントが終わったとの2日間の楽しい、忙しい日々を過ごしました

さあ、明日で2学期がおしまいになりますよ。2人のお友達がインフルになってお休みです。他にも体調を崩してお休みのお友達もあって、明日が全員出席にはなりませんが、お休みのお友達のことも想って、今年1年のありがとうのお礼拝を神様におささげしましょうね。どうぞ早く回復しますように。

f:id:encho-sensei:20191219192816j:plain f:id:encho-sensei:20191219192819j:plain

f:id:encho-sensei:20191219192824j:plain f:id:encho-sensei:20191219192828j:plain f:id:encho-sensei:20191219192832j:plain 

f:id:encho-sensei:20191219192839j:plain f:id:encho-sensei:20191219192842j:plain f:id:encho-sensei:20191219192845j:plain それではみなさんおやすみなさい。

きょうは岡崎郵便局へ

昨日のページェントを全員出席で無事終えての今日。子ども達は元気で幼稚園にやってくるかな?と。でも、全部で3人のお友達がお休みでした。昨日一生懸命頑張ったから疲れたかもしれないね。また明日、いえ、インフルのお友達は十分に休んで、また元気なお顔を見せてください。お大事に。

で、今日は岡崎郵便局からのお招き。例年の通りです。子ども達が描いたサンタクロースの絵を貼って頂いているのですが、その御礼にと。(貼って頂いているのですから本当は私たちがありがとうなのですが)郵便局に現れたサンタさんが、子ども達にプレゼントを下さったのです。昨日からの雨がまだやんでいなかったので、あるだけの傘を使い、緑組と花組が相合傘で郵便局まで出かけました。近距離だったので仲良し傘で行けてよかったです。みんなが描いたサンタさんを眺めていると、「サンタさ〜〜ん」と呼びたくなって、大きな声で呼んでみると・・二人のサンタさんと2頭のトナカイさんが現れました。そして、お歌をご披露した後、ひとりづつにプレゼントをいただきましたよ。「サンタさんありがとう」サンタさんも寒くなるから風邪をひかないようにね。

長い間毎年こうして郵便局サンタさんに会いに寄せていただいていましたが、実は、郵便局が10分ほど東へ行ったところに移転されるので、今年でおしまいになるのです。残念ですね。毎年楽しませていただき本当にありがとうございました。また新しい場所の郵便局でお会いすることもあるでしょう。その時にはどうぞよろしくお願いします。

f:id:encho-sensei:20191218192928j:plain f:id:encho-sensei:20191218192931j:plain f:id:encho-sensei:20191218192934j:plain

f:id:encho-sensei:20191218192937j:plain f:id:encho-sensei:20191218192941j:plain f:id:encho-sensei:20191218192944j:plain f:id:encho-sensei:20191218192947j:plain

f:id:encho-sensei:20191218192949j:plain f:id:encho-sensei:20191218192953j:plain f:id:encho-sensei:20191218192956j:plain f:id:encho-sensei:20191218192959j:plain

f:id:encho-sensei:20191218193002j:plain f:id:encho-sensei:20191218193005j:plain f:id:encho-sensei:20191218193231p:plain f:id:encho-sensei:20191218193233j:plain

f:id:encho-sensei:20191218193237j:plain f:id:encho-sensei:20191218193239j:plain f:id:encho-sensei:20191218193244j:plain f:id:encho-sensei:20191218193247j:plain

f:id:encho-sensei:20191218193250j:plain f:id:encho-sensei:20191218193254j:plain f:id:encho-sensei:20191218193257j:plain f:id:encho-sensei:20191218193301j:plain

f:id:encho-sensei:20191218193304j:plain f:id:encho-sensei:20191218193307j:plain f:id:encho-sensei:20191218193310j:plain f:id:encho-sensei:20191218193313j:plain

f:id:encho-sensei:20191218193317j:plain f:id:encho-sensei:20191218193319j:plain