読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年度の初めにあったこと…。今日の出来事

「園長先生にあげる〜〜」となにやら不思議なお手紙。そうろっと開けてみると中から十字架?かな。大切にしますね。ありがとう。そして、トムソウヤのごとく、枝に帽子とハンカチを引っ掛けての登園。昨日の雨風で、あちこちにたくさん小さな枝が落ちていたそうです。子ども達にとっては興味津々。いろんなものが宝物になるんですものね。こんな楽しみ見逃せません。十分な時間を有意義に用いられるなんて、今しかない。大いに楽しんでください。遅刻はしないようにね。そして、なんて言うことでしょう。びっくりしたことが。大きくなったんだね。pre-preでは、担任の先生しか目に入らず、誰をも許せなかった Yくんが、なんということでしょう。すっかり心が入れ替わって?お兄ちゃんになったんですよね。花組さんになったから、黄色いステップには座らず、さっさと靴を脱ぎ、自分の先生の名前を呼んで、ついていく。子どもの心の成長。素晴らしいでしょう。自覚の上に、自分が認識すれば、自分を律してこんな風にお兄さんに成長できるんですものね。その陰には、ご家族の大いなる心配りがあったに違いないでしょうが。これからも楽しみにしているからね。

f:id:encho-sensei:20170412205447j:plain f:id:encho-sensei:20170412205451j:plain f:id:encho-sensei:20170412205453j:plain f:id:encho-sensei:20170412205454j:plain そして、今年度初めての「聖書をサカナにいろいろ話す会」に集まられた常連の面々。とても楽しそうなんですよ。まだおいでになってない方も是非一度は足を運んでくださいね。

f:id:encho-sensei:20170412205458j:plain そのあと、私はホールへ移動。今日は、新しいお友達もお母さんから離れて一人登園。ほんの少し涙を見せたお友達もいましたが、あっという間に馴染んでみんなホールでご一緒に過ごしました。お礼拝を一緒にして、みんなで仲良しになる「こんにちはスキップ」をして、そして、みんなが不思議と集中する「ボール転がしゲーム」今日は基本版。

f:id:encho-sensei:20170412205501j:plain f:id:encho-sensei:20170412205503j:plain f:id:encho-sensei:20170412205505j:plain f:id:encho-sensei:20170412205506j:plain f:id:encho-sensei:20170412205509j:plain

f:id:encho-sensei:20170412205511j:plain f:id:encho-sensei:20170412205513j:plain f:id:encho-sensei:20170412205515j:plain ボールを転がし、自分のお膝にあたったら、自分が転がせるのです。何度も自分の前に転がってきても、何度も自分がするのではなく、お隣に譲ってあげる、これがまた大切なルールの一つなんですね。そして、昨日お伝えした「表彰状」のことに触れて、フレーベルの恩物を使って、信号のあるスキップ。何色が出たらどうするのでしょう! みんなの目と耳はとても強かったのです。今日がはじめてで自分だけで過ごしているお友達もニッコニコでしっかりボールを見つめていました。

f:id:encho-sensei:20170412205520j:plain f:id:encho-sensei:20170412205522j:plain 11時前に、花組さんは緑組のお兄さんやお姉さんに手をつないでもらってお二階へ。お帰りのご準備です。3人の先生がお供しました。

f:id:encho-sensei:20170412205524j:plain そのあと、お二階に着いていかなかった緑組のお姉さんは、花組さんの椅子を3段ずつ揃えて、ホールの隅に片付けてくれたのです。朝のお迎えから、いろいろなお手伝いに精を出す緑組さん。ほんとうにありがとう。本当にお疲れ様です。でも、この姿を見ているんですよね、赤組さんも花組さんも。だから小さい人にしてあげたい気持ちが、ちゃあんと育つのです。泣いているお友達の背中をさすったり、ここで手伝ってげなければと思うところで手を差し伸べることができるようになるのです。見えない素晴らしい心の育ちです。「緑組」の名札に変わった途端、素晴らしい意気込みで、素晴らしい気持ちが爆発するのです。あまり気張りすぎないでね疲れないでね。花組さんが並んでくっついて下に降りてきましたよ。ホールに吊るされた賞状を横目に見て、お玄関まで。そこに座ってお迎えを待ちます。飛び出すこともなくちゃ〜んと座って待つことができていました。賞状を見て、気をつけねばねと、気を引き締めて遊ぶ大切な戒めになればと思います。そうなんです。お帰りのあと、お庭で遊んでいた子ども達。「えんちょうせんせい、みて〜!」と何を見せてくれるのかと思うと、「ブレーキをかけているよ!」と昨日、自己申告したビッグライダーの大好きな3人組が、なんと3人(3台)並んで、前にぶつかることなく、自分の足を使ってしっかりストップしているではありませんか。「すごいやん! できるにゃね。』と「その調子で頑張って。ぶつかったら大ペケやもんね。」本当に子どもってすごいんですね。昨日、そのお話をしっかりお母さんに伝えたそうです。嬉しいね。そんな子ども達を見つめるお庭のアーモンドのお花とバトンタッチして咲き始めたトキワマンサクの白やピンクのお花。たくさんたくさん咲いてきました。まだ小さな木なので、フサフサに広がった感じではありませんが、子ども達の成長と競争して、フサフサの木の葉をいっぱい広げてくれることでしょう。さあ、明日も元気に幼稚園に来てくださいね。いっぱい遊びましょう。どんなことをして楽しむのかな?

f:id:encho-sensei:20170412205526j:plain f:id:encho-sensei:20170412205539j:plain f:id:encho-sensei:20170412205532j:plain f:id:encho-sensei:20170412205542j:plain f:id:encho-sensei:20170412205545j:plain

f:id:encho-sensei:20170412205546j:plain f:id:encho-sensei:20170412205548j:plain f:id:encho-sensei:20170412205551j:plain f:id:encho-sensei:20170412205552j:plain f:id:encho-sensei:20170412205557j:plain

f:id:encho-sensei:20170412205533j:plain f:id:encho-sensei:20170412205535j:plain f:id:encho-sensei:20170412205537j:plain メリーちゃんに12人の子ども達が来てくださっていました。今朝の出だしは、一人だけ・・。でも新しいお友達もたくさん来て下さって、賑やかに遊びが繰り広げられていました。またおいで下さい。